上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
セクター・ボーディーズを探索し始めた木暮兄達なのだけど。

ビーコンを全て設置し、アーサーに帰還命令を出され、帰ろうとしたその時。
目の前に、女の子が。
忘れもしない、今回の話の新キャラ、アレックスだった。
一切謎に包まれて、話に絡んでくるのか来ないのかすらよく判らないのだけど、前回読んでいたファミ通に、まあ、このアレックスの話をやらなくてもエンディングは迎えられるらしいが、やった方が追加エンディングがあるというか、ちょっとエンディングが変わるというか、何かあるらしい。
でも、いきなり襲われて、戦うことになり、一方的に惨殺されて終わってしまった。何も攻撃出来ず、どうやら向こうはレベル99くらいくらいの強さみたいなのだけど、イベント戦らしいので、メガテンⅣファイナルの時のオーディンみたいなものか。
デモニカの仕様もちょっと違うみたいで、何というかアーサーがくっついているデモニカみたいで、命令されたまま素直に実行している姿がちょっとやな感じだった。
しかも、木暮兄、手も足も出ずやられてしまい、涙。
そして、地面に突っ伏して、血だらけになっている木暮兄を念入りに切り刻んで、帰ってしまったし。
捨て台詞が結構意味深で、でも、木暮兄は意識が遠のいてきているため、所々しか聞き取れず。
次は、ヒメネスとゼレーニンを殺しに行くとか(まあ、主要メンバー、それしかいないし)、これで未来が変わるとか何とか。
どうやら、ターミネーターみたいに、過去の人間を全部抹殺して未来を変えようとでもしているかのような感じなのだけど、如何せん、その後死んでしまったらしく。

次に目が覚めたら、どこか知らない場所に転がっていて。
目の前に、デメテルという女の子がいて、まあ、悪魔だけどね。
瀕死のところを助けてくれたらしく、今嘆きの胎というダンジョンにいることを教えてくれた。
今のままだとアレックスには勝てないから、このダンジョンで鍛えてリベンジすればと、唆され。
どうやら腹に一物あるらしく、デメテルだけに稲穂とかに例えていたけど、何かやらせようとしているみたいで。
まあ、みんな、何だかんだ目的がそれぞれあるから、仕方ないといえば仕方ないのだけど、面倒ごとが増えてしまって、どよ~ん。
普通に進んで行くだけでも、結構大変なのに、エクストラダンジョンまでやってられないというか、終わるのかというか、人より数倍遅いのに、困ったもんだというか。
DLCがあっても、なかなか成長しないしで、泣きそうに。

その、嘆きの胎はエレベーターが近くにあって、3階までダンジョンがあるようで、まずは1階から歩き出したのだけど、流れる床とか、ダメージの床とか、まだレベルが低い木暮兄には結構辛いものがあり。
思い出したけど、もっと普通にストーリーが進むと、眠ってしまう床とかあったりして、相当苦労した気がする。
それでもちょっぴり頑張って歩いてみると。

行き止まりのところに、デモニホ君がいて。

どうやら、ブートキャンプの教官らしく、世界制覇なんてどうでもいい、俺はオマエを一人前に鍛えたいんだといわれ、部下になれと迫られ。
無理強いはしないのだけど、自分が用意した部隊と戦えといわれ、しかも、回復系のスキルを持っている仲魔は出さずに、攻撃だけで全滅させるよういわれて。
敵は、スライム3匹。
うちは、大体みんなに回復スキルを入れてフォローする方針のため、なかなか攻撃オンリーのメンバーもいなくて、オニとか、アズミとか、合体しないで仲魔になってくれた悪魔で行ってみたところ。

スライムなのに、いきなりメギドを連発され。

別のスライムはメディアで仲間を回復したりしているので、なかなかお互いメンバーが減らないのだけど、何とか倒せそうになった時に。

自爆された。

おかげで、木暮兄も含めて、うちのメンバー全員木っ端微塵になってしまったらしく。
横で一緒に応援していた甥っ子もメガテン(ドラクエ11を頑張っている甥っ子が、メガテンにも興味があるらしく、一緒に覗いていて)。
カッコいいところを見せたかったのですが、最終的に、もう少し強くなってからリベンジすることになり。
甥っ子と別れて、お家に帰ってきました。
これからもう少し歩いて、ボーディーズ探索に戻りたいと思います。
モラクスとお別れして、レッドスプライト号に戻ってきた、木暮兄なのですが。

とりあえず、ロゼッタというエネルギー体を持って帰還したので、次のダンジョンにワープできるようになり、みんなで不安ながらもGO。
次のダンジョンはBで始まる名前にするため、セクター・ボーディーズと名付けられ、外に出てみたのはいいのだけど。
ケバケバしく毒々しい街並みに頭痛がしそう。
どうやら歓楽街をイメージして街を作ったようなのだけど、当然いるのは悪魔だけなので、歓楽街って、誰に必要なんだろうと結構不思議に思う。

当然みんなが不安がる中、先陣を切って探索に行くのが木暮兄のため、躊躇いもなく進んで行くのだけど、うちも仲魔の数が少なくて。
やっと、懐かしいハンサを仲魔にして、一緒に歩くのが楽しい。
メガテンⅣの時は、頑張って、全属性無効、吸収、反射なハンサを作ったのだけど(全部反射にすればよかったのだけど、その時はまだ自分の根性とスキルが足りなかった)、DSJは何か自由度が余りないため、とてもじゃないけど、前みたいに好き勝手出来なかった。・・・気がする。
もう少しで木暮兄もレベル15になるので、そうするとモラクスが作れるようになる。
オニと、メルコムと、カハクで作るらしいのだけど、みんな初期悪魔だから持っていてアギとかマハラギとか、とても魔王に入れるようなスキルじゃないところが悲しい。
でも、さすがにDSJにレベルアップしたら改良されたところもあって。
今回仲魔になった特殊合体の中ボス達は、敵として出てきた時のボス固有のスキルをそのまま使えるようになったらしく、嬉しい。
中ボスの時は酷い技を使って散々なことをしてくれたのに、仲魔になった途端、そのスキルを忘れてただの悪魔になってしまうなんて、余りにも酷くて可哀想すぎるよね。・・・私達が。

そんなこんなで、ボーディーズを探索中。まだ1階だけど、やっぱりアプリが足りなくて、入れない部屋とかあり、歩くとダメージを受ける床もあり、みんなでバチンバチンいいながら歩いて、HPが真っ赤に。その後すぐに襲われて、結構大変な時があったけど、誰も死なずよかった。
こっから悪魔からのお願いミッションも本格的に始まり、メルコムの依頼を受けて、4000マッカ報酬をもらって、ディースからイグドラシルの暴走を止めるお願いや、カラステングからコッパテングを探してくるよう依頼されたりと、今ミッションをちょろちょろやりながら、歩き回っていたのだけど。

ガキに、マッカビームをかけられた。

ヤバいと思っていたので、物凄く気をつけてはいたのだけど、やっぱり2匹出てきたり、まだみんな攻撃力が半端なくないため、1ターンで片付けることも出来ず。
3800マッカ取られた。
せっかくメルコムからもらったのに。
もちろんその後ダッシュでガキをフルボッコにはしたのだけど、倒してもマッカは戻ってこないしで、散々だったし。
ラッキー型のはずなのになあ・・・・・。

また探索に行ってきますわ。
ヤバい、どうしよう・・・・・・・・!!!!!!!!!!!

凄い、カッコいい・・・・・・・・!!!!!!!!!!!

遂に、モラクスとご対面。
ヴィジュアルはヴィジュアルなのですが、そのボイスがヤバい。
もう、カッコ良くて、どうしようかと思いました。・・・ああ、ヤバい。
来るぞ、と思ったら、音量MAXにして、もうボス前口上が始まった途端、挙動不審になってしまった。
いや~~、もう、どうしよう。

戦えない。

ここだけの話、モラクスがいらっしゃる(←すでに待遇が以前と違う)お部屋の前に、セーブポイントと回復ポイントが設置されていたため、がっつり回復して、がっつりセーブもしたのだけど、当然、ゲームカードに一ヶ所だけセーブできる特別なところに永久セーブして、いつでもお会いできるようにセッティング。
どんだけ好きなんだ、私。
いや、もう本当、このゲーム買ってよかったと、涙。
最初、移植版だし、ストーリーも知っているし、結構内容もダークなので、買うのをどうしようかと凄い悩んでいたのだけど、買ってよかったと心の底からそう思った。
クリアするつもりだけど、万が一ここでゲームが終わっても、本当悔いなし。・・・いや、ロキとクルースニクに会うまではやめられないけど、でも、おつりが来るくらい嬉しい。

やっぱり魔王サマの声優さんは、こういう役をなさるのが一番好きだなあ。
グッジョブ、アトラス。

と、これ以上書くと、人として大切なものを失ってしまいかねないため、自粛。
ここまで読んでくださった方、本当にすみませんです。

そして、モラクス戦なのですが。
技とか、戦闘の時の声などが、魔王サマのお声でちゃんと仰ってくださるため、ああ、何か凄い戦いが楽しい。
出来ればずっと攻撃を受けていたいくらいだったのですが、何かモラクス固有のスキルとかあって、ビックリ。
ゲヘナだったかな、確率があるみたいなのだけど、何回かかけられていたらみんな風邪をひいてしまって。
あらあら、ヤバい、回復できるアイテムもないし。・・・とあのスクリームのマスクみたいなアイコンを見ていたら。
何と次のターンに、かのアークエンジェルが勝手にストックに戻ってしまって。
そう、今回アークエンジェルが早々に仲魔になっているのだけど、今回は成長して上位悪魔に変化することがないみたいなので、アークエンジェルのままのよう。
実は、ケルプに変身するのを楽しみにしていたのだけど、まあ、仕方ないか。
でも、何か変だな、変だな~と思っていたら。

風邪じゃなかった。

ただ単に恐怖状態になっただけだった。
どうりで、勝手にストックに戻るはずだと納得。
こちらは次のターンにモラクスから悪化でもかけられて、みんなHP1になるんじゃないかとドキドキしていたのに、ガックリでした。

戦闘は結構楽に勝利。・・・まあ、モラクスだから、まだまだ負けない。
勝利した時の、魔王サマのお言葉がカッコ良く、申し訳なくて、涙が出そうになった。
もう一回戦いたい。
でも、何だかヒメネスが、オマエ、強いなッ! って、割り込んできたので、気分がぶち壊しになり、ブルー。
しかも、アーサーまで割り込んでくるし。
アーサーの声優さん、マンセマットと一緒でナイスキャスティングだと思ったけど。
これから魔王サマの形見を持って、レッドスプライト号に帰還。
大変残念だけど、合体は解除出来たので、今度は仲魔としてずっといてもらわないと。・・・余り喋らなくなってしまうのが凄い残念だけど。レベルアップ時とか、何か喋ってくれるのかな。
とりあえず、モラクスからの問いにはCHAOSの答えを返しておいたので、これで私も悪魔側に。
今まではNEUTRALだったので、どうしようかいろいろ悩んでいたのだけど、CHAOSになればモラクスと一緒に追撃も出来るし、ロキが出てきた時のためにもなるかな~、クルースニクとは袂を分かつことになってしまうけど。
みんなが待っているので、トボトボと、帰ることにします。

ああ、お楽しみのイベントが終わってしまった・・・・・。
ケーキ


長沢が自分の誕生日に、私に買ってくれたケーキ(文法、間違っていません)。

リンツショコラカフェ吉祥寺店のケーキ(買っていただいたので、名前が判らなくて、せっかくの写真も下手で、ごめんなさい)。
とても美味しかったです。
何か、ロキ以来かも、こんなに悪魔に会えるのを楽しみにするのって。
しかも、一応中ボス。

顔はばっちり判るので、本当、自分の好みではないため、物凄くごめんなさいなのだけど、声が・・・、今回声が・・・!
魔王サマとうちで呼ばれている声優さんなものだから、ロキとクルースニクのその次に会えるのを楽しみにしていた悪魔だったりする。

・・・実は、そうなの。

現在、まだセクター・アントリアをうろうろ。
南極の氷の洞窟みたいなところを歩いていたつもりが、ドア一枚隔てたその向こうが実は炎に巻かれた戦場になっているなんて、お釈迦様でも思うまい、という感じなのだけど、まあ、知っているから、ちょっと懐かしかったりして。
BGMも他のメガテンの曲に比べると荘厳というか、仰々しいというか、物凄い曲になっていて、結構楽しかったりする。
でも、オニに殴られて瀕死になったりと、かなり厳しいダンジョンだった記憶があり、警戒していたせいか、今回は意外と行けてる。
・・・オニに、会わないし。
一回顔合わせした時に、死ぬ気でみんなで一斉に最大限の力で総攻撃。
普段はMP、アイテム温存型のため、ほぼみんな拳で切り抜けていたのだけど、最近RPGに対して根性がなくなってきたみたいで、いろんなのを使うことにしたし。

昔はね、補助魔法を一切使わず、戦ってエンディングまで行ったりしていたのだ。
別にそれはこだわって頑張ったからという訳ではなく、それまで単に、補助魔法というものをよく知らなくて、判らなかったから使わなかっただけなのだけど、友達に話したら驚かれた。教えてもらって、二周目をした時に使ってみたら余りの凄さに今度は自分が驚いた。
プレステ版の初代ペルソナとか、きつかったな~。
ソウルハッカーズでエンディングの後友達に教えてもらって、使ってみたのが初体験だなんて、恥ずかしくていえない。・・・いってるけど。
でも、当時は、デビルサマナーをナイフ一本でクリアしたとか、何か凄い人達が結構いた記憶があるのだけど。
だから、きっと他の人達はもっと面白い話をいくつも持っているんだろうなと、いつか猛者の人から聞いてみたいと思っている。

でも、今はそんなこと、とても出来ない。
なので、仲魔と一緒に頑張って進んでいるのだけど、もう少しだわ、モラクス。
きっと、ボス前口上もあるだろうから、絶対会社でやらずに、大音量で自宅で満喫する予定。
そのあと、仲魔として合体したら、ずっとあの声で喋ってくれるのだろうか。
と、いろいろ考えて、頑張っています。

ごめんなさい、要するに、全然進んでいないという話でした(やってはいるのよ)。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。