上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
真・女神転生Ⅳ、始めました。・・・セブンスドラゴン2020ーⅡを諦めて。

主人公以外に、重要人物が二人ほど。
ゲームを始める前のポスターとかの感じから、その二人が終盤またカオスとロウに別れて主人公を誘うんだろうなあ、と思っていたら、びっくり。
最初からだった。・・・やるじゃん、アトラス。

主人公は、東のミカド国で暮らす18歳の少年。(最近、60歳くらいの外見で、16歳っつーのもいるからな、何か新鮮)
18歳になるとガントレットの儀式というのを受けて、認められるとサムライになって、悪魔との戦いに赴くことになるのだけど、まだまだひよっこ状態。
何とかレベルアップをしたり、仲魔を作ったりと、ちょっと頑張ったのだけど。

・・・・・酔った。

もちろん、3Dの機能はOFFにしているので、大丈夫のはずだったのだけど、十字キーの上下で視点が上下に振られたり、急にアップになったりと、具合が悪くなりそう。
会社の昼休みに少しやって、ご飯食べたあとだったので、何だかぐるぐるしてどうしようかと思った。
モンハン3rdで結構なれたと思ったんだけど、あの3Dスティック。

しかも、回復が寄宿舎でしか出来ないため、仲魔の一人が一撃死したあと、戻って復活しようとしたら、凄い怖いのに追っかけられて、悲鳴を上げそうだった。
このゲームの敵とのエンカウントは、フィールド上にエネミーシンボルという円みたいなものが地面に浮かび、そこから人型湧き上がってきて、主人公を見つけると追っかけてくるんだけど、何だろう、完全な人じゃなくて、スライムが人型をまとっているような感じで、凄く気持ち悪い。
それを切りつけると先制攻撃が出来るのだけど、仲魔一人が死んでる状態だったので、ただひたすら逃げた。
いや、逃げたんじゃない、家路に急いでいただけだと言い訳しながら、何とか振り切り、再び戻ってリベンジ。

3DSになったので、少しはヴィジュアルとか期待していたのだけど、何だか、ソウルハッカーズの時と余り変わっていないような気がする。
どちらかというと、プレステ2でやったメガテンⅢの時みたいに、仲魔のアクションが結構あるのかと期待していたのだけど、残念。まんま、ソウルハッカーズのような戦闘だった。
豪華な声優さんをつけて、ほぼ全編フルボイスにしたからかなあ。

今回大好きな声優さんも出演されているのだけど、サブキャラで、でも、今意外と出番が多くて、凄い嬉しい。折りにつけて登場しては、叱咤激励してくれるので、何か幸せ。

たまに悪魔にも少し声が入っているみたいなので、もちろん、ロキに会うのが楽しみ。
攻略本を買ったら、LV.50までの悪魔が紹介されていて、いらっしゃらなかった。
早く会いたいなあ。

でも、結構酔うので、今回はほどほどにやっていこうかと思っています。
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://platinumrutile.blog45.fc2.com/tb.php/927-33871bf1
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。