上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
二体目のデモン、ゲット。
ライブラという名前の眼鏡をかけた秀才タイプ。
うーん、ちびっ子よりは成長しているけど、女の子を連れて歩く趣味がないため、凄いビミョー。

オルム街666番地(←どっかで聞いたような名前)を最初、美少年に紹介してもらい、少し歩き回って。
ダンジョン内にはトレジャーハンティングサークルというジェムというものを捧げる簡単な祭壇みたいなものがあり、そこでアイテムをゲット出来るようになっているのだけど。
もちろん、ジェムを持っていないと出来ないのは当然、ジェムにも剣とか盾とか、軽装とかアクセとかいろいろあり、迷宮内で戦闘をこなしたりしてゲットしてはそこに捧げて、出てきた異形に勝利してアイテムを奪うという、なかなか希望した物が出なくて何なんだけどね。
サークルはダンジョン内に何ヶ所か点在していて、最終的に全サークルを制圧するとデモン空間というものが開き、そこをまた長々と通って、ボスデモンに会い、勝利して仲魔にするというパターンかな。
最初の方で普通に人間の姿をしたそのボスデモンが出てきて、デモン空間の奥で、真の姿をしたそのデモンが待っているため、何かデモン空間を通る方がドキドキする。
だって、一発で帰ることが出来るリターンゲートとか全く使えないらしいので、途中で戻りたくなったら入り口まで徒歩で帰らないといけなく、その間また襲われまくりだし。

途中で会ったライブラ人間体は学者タイプらしく、魔法攻撃に長けていて、羨ましい。
デモンを仲魔にすると、リバティスキルというスキルを選択することになり、候補となる複数のスキルから一つを選ぶのだけど、それが大体今後の成長方向に影響するらしく、余り考えない自分は結構大変。
とりあえず、ペガッソに関しては回復魔法を優先にしてしまったため、木暮くんと二人で戦っていた時は剣で殴るくらいしか攻撃がなく、凄い貧弱だった。
まあ、回復は二人とも出来るため、死なずにすんでいるのだけど、それはそれで結構重要だったりする。・・・特にこのゲームに関しては。

サークルを制圧して、デモン空間に入ると、早々にライブラちゃんが待っていて。
今度はデモン体というらしく、いかにも真面目な秀才タイプというのがお似合いだった。せめて色気あるお姉さんだったらまだ嬉しいんだけど、登場はあとの方になるみたい。
神器という、他のデモンのスキルを詰め込んだアイテムがあり、それを付けるとそのスキルを自在に使える、デモンゲイズではお馴染みのアクセが今回一つだけカッスルからもらって。
狩人の目という、敵のHPが見えるアイテムらしく、結構重宝。
いずれ神器のジェムをゲットして、いろいろ神器を集めていかないといけないので、何か気が遠くなりそう。デモンゲイズの時も、遅くに神器が大変重宝なものと理解したため、それから集めるのが凄い大変だったし。
デモンを倒すと、一個もらえた記憶があるし。

大して苦労なくライブラちゃんも討伐して、ステラ座に戻って仲魔にしたので、これでまた少し戦いやすくなるかも。
ライブラちゃんを倒した時に、大きいクリスタルが後ろに設置されていて、それが割れてしまったのだけど、どうやらそのクリスタルから出る波動みたいなものが人の心に侵食していって、操れるようになるものらしい。どうやらマグナスターが仕掛けて、デモンの存在等不思議に思わなくして自分に忠誠を誓うように仕向けたらしいのだけど、まだ真偽の程は判らず。
全デモンを味方にして、マグナスターと戦うため、ミュゼとプリムにお願いされた木暮くん、まあ、仲間だからもちろん引き受けるけど、一緒に旅してくれるお友達がほしい。

本当に、デモンしかいないの・・・! 戦う仲間!

せめてカッスルでもいいので、一緒に来てほしいなあ。
これから次のダンジョンに行ってきます。・・・ライブラちゃんが、案の定仲魔になったらレベル1からだったので、666に行って、少し鍛えてこようかと思います。
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://platinumrutile.blog45.fc2.com/tb.php/2553-3b77ff84
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。