上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ということで、年始早々始めたデモンゲイズ2なのですが。

無事脱出できた木暮くん達。
意識を失って、目が覚めると、そこはどこかのお部屋にいて。
今回の舞台はアステリアという国で、木暮くんはステラ座で目を覚まして。
昔は劇場だったらしいのだけど、現在は廃業していて、酒場を営んでいるらしく、売り上げが全部革命団の資金になるらしい。
アステリアの革命団リーダーのミュゼと、その妹でサブリーダー、歌姫のプリムに紹介されて。どうやら幼なじみだったらしいのだけど、記憶をなくしていて、さっぱり思い出せない木暮くん。
宿敵マグナスターの悪事を暴くため、革命団を創立したらしいことしか判らず。
それに協力しているのが、デモンゲイズに出ていたカッスルと、葬儀屋のプロメス(死んだ仲間を生き返らせてくれる)、あとエルフの様変わりしてしまったお兄さんらしいのだけど、同じステラ座に住み込みしているみたいで。
1階が酒場、2階がデモンの部屋(←この響きが既にイヤ)、3階が木暮くん達の部屋みたいなのだけど。

家賃徴収がない・・・・・・・・!!!!!!!!!!! 感じがする。

これだけでもどんなに気が楽か、本当嬉しい。・・・まだはっきりそう判った訳ではないけど。

どうやら木暮くんは元々邪眼持ちで、誘拐され、何かいじられて、邪眼が魔眼(デモンゲイズ)になってしまい、そのショックで記憶をなくしたらしい。
デモンを操る力を持つ眼なのだけど。
木暮くんの目の輝きこそが、魔を見つめるもの、デモンゲイザーの証だと、後々会ったプロメスが説明してくれた。
デモンゲイザーはその瞳の中にデモンを封じることが出来、マグナスター閣下はデモンを使って街を支配しているらしい。

そして、みんなで新生木暮くんを迎えて、戦うぞと誓った時に。
ペガッソが出てきた。
どうやら、魔眼に取り込んで、生まれ変わらせて取りだしたみたいで、すっかり革命団の味方、一員になってしまって。
これから一緒に戦っていくといわれ。
だ~か~ら~か~~~。
2階に、デモン用の部屋があった訳ね。普通なら、荒垣さんとかロキとかフィネガンとかの部屋があってもおかしくないと思うのに、そういうのが一切なく、何故かデモンの相部屋とか書いてあったもんね。・・・ガッカリ。

一員になったからには戦いにも行かないといけなくて、カッスルが禁域というデモンが跋扈する地域に連れて行ってくれることになったのだけど。
まずは魔眼の使い方を覚えろって、いわれ。
カッスルが教えてくれることになったのだけど、記憶にある限り、カッスルが魔眼云々を説明できるとは思えず、どうするのかと思っていたら、案の定。
全く判らなかったらしい。でも、自分はデモンゲイザーの親友だったと吹聴していたらしく、ちょっと嬉しかった。前作木暮くんと一緒に戦ったもんね。
そこにまた例の男の子が出てきて。・・・木暮くんが倒れていたお城で会った、美形の管理人さんだ。
マグナスター閣下の一味みたいなのだけど、何か思うところがあるらしく、木暮くんがデモンを使って戦えるまで一緒に来てくれるとか。・・・お願いする木暮くんも木暮くんだけど。

ビックリしたのが。
前作では、デモンが一定時間経ってゲージがなくなってしまうと抑えが効かなくなり、命令も聞かずに暴走してしまい、大変だったのだけど、今回はまず暴走をさせてデモンの能力を開放して戦うらしく、すっごい真逆になっていた。
なので、時間が経ってデモンゲージが尽きてしまうと、最初の大人しい状態に戻ってしまい、能力が結構封じられてしまうということで、うーん、どちらがいいのか。暴走してもいうことを聞くみたいだしね、そちらの方が有り難い気もする。

でも、ペガッソだから。
ちびっ子とダンジョンを歩く趣味がないため、早く別のデモンが出てきてくれないかな。
とりあえず入ったばかりのチュートリアルダンジョンをクリアしないと先に進めないみたいなので、管理人の男の子と一緒に戦いに行ってきます。
ああ、横に荒垣さんがいてほしい。(前作では最初の仲間になってくれて、二人でよくダンジョン探索をしにいった思い出がある)
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://platinumrutile.blog45.fc2.com/tb.php/2552-10f75af9
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。