ネメシスサイトの初探索。

とりあえず、難易度を聞かれたため、悩む。・・・あれって、普通はどっち?
死のスリルを味わいたい方向きがあったのだけど、最初、それにしてしまい、もう一回戦うと街に戻って回復しないといけない日々になってしまい。
しかも、殴られると、すぐに一桁になってしまうため、メディックのいないうちのパーティは現在では物凄く高価なメディカを物凄く消費するため、途中から、ちょっと普通に楽しみたい方向きの難易度に変えてみた。
一昔前ならいざ知らず、今はもうそんながっつり戦う気力が出ませんでした。
BASICでもそこそこ強いし。軟弱な私。

第一階層の1Fを探索。
ユニットを作るとアルカディア評議会に挨拶に行かされ、そこで冒険者としてのテストを受けさせられることに。
アイオリス認定試験といって、第一階層1Fの指定場所までの地図を作り、且つ何だったかな、世界樹の根っこと土壌をそれぞれ指定の場所から取ってくるというもの。
入り口で、鶏の面倒も見ていた衛士さんが親切に地図に印を付けてくれて、地図の書き方とか細かく教えてくれたのだけど。

景色が凄い綺麗。
さすが集大成、って思ってしまったくらい、今回物凄く綺麗で。
でも、1Fの割に、川なのか水辺があって、通れなくて。
今回は、前までの世界樹シリーズとあとペルソナQから学んだことをいかして、細かくマップを作るぞ、と決心。
今までは何か適当にアイコンをおいていたのだけど、今回は色つき、メモ付きと、判りやすいマップにしようと思ってみた。
幸い、今回もまた8色くらいパレットのカラーが用意されているし。
ビックリしたのは、ペルソナQみたいに歩けば自動で壁の線引きなどもされてしまうお役立ちシステムがあって。
さすがにどうしようと悩んで、歩いたところだけ色が付く、あとは自分で全部描くシステムに変えてみた。・・・横道があるのに、間違えてそこに壁線を引くと、延々と道に迷うという、あれだ。
頑張ろう。

戦いだしたまではよかったのだけど。
敵が強いっす。
ロキとヤマトは魔法使い系のため、体力がないので後衛。そのヤマトがモモンガみたいなモンスターが放つ風船爆弾というスキルで一撃死、したり。
パラディンのフィネガンが回復間に合わず、2ターン目で殉死したり。
拳法士の木暮くんは一番動きが速いため、彼にメディカを使わせて回復をさせたりと、やっぱりハーバリストを作るべきだったと涙。
現在、レベル3にまで上がり、スキルポイントを割り振りして、木暮くんに腕封じの技を使えるようにさせて。
今回、拳法士は殴ると封じの効果が一定確率で発生する技が多く、重宝。早速腕封じをできるアームブレイクというのだけ使えるようにしてみたのだけど、出てくる木のモンスターの腕を封じて、結構有利に。
パラディンのフィネガンが盾を持たせたら一列庇うスキルを使えるようになり。・・・だよね、盾を忘れちゃダメだよね。
サムライの荒垣さんと魔法使いのロキは、まあ、いつも通り。
そして、死霊使いのヤマトなのですが、使い方がよく判らなくて。
とりあえず、自身のTP(MPね)とHPを消費して、死霊を呼び出せるのだけど、パーティの最前列に配置(木暮くん達の前)、そして、死霊の番が来た時に(←来るんだ)殴ってくれたり、ぼーっとしたりしているみたいなのだけど、出したあとは放置が多い。
もう少しすると、その死霊を使って、回復したり、攻撃したり出来る技が使えるみたいなのだけど、その死霊は回復と引き替えに死んでしまったり(もう死んでるけど)するらしく、何か心が痛みそうな技だった。
でも、攻撃、回復オッケーみたいな(死霊の命と引き替えに)ことが出来るようなので、使うことにしたのだけど、精神衛生に悪そう。

でも、そんな悠長なこともいってられなく。
ハーバリストがいないと、こんなに大変だなんて。
何が大変って、回復もそうだけど、フィールドの採取とか鉱石ポイントでアイテムゲットができない。一日一回一個って、さすがに凹むわ~~~。
ハーバーリストがいれば、もう少し増えるのだろうけど、うーん。
余りに採取できず、余りに回復が出来ないため、気持ちがすさんでしまい、もう一度キャラメイクからやり直そうかとまで思ってしまった。まだマップもそんなに埋めていないし、まだ試験段階だしと。
思ったのだけど。
せっかく作ったし、何か頑張っているしで、ないことにしてしまうのが可哀想にもなってしまい。
あるだけのお金を注ぎ込んで、メディカを買い占め、とりあえずまた行ってみた。
もう少しで、試験コンプリートになりそうなのだけど、遠いわ。

使わなかった職業で、もう1ユニット、作ろうかと思いました。・・・やっちゃおうかな。
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://platinumrutile.blog45.fc2.com/tb.php/2461-03a5df9c