ジオマトリクスから木暮くん達が持って帰ってきた戦利品が、実は、爆弾だったというオチが付いていて。
ブラッドボム、と海斗くんが名付けていたけど、要するに、特殊な異形化促進剤が入った爆弾で、爆発させて、辺り一帯に異形化を感染させ、被害を拡大させていくという大変なシロモノだった、らしい。
もっと悪いことに、この異形化は人から人へ感染していくらしく、連鎖が生じていくらしく、それが天羽ヴェルンの隠れたコードの能力のよう。
ブラッドコードを研究するために、孤児を集めて人体実験をして、研究がやばくなったので、臨海学校に連れて行く計画を立て、事故に見せかけて全員を抹殺したという、CPOや世間に対する復讐のようなのだけど。
しかも、天羽のジル・ド・レイには、その感染した異形を使役する力があるらしく、いろいろ考えるとブルーになってきた。
丁度アイオンの婚活会場で起きた爆発がまさにそれのようで、みんな一斉に異形化して襲ってきたし。
悪いことに、天羽ヴェルンは、黒騎士への変異が始まっているらしく、人格崩壊を起こしてきていて。

木暮くん達が、その天羽を止めることになり。

作戦をどうするか考えることになった時、シズナがぶっ倒れてしまった。
どうやら、急老症の研究を徹夜でしていたらしく、高熱を出して倒れてしまったのだけど。
シズナがICUに運ばれ、作戦に参加できず、空斗は黒騎士を追いかけて行方不明になってしまったのだけど、海斗くんが兄のことで謝っていたけど、もう何度となく迷惑をかけられているため、優しい言葉をかけることが出来なかった、心狭い自分。・・・でも、空斗だからな、本当信用できない。
海斗くんは信じてあげてほしいといっているけど、兄弟のひいき目がなければ、とてもそんな気持ちには慣れないと思うし。

そんな時に、XPDから緊急入電があり、ブラッドボムとおぼしき爆弾が六本木に仕掛けられていて、エクスの出番が。
もちろんすぐに急行して、不破さんと合流。
爆弾の破片と、ブラッドコードとおぼしきものが残されており、天羽ヴェルンの指紋がべったり付いていて。完全黒に。
この町を地獄と化す、というメッセージ付きで。
テロ予告になってしまっていて。
XPDが他の爆弾を探して、エクスが天羽を捕まえることになったのだけど、天羽の居場所が判らなく八方手詰まりかと思われた時、タイミングを計ったように空斗から連絡が入り、天羽が千代田坑道にいることが判って。

もっと早く、連絡してこい。

・・・と思った。挙げ句の果てに、海斗くんと兄弟喧嘩を始め、ため息をついたロキが、サッサと学校に戻ってしまい。
うーん、私は一体、どれくらい空斗が嫌いなんだろう。そりゃ、あれだけのことを前にされれば好きになる方がビックリだとは思うのだけど、いや、もういい加減にしてくれっていうくらい。
今更心を入れ替えたといわれても、信じられないし。

千代田坑道は以前一度入ったことがあるのだけど、行かれるところはほぼ全部行ってしまったので、他にどうやって行くのかと思ったら。
海斗くんが日輪学園駅のエクス線からその千代田坑道までワープを作って繫げてくれることになり。うーん、コードの上で成り立っている世界だから、何でもありみたいで。
駅に行くと、空斗が待っていて。
海斗くんから連絡が入り、電車の中から飛び降りて、その千代田坑道に入ることが出来るようになったのだけど、幾つかある出口のうちの一ヶ所だけが正解で。

目的は、天羽ヴェルンの拘束。生死は問わん、と空斗に言われ。
みんなで顔を見合わせて、フィネガンが殴ってやろうかと拳を握ったところ、さりげなくロキに手を掴まれ、断念。
ロキとしては、こんな所で反論するより、現場で勝手にやっちゃえってところなんだけど。
天羽ヴェルン阻止指令、というミッションが発令され、これから千代田坑道に行ってまいります。
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://platinumrutile.blog45.fc2.com/tb.php/2448-296c6950