引田先輩が力を貸してくれて、無事倒すことが出来た、マスタートーチャーですが。

死ぬ間際に物凄い恨みをぶつけてきて。
地下に、自分の大先輩がいるから、そいつに殺されてこい・・・! といわれ。
わざわざ動かなかったエレベーターを動くようにもしてくれて。
海斗くんが喜んで、レッツゴー! の命令を出してきて。・・・何か恨みがあるのかな、木暮くん達に。きっと、シズナのコピーを作った時のフィネガンの呟きが聞こえたに違いないと、みんなで意見が一致して。
ロキがため息をついて、「じゃあ、行くか」 と。
こういうところ、何故かやたら寛大なロキなんだけど。

廃病院の地下なのに、水没していて。
水没自体は別にいいんだけど、問題は、そう、魔法が一切使えないこと。
それでもテクテク歩いて、その主を探してみたのだけど。
任務名が、死体プールの主 討伐任務。
一辺で遠慮して、帰りたくなるような作戦名で、どよ~ん。しかも、相手はトミーマウンテンという、何だろ、廃病院にぴったりな、死体がいくつも継ぎ合わせられてできあがった大男みたいな感じだった。
会うのは簡単だったのだけど、やっぱり、魔法が使えないのがきつくて。
全滅しそうになって、もう少し鍛えてから行くことに。

でも、ブラッドの破片を集めるごとに、敵の強さが一段階ずつ増えていくので、果たして後回しにしていいものだか不安。

仕方なく、先に、ショートクウォーリアに会いに行くことにした。

エリア815という、昔GHQ墓地だったところなのだけど、そこでXPDの隊員が二人行方不明になり、木暮くん達に捜索依頼が。
ゾンビはいるわ、スカル系の状態異常バシバシの骸骨いるわで、結構誰か彼か死んで、学校にたびたび戻って蘇生させたりしていたのだけど、まあ、魔法が使えるから、大して苦にもならず。
地下に潜る度に、ハニワ系の異形が増えていくのが笑えたけど。・・・結構強かった。イモコウォーリアとか。
赤い敵ボスシンボルの所までさして時間もかからず到着。
接触してみると、ひときわ偉そうなハニワが出てきて。

ショートクウォーリア

誰をモデルにしているかなんていわなくても判るようなフォルムがステキ。
どうやら、自分が蘇るために、隊員二人を攫って殺して、生き血を浴びて復活したらしいのだけど、何故かそこでクイズを出されて。

「一万円札のモデルは誰?」

答えが三択。福沢諭吉、聖徳太子、もう一人誰かいたけど。
どうやら以前の万札を答えてほしいみたいで、聖徳太子を選ぶ。
そうすると、博識な奴は好きだといわれ、太っ腹にも見逃してくださって。・・・ミッションコンプリートならず。
見た目通り、自分は器も大きいからといわれ、言い得て妙というか何というか。座布団差し上げたくなってしまった。
でも、話が進まないため、何回か同じやりとりをして、諭吉さんを選んだら、激怒され。
戦闘。・・・偽札を信望するのか、とかいわれて。
まあ、復活したばかりだし、知らないのも仕方ないのかもしれないけれど。

戦闘は、時間はかかったけど、一発でクリア。
やっぱり、ロキに攻撃魔法、かりかさんに回復魔法、ヤマトに補助魔法を使わせると、戦闘が滅茶苦茶楽になるし。
勝利すると、ブラッドの破片を一つもらうので、また敵が一段階強くなるし。・・・先に、トミーマウンテンを処理した方がいいんじゃないかという気になってきた。
水の中で戦うのが大変だから、木暮くん達が少し強くなってから戦おうかと思っていたのだけど、向こうも徐々にバージョンアップしてきているし。
現在、木暮くん達、メインブラッドのレベルが17、サブが16(もう少しで17かな)。なので、前よりは結構強くはなっているのだけど、如何せん、元々敵が強いので、どこまで行けば楽に戦えるのか全然判らなくなってきているし。

あと行かれそうなところは、同じエリア815の地下にいるアルゴル討伐か、そのレイのトミーマウンテンかなので、余り深く考えずに行ってきたいと思います。
頑張れ、木暮くん。・・・と私。
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://platinumrutile.blog45.fc2.com/tb.php/2426-1a48be87