なんて、書いてはみたものの、要は、段々やばくなってきたというお話。

とりあえず、ストーリーに関わる任務がなくなってしまったので、レベルキャップ制限開放ミッションのための手配異形討伐に、せっかくだから行ったことのないところに行ってみようと、今回不忍プリズンへゴー。
ここは恐らくブラッドの破片と手配異形がいるような感じしかないのだけど、うーん、長門管理官でも出てくるんじゃないかと、ちょっと思い出して。
バベルだったかで、ゴブリンプリンセスが出てきて、わ~、ネメシスサイトだ、一緒に探索してもいい? って聞かれ、オッケーを出した途端、豹変して襲ってきたというお気に入りの場所だったりもしたのだけど。

とんでもなかった。

入り口のドアというドアが全てロックがかかっていて開かず、地下3階から下は水没していて、マップは開けども、自分のいる位置が全く判らず役に立たず。
鉄格子の部屋が一杯ある割に、全然入ることも出来なくて、柵の向こうに階段が見えているのに、とどうやって行ったらいいか判らなくて。
加えて、一部床に電流が流れているところもあり、水中では魔法が一切使えないため、回復は出来ないし、戦う時も肉弾戦しかダメ出しと、何か途方に暮れてしまった。
まあ、戦いの方は木暮くん達拳系に任せて何とかやっていたのだけど、回復は全てアイテムか、もしくはダンジョンを歩き回って少しずつ回復させていくしかなく、まるで修行僧のようだった。
自分の位置は判らないし、あとどこを歩いて、どこに行けば別のフロアや牢獄の中には入れるのか判らなく。

とうとう、攻略サイトのお世話に。

ビックリしたのは。
何故か、この迷宮クロスブラッドインフィニティULTIMATEに関しては、物凄くばっちりな攻略サイトがあって、マップは載っているわ、行き方は載っているわ、内容も教えてくれるわと、至れり尽くせりで、感動してしまった。
でも、不穏な気配が一杯。
まず、現在自由度がある割に強制的にやらされている、ブラッドの破片集め。
13個くらい集めないといけなく、確かまだ2個くらいしかゲットしていなくて。
それを全部集めきらないと、どうやらストーリーを進めることが出来ないらしい。・・・天羽ヴェルンの謎に迫れない。
且つ、そのブラッドの破片と、レベルキャップ制限開放ミッションの手配異形が結構同じダンジョンに被っているため、いったん入ったら両方こなさないといけないようで、目が泳ぐ。
そして、ブラッドの破片は集めていくうちに、段々そのダンジョンの中にいるボスが強くなっていくらしく、どうせなら、一番強いボスをまだ破片を集めていないうちに倒してしまえと書かれてあって、どうやら、その強いボスがこの不忍プリズンの中にいるらしい。
長門管理官??

でも、もっとビックリしたのが。
ちょっと気分を変えて、葵神宮に行ってみたところ。
鳥居まで最短の道で進め、というお告げが来て、何とか頑張ってやってみたけど、どうやらどこかで間違えたらしく。
一気に敵がお出まし。
恐らく破片を持っている異形で、プラス、手配異形っぽいキツネが出てきたのだけど。
タマモノマエ。
いたなあ、そんなキツネ、バベルで最初に入ったのが葵神宮で、そこのボスとして出てきたような。
ふと見ると、そのレベルが。

60・・・?

ちなみに、木暮くん達は現在メインブラッドがレベル14、サブが13。14になったおかげで、新しい技も使えるようになり、とうとうパラディンのフィネガンにイージスというみんなを庇おうとする、というスキルが)
いや、さすがに無理だろうと、それでも戦うことになってしまったので行ってみたところ、荒垣さんが一撃死。
7000くらいのダメージを受けたような感じだった。
仕方なく退却したのだけど、その前のお告げに、敵を弱くするために、どこかにある石を取ってこーいみたいなことをいわれていたみたいなので、ああ、それをゲットすれば、勝てるのかなって。
でも、鳥居まで最短距離で行かないと、出てくるんだよ、鳥居の下をくぐろうとしたら。

なので、仕方なく、そのサイトのマップと行き方を片手に見ながら、不忍プリズンを歩き回ってきた。
このシリーズのマップは、全て座標になっていて、X1Y1みたいな感じでマップが描かれているため、その座標軸目指して進んで行ったのだけど。
電流マスと電流のマスの間が実は一マスだけ電流が流れていなくて、そこの壁に実はハイドコードで隠された扉があったりなんて、普通は気がつかない(電流マスには基本、近づかないでしょう、一回踏んだら)、ワープを繰り返した先にある落とし穴に落ちて下に行かないといけなかったり、知らないよ、というようなことが一杯で。ご丁寧にワープにはフェイクもあったりするらしい。
サイトを見ないと絶対に行かれないような場所に非常ベルが取り付けてあって、それを鳴らすと緊急時の対応で、牢屋の鍵が全部開くらしく、一つ一つチマチマとクリアしていって。
さすがに、ブラッドを二つ付けているせいか、レベル28くらいの敵にも勝てるようになり、そんなに死人も出なかったのだけど、特に水中戦は魔法が使えないから大変だった。

そして、全ての鍵を開けて、表に出られるようになったのだけど。

そんな木暮くん達の苦労も知らず、呑気に海斗くんから連絡。
中にいる異形に、どこかで見たようなコードが確認され、どうやらあのボスのようなので、排除してきてくださいと。
あのボスって、あのボス? しつこいけど、あの管理官の異形化した奴?
言うは易く行うは難し、って言葉を教えてあげたい。

一度学校に戻ったのだけど、何か家に帰れてよかった、ってしみじみと思ってしまった。
これで一人で探索だったりしたら泣いてしまうわ。仲間って、いいわ。
もう一度不忍プリズンに戻って、ボスを倒さないといけないのだけど、こんなのがあといくつも続くかと思うと、気が遠くなりそうで。
ストーリーも何か全然進んでいないし、というか、あるのか、今回、バベルやアビスみたいな心震えるようなストーリーがぜんっぜんないんだけど。
何か空斗しか出てこなくて、いっそ空斗を倒して終わらせてしまいたいと思うくらい、微妙。

サクッと諦めて、違うゲームに行ってしまおうか、ちょっと揺れてしまいました。(というより、現在揺れている真っ最中)
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://platinumrutile.blog45.fc2.com/tb.php/2408-ba5515ee