小鳥3


ゴールデンウィークに入るとすぐに、セキセイちゃんをお迎えに行って。

・・・大変だった。

一人ご飯が食べられるようになったのはよかったのだけど、うちに来た途端、カゴの上の枝のところでションボリしていて、ご飯も食べず、泣かず、水も飲まずで、翌朝。
余りに心配になって、小鳥屋さんに電話して、ちょっとご飯を上げてもらおうと連れて行って。

途中で少し動くようになって、慣れてきたのかなと思ったのだけど、小鳥屋さんに数時間預かってもらい、ご飯を食べさせてもらって。
一人でご飯、沢山食べていたらしい。故郷みたいなものだしね。
元気だから大丈夫と連れ帰ったバスの中で、今度は余りに道中怖かったらしく、敷紙の下に隠れて震えていたし。

でも、そんなこの子も三日もするとなれてくれたみたいで、凄い元気になった。

しかも、足が普通の子より大きくてがっしりしているため、結構丈夫らしい。

今日から大人カゴにも入って過ごせるようになり、よかった~~~~。
慣れた途端、ワンパク度が物凄くて。カゴの中を嵐のように飛び回り、跳ね回り、出してくれアピール。
可愛い声で鳴いて、私のことを呼ぶし。
出たら出たで飛び回り、あちこちぶつかるし、逃げまくるしで、疲れたらしく、今カゴに入れたらご飯を食べながらうつらうつらしているみたいで、大丈夫かな、違う意味で。

でも、凄く可愛い。

長沢も小鳥がブランコに乗っている姿を見るのが何年ぶりかって感動していたし。

早くみんなになれてくれるといいな。
うちの亡くなったちょびちゃんは、来たその日から人に対してべたべたなくらいの子で、挿し餌を上げているうちからみんなに愛想がよく、小鳥ってこうなのね、って思っていたら、どうやらちょびちゃんがレアだったらしい。普通は来た子みたいな反応らしく、ビックリ。

そんな、この子の名前は。

ペンちゃん。

なかなか可愛く写真を撮るのが難しいのだけど、頑張って載せていきますので、どん引きせずに遊びに来てね。
コンゴトモヨロシク。
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://platinumrutile.blog45.fc2.com/tb.php/2309-2ad292ea