上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
まあ、反則的に強いんだろうなあとは思っていたのだけど、想像以上だった。

スティーブン戦。

別の世界の救世主三人を助けたので、エンノオヅノのところに戻ったら、役者が揃ったからスティーブンに会ってこいといわれ。
助けた三人は木暮くんが話を付けるまでそこで待機みたいで。
メガテンⅢ主人公の性格が強烈で、泣きそう。好戦的で、俺様で、戦うのが好きそうで、ああ、これがあの木暮くんだなんて、信じられない。・・・そう、うちの主人公はみんな仲良く木暮くんなので、こういう場合、何と呼んでいいやら、ちょっと困る。

スティーブンのところに行ったら。
ザ・ヒーローくんが現在魂のままフヨフヨしていて、彼を現世に戻るのに、木暮くんの観測の力が必要で、シンクロさせるから観測して彼に本来の姿を取り戻させてほしいと、何故かそこでスティーブンと戦うことに。
理を曲げて協力したので、もう少しつきあってもらうよう、みたいに軽くいわれて戦闘に。

うん、それでも最初は結構いい感じだったのだ。
木暮くん、ロキ、クルースニク、ネルガル。
途中何人か死んでも、木暮くんとロキがサマリカームを持っているし、復活の宝珠もあるから、何とか誰も欠けずに頑張って戦っていたのだけど。
スティーブンの反則技が物凄くて。
プレスターンアイコンが三つあって、最初の二つでラスタキャンディをかけまくり、残り一つでランダマイザをかけられ。
特異点の竜巻をかけられ、HPが三分の一になり、その特異点の何チャラは貫通効果+全体攻撃で、こんな技があったらいいなあというくらい凄いもので。
そのあと、同じ業火(火炎攻撃)をかけられて仲間三人死亡、木暮くんが何とかHP10で生き残り、復活の宝珠を使って、何とか復活、その後黒体の幅射というHPの半分のダメージを与える攻撃をされたり、カラミティコードという単体の万能魔法なんだけど、状態異常てんこ盛りなスキルをかけられたり、散々だった。
唯一助かったのが、幸い木暮くんとロキとクルースニクは精神異常無効の方達なので、状態異常にかからず、セーフ。ネルガル一人がぐるぐるして大変。魅了されてクルースニクをどついて、反射されて死亡とか。
プラス、うちのメンバーは全員物理攻撃が効かないため、特異点の烙印という物理攻撃(恐らく烙印付着)を全部跳ね返してくれ。
あとはもう仕方がないので、ロキと木暮くんで回復回復頑張っていたら。
ネルガルがアカシャアーツを何故か物凄く外しまくって。
最終的に、特異点の何チャラを二連発でかけられ全滅。
一回でダメージ800くらい軽く出るのでHP1500では二連チャン持たなくて。無念。

やり直しになってしまった。
HPアップの香を取りに行きたいなあと思ったのだけど、死ン宿に行くためには一回このクエストをキャンセルしないといけなく、再度トライした時にまた三人をを助けるところから始めることになるため、とてもじゃないけどギブアップできず。
ナバール来ないかなあ、ドーピングしてくれないかなと思い。
仕方なく、大枚はたいて、全書からセイオウボを呼び出し、ドーピングとランダマイザをウィスパーイベントで木暮くんにゲット。・・・ブラックマーケットでゲットしたセイオウボで、全書登録してあるため、今回呼び出すことが出来たけど、お金がなかったらピンチだった。

そして、再チャレンジすることにしたのだけど、さすがにネルガルはもう使えなかった。
代わりにクレオパトラを出すことにして、惹きつける話術で防御力ダウンを狙っていたら、どうやらスティーブンは自分の能力低下がお嫌いみたいで、次の回の最初に必ずデクンダを使うようになり、その後は特異点の何チャラばかりかけてきて。あら、意外とこの方法は使えるかもしれない。
ドーピングして、攻撃を全部次へと回して、ロキにメシアライザーをかけさせ。何しろ、木暮くんはきっとスライムより順番が遅いだろうから、4番以外の順位になったことがなくて。なので、ドーピングしたあと、誰も体力をMAXにしてくれないことが多く、無理矢理順番を持っていったりして。
同様のやり方で、またチマチマスティーブンを削っていったら。

どうやら合格したらしく、ザ・ヒーローくんが復活して、人の姿を取り戻したよう。
やった~! と思ったら、ここから本番だったらしく。
本当に怖いことが。
悪夢のようでございました。
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://platinumrutile.blog45.fc2.com/tb.php/2296-55c5d108
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。