いや~~~、メタトロンと戦うことになるなんて。思ってもいなかった、正直。

ルシファーと戦ったので、次はメルカバーと思っていたら、前哨戦でアズラエルとハニエル。
まあ、何か今回ハニエルが凄い人気。・・・とっても出てくるような大天使には見えなかったのだけど、何故か今回出ずっぱりな気がして。
年取ったおじさんのような声が何かイヤだわ。結構整った顔をしている・・・ような気がしていたのだけど、気のせい?
って、思ったら聞こえたらしく、ガンガン攻撃され。

うちのメンバーは変わらず、ロキとクルースニクとネルガル。
やっぱり物理反射にしたのは間違ってはいなかったみたいで。銃無効と物理反射で、貫通以外怖いものがないクルースニク。
結構なお役立ちだったのだけど。
特に苦労なく勝利したあと、メルカバーの登場。
これは、ヘキサグラムだっけ、即死攻撃をされていなくなってしまうのが結構大変で。それさえなければ意外と楽だったのだけど。
この天使のいる世界はほぼ銃撃がメイン攻撃になっていて、丁度木暮くんが着ているニーベルンゲンは銃弱の属性のため、仕方なしに一度銀座に戻り、ヨシツネの防具を上半身だけ買って、銃撃対処。

時間がかかったけど、メルカバーを倒して。

何か、今回の真・女神転生ⅣFINALは、どうも余り戦ってダメージを与えている感がなくて。属性攻撃に重点を置いているせいか、アンティクトンとか万能魔法がそれほどダメージを見込めず、どうも主人公が微妙。
魔のパラが250くらいはあるのに、万能魔法がニヤリ状態ではないとガツッと数値が見込めず、何かストレンジジャーニーに似ているような気がする。あれも、砂を噛むような感覚で、余り好きじゃなかったのだけど。
メルカバーを倒して、サードステージに向かうと。
入り口で待っていたのが。

メタトロン先生。

創造主に機械で作られてようなことをいっていたけど、そっかー、あの外見はダテじゃなかったんだ、と納得。
どうも、あの方を見るといつも、バイオハザードのウェスカーを思い出してしまうため、イマイチ自分の仲魔として使う気になれなくて。
前は炎の男にして使っていたこともあったけど、これだっていうものが何か思い浮かばないし。
でも、シナイの神火という火炎攻撃が、どうやら貫通効果でもあるらしく、途中マカラカーンを使ってもダメで。→あとで攻略本を見たら、メタトロン専用の万能魔法だった。そりゃダメだわ。
銃撃とか物理攻撃とか耐性があるみたいで、チャージ後の至高の魔弾を使ってもダメージが200出るか出ないかだったので、がっかりすることこの上なく。
ニヤリ状態の時に結構ダメージが出るけど、それでも1000いかないような気がするし。
返す返すも、スマイルチャージを付けてあげたかった。・・・でも、ガス欠が早そう。

チマチマと削りながら戦って、何とか勝利。
そのあとすぐにメタトロンの軍勢が出てきて、泣きそうになってしまったけど。ガス欠中だったので、凄い大変だった。
でも、これに負けてしまうと、またメタトロンから始めないといけないため、頑張った。
勝てなくても、相手より先に倒れなければいいのだ、というよく判らないことを考えながら、何とか勝利。
これから少し走り回って、MP充電してから、次のステージに行きたいと思います。
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://platinumrutile.blog45.fc2.com/tb.php/2259-1c9e5c69