木暮くん、技と力がなかりけり。

○○○○の宇宙(書くと語弊があるかな~って思い、自主規制)を走り回っているのだけど、既に道に迷っています。
結構ワープする扉が多くて、行く先々で悪魔の群れに囲まれて戦闘。
すっごく大変。
しかも、点在するいくつかの扉が開かない。力が足りなくて、技が足りなくて、開けることが出来ないよう。
困ったな~~~。
魔と運なら、今それぞれ250近くあるのだけど、力と技と速が40弱。
扉が開く、訳がない。
魔と運で開く扉があればいいんだけど、出会わないし。
それで同じところをうろうろしてイヤになってしまい、一度東京に戻って。銀座とか霞ヶ関とかのショップを歩き回って、力と技のパラをアップさせる武器防具を探してみたのだけど。
魔と運しかアップできるような防具しかなくて。
間に合ってるんだよな~~~。
でも、木暮くんにファッションショーをさせていたら、妙にセタンタの衣装が気に入ってしまって、上下ご購入。さすがにあのキノコみたいなヘアスタイルは買えなかったのだけど、うん。カボチャがいいわ。
でも、衝撃反射しかないため、普段使い出来ず。○○○○の宇宙を歩く時はやっぱりニーベルンゲンにしてしまった。下半身は、いつもらったのか記憶にない、混沌の黒角というおズボンをはいている。
だからといって、マップ踏破に役に立つ訳でもなく、仕方なしに別の方向から行くことに。恐らく、みんながみんな力と技を物凄く上げたりしないと思うので、別方向からいかれるんじゃないかと思うのだけど、なかなかよく判らなくて。

銀座からまた宇宙に出たら、いっていなかった方向があったことに気がついて、そちらに向かっていったら、何と、ワルターに遭遇。
まだ自分はこんなところでは終われない、みたいなことをいって消えてしまったけど。
その先のドアをくぐって、辿り着いたところがどうやら強力な悪魔がいるらしい扉の前で。
開けてみて、ビックリ。
ベルゼブブとルキフグスが立ち塞がっていて。
かつて倒した敵が再び現れて、戦闘。一度戦ったはずなのに、全く覚えていなくて。
初っ端、クルースニクが討ち死に。
ベルゼブブが銃撃吸収、ルキフグスが銃撃反射らしく、一撃死して、ロキが飛び上がって驚いて。
すぐさまサマリカームで生き返らせたけど、なかなかに出番がなくなってしまい、仕方なくそのあとはずっとランダマイザをかけたり、エナジードレインで吸ったりして。・・・クルースニクはエナジードレインを使っても、そんなに回復できないから、アイテムのお世話にもなった。
みんなで枯渇しながら攻撃して、何とか二人を倒した途端。

いきなり、ルシファーが登場。そのまま戦闘になり。

でも、ルキフグス達よりは楽だったなあ。
一人だし、銃撃も効くし、普通に戦えるし。
途中で、仲魔をストックに戻されたりして、いろいろはちゃめちゃになってしまったこともあったけど、おおむね楽勝だった。
ルシファーがいなくなると、何故かスティーブンが登場。
木暮くん達の記憶の中の敵を送り込むようなことをラスボスがしているらしく。・・・アサヒちゃんが一辺に理解して、凄いわ、と思ってしまった。
一度戦った敵がまた立ち塞がってくるらしく、キリがないし、会いたくないしで、ため息をついたら、ガストンが。
「一度戦って勝利した相手なのだから、負けるはずがない」 って。
おお、カッコいいね、ガストン。
でも、スティーブンって何がしたいんだか。嗾けるだけ嗾けて、討伐に向かわせたくせに、消える寸前の言葉が「せいぜい気をつけるんだね」 せいぜい、って何? 嗾けて、仮にも応援するといった人間が使う言葉じゃないんじゃないかと、何かヤな感じ。
ルシファーとメルカバーを倒すために、死んだふりして木暮くん達にやらせたクリシュナみたいだと思った。

これからまた進まないといけないのだけど。
うーん、きっと次はメルカバーね。・・・ヨナタンに会ってきますわ。
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://platinumrutile.blog45.fc2.com/tb.php/2257-833dba86