上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
megaten43.jpg


継承できないなら、最初から持っている奴を仲魔にすればいいのだ・・・!

ということで、今回、ケルベロスを仲魔にしてみました。
ミカエルの業火対策用に。・・・正直、そのためだけの仲魔っていうのがあんまり好きじゃないのだけど、何か申し訳ないし。
でも、背に腹は替えられず。
ミカエル戦になったら、マンセマットにドーピングをさせて、そのあと木暮くんにマンセマットを戻して、ケルベロスを召喚させて。
スキルは。
狂乱の剛爪
物理ギガブレロマ
物理ブレロマ
物理反射
三分の魔脈
三分の活泉
精神異常無効
身体異常無効
そして、当然、火炎反射も備わっていて。

何だろう、ガブリエルの時もそうだったけど、ミカエルも、対策してみたら、何だか5ターンくらいで勝利。
呆気なかった気が。
二周目の時の自分は何であんなに勝てなかったんだろう。不思議でしょうがない。

勝利の要因は、クルースニクの頑張りにあるといって過言ではない感じ?
素早さが一番なので、最初の一撃で烙印を焼き付けて、その後のターンではチャージからの烙印をぶちかますと、ミカエル相手に3000以上のダメージが。
凄いなあ、見たことがないような数値だわ。
もちろん、マンセマットのドーピングや、氷結反射、ケルベロスの火炎反射があってこそのクルースニクなのではあるのだけど、それでもそのダメージにはビックリ。
お陰でロキは回復に専念、木暮くんがアンティクトンをかけたりして、結構素早く討伐。
やっぱり貫通対策って必要なんだわ、と思ったのだけど、一々そういうことをしないと勝てないところが何かイヤで。
でも、今回は正面からがちでぶつかっていくほどの元気がなかったので、対策を立てて行ってしまった、心弱い自分。
まあ、でも、必要か、とも思うのだけど、イマイチ頭で納得していても身体が納得していないというか、残念な感じがあるのが否めない。

さて、次はどうしよう。
本編に戻るのも微妙で。・・・大天使の羽根を折ったあとに、序盤から戦っていくのも辛いなあ。
リベンジできたので、気が済んだし。
頼もしい仲魔ができたので、少し戦っていきたいなあとも思っているので、ちょっと進めてみたい、とは思います。

頑張れるかな、私。
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://platinumrutile.blog45.fc2.com/tb.php/2129-5785b8d0
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。