上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
クリアしました~。やり方は間違っていなかったみたいで。

セブンスドラゴンVFDに勝利。・・・結構、大変だった。

やっぱり対策的には間違っていなかったのだけど、頭の悪さが禍して、状態異常を間違えて覚えていたみたいで。
先発のアマダクン達のパーティが状態異常に関しては一番安泰だった。
やっぱりかりかさんに丹田法の訓をかけてもらうと、HPが100近く増えるみたいなので、VFDの奥義みたいな技にも何とか生き残れて。
状態異常も錯乱とダウナーだったので、アマダクンに治してもらい、問題なし。
しかも、バディスキルでいろいろと助けてもらえて重宝して、アマダクン達の奥義も三連ちゃんでぶっ放して、結構楽しく戦えた、初戦。
何か、いつもいつも、ロキとアマダクンがバディのゲージが溜まるのが早く、且つ、お互いいつもバディをしあいっこしているため、相性がもの凄く良さそうで、ロキの台詞とか、アマダクンの台詞とか、お互いに対しての台詞が聞いたことないのばかり。
S的な台詞が多いロキと、ヤンデレのアマダクンは、実は凄く相性がいいみたいで、仲いいのはいいんだけど、何かヤダ。
相変わらず大和のゲージのたまりが遅く、16ターンでMAXになることだけ判ったのだけど、その16ターン目で勝利。
全員のバディゲージが溜まった途端に、第一形態が終了して、6人分のゲージマックスのまま終了してしまった。

反対に、凄い苦労したのがロキ達の第二パーティ。
混乱、呪い、ダウナー、行動不能と、何か凄い量の状態異常で、ロキが全部治せる訳ではなかったため、ああ、こっちをアマダクンパーティにすればよかったと、あとから本当にそう思った。
治すのがもうロキしかいないため、エレキソードもろくに使えず、フィネガンが死にまくったり、大和が瀕死なったりと、結構酷いことに。
それでも何とか残った人間で他のメンバーを生き返らせて、攻撃をしていった時。
後ろ6人のバディゲージがマックスに。大和がいないと他のメンバーの活躍が早くて、助かった。
でも、その寸前にロキが呪いにかけられ。呪いはもちろん、自分が攻撃した分、ダメージを受けるというもので、たまたまその時9人で動くユニゾンが出来るようになったため、ちょっと賭に出てみたのだけど。

・・・失敗した。

アマダクンにリカバリーという最速の状態異常回復スキルをかけてもらえば、ロキの呪いも解けて攻撃が出来ると思い、試してみたところ。
一番真っ先に行動を起こしたのがかのロキで、しかも奥義発動させたものだから、オーディンの氷結攻撃が炸裂したあと、余波でHPをもらい、回復、次の瞬間呪いで一撃死、という涙ものな結末が。
大和にイーコールでもかけさせておけばよかったのだけど、まさか死ぬとは思わなかったものだから、別の技をかけさせていて。
でも、木暮くんの雷ドラゴンとか、他のメンバーの威力最大の必殺攻撃とか、ネルガルとかカッコ良かった。そして、かりかさんに、そのロキ達に丹田法の訓をかけてもらい、HP上限が増えて。
何とか最終的に、ロキも生き返らせて、勝利。
一番苦労した。ここで負けると最初からになってしまうため、ドキドキものでした。

そして、第三形態になったのはいいのだけど。
もちろん、パーティは木暮くん達で。どんな状態異常が来るかドキドキしていたけど。
ビックリしたのが、第三形態は普通のドラゴンのヴィジュアルで、ちょっとカッコ良かったけど、うーん、2020-Ⅱで初めてそのお姿を拝んだフォーマルハウトほどのインパクトがないのが残念。
今更見るともう慣れてしまって何とも思わないけど、最初見た時は凄い綺麗なドラゴンで、感動した記憶があるし。
そして、戦いだしてみると、意外と普通で。
まあ、予想に反して、毒とか盲目とか、凄いオーソドックスな状態異常を使ってきて、却ってそちらに驚いた。
番長に丹田法の訓をかけてもらい、荒垣さんはとりあえずドリルクロウラーを狙って。
木暮くんにもちろん罠を仕掛けさせて。
VFDが落とし穴に落ちて行動不能になったり、火炎旋風で盲目になったりして、有利になった時に、荒垣さん、番長の奥義を炸裂させて。
そして、みんなを木暮くんがアイテムで回復している間に手札が溜まり、鉄条網もかけられ、ターン終了時に、あのジャッジメントターンが炸裂して。
VFDに勝利。
感想としては、どんな奥義よりも、ジャッジメントターンが一番威力が出ることが判って。・・・手札さえ、揃えばだけど。
でも、普段どんなに手札が揃わないとダメダメな技でも、こういう要所要所の時にきちんと発動できることが物凄いと思った。ユウマの時とか、VFDの時とか。
それだけで十分普段のおつりが来るし。凄い助かったし。

勝利して、まだまだ負けないと頑張るVFDに9人揃ってトドメを刺して。結構みんな集まると壮観だった。
でも、ボスを倒す前口上はやっぱりリーダーのお仕事で、ロキとアマダクンの分まであって嬉しかったけど、また荒垣さんを逃してしまった。
あとは木暮くんが回帰するため、祈って。

エンディング。
当然といえば当然なのだけど、ハッピーエンドの割に、悲しいことが沢山。
ノーデンスはあるけど、ドラゴンはいなくなってしまい、ドラゴンに関する記憶も全くなく、平和な世界になってしまって。
木暮くんのことを覚えている人もいなく、顔見知りも記憶の欠片に残っている感じで。・・・まあ、会えただけ嬉しいのだけど。
まともに会えて、覚えていてくれたのはナガミミとミオちゃんだけだったし。
荒垣さん、番長とかとも会えず、しかも、ナガミミは衝撃的な姿でビックリ。
例えば、ムラクモ13班の木暮くん達もどこに行ってしまったのかという感じだし。回帰ってハッピーエンドだからわくわくしていたけど、3つの時代をまたがると結構切ないものがある。
物凄く、寂しい。

・・・と思っていたのも10分くらいで。
来たよ、エクストラダンジョン。
「幻影首都・影」
言わずと知れた、木暮くん達に倒されたドラゴン達が待っている、お礼参りのダンジョン。
クリアデータではあるのだけど、VFDのところに行く前くらいの時みたいで、他のところにはドラゴンはもう1匹もいないので行ってもザコだけだろうけど、ああ、凄く不気味。
試しにちょっと覗きに行ってみたら、案の定。

ザコキャラが、シンボルドラゴンクラス。
アトランティックのダンジョンの作りになっているけど、最初にエンカウントした敵がトカゲみたいなドラゴン二匹で、あの顔が4つに割れて襲ってくる奴。
何か、強いし。
心がくじけて、ベルベットモデルを閉じてしまいました。
いつものパターンでは、まあほとんどお礼参りばかりで、要所要所に多分真竜が待っていて、エリアボス戦なんだろうな。
水先案内人は、あのタケハヤに似ている第一真竜アイオトだったので、ラスボスも奴かなとか思うし。
もう一つの裏の真実を教えてくれるというけど、ほとんど戦って上を目指すだけなので、今まで同様ほぼストーリー皆無だろうから、するかどうか、本当悩む。

でも、いったんクリアしたので。エクストラダンジョンに行くかはまだ決めかねているけど。
お付き合い、ありがとうございました。
エクストラダンジョンに行ったら、パーティメンバーを全部混ぜて、行ったことのない組み合わせでいってみたいと思います。・・・行ったらね。
ロキとアマダクンと木暮くんとか、荒垣さんとネルガルとフィネガンとか、番長とかりかさんと大和とか。
何か、考えたら、凄い楽しそうな組み合わせで。・・・ちょっとやってみたい気がする。レベルもほぼ横並びになったし。

新しいゲームを始めても、どうぞ、コンゴトモヨロシク。
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://platinumrutile.blog45.fc2.com/tb.php/2121-a3aa827f
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。