今まで特に困ったこともなく、サクサク進んでいた、アビスなのですが。
ここに来て、とうとう、行き詰まり。

GHQ墓地の奥まで進んだ、木暮くん達。
そこにまたアリスの母親が出てきて。執念深く追ってくるのね、と。挙げ句の果ては、自分達が正しいと思って戦っているか聞かれ、イエス。
自分達だけでもそう思って戦わないと、こんなに戦っていけない。少なくても、WIZ機関の連中がしていることよりは、自分が信じて行く道の方が何倍も頑張っていけるし。

でも、あなた達はここでおしまい。
といわれて、四方をWIZ機関の異形部隊に囲まれて、凄い連戦だった。
やるしかないのでやったけど、昔に自分なら、いったん引いて、鍛えてから再戦しそうなくらいの量だったのだけど、まあ、バベルで鍛えられたせいか、いけるところまでいってみようと、木暮くんが拳を振り上げて連中の中に突っ込んでいって。
ユニオンゲージは使うし、それを回復するため、大和にブレインスパイアをかけさせて、ロキは魔法攻撃、荒垣さんはスキルが増えて、二列同時に攻撃出来るようになったし、今、みんなが出来る最大の攻撃をかまして。
何とか勝利。
未だに戦闘不能になった方を蘇生させるアイテム、スペルが全くないため、死んだら終わり、頑張って誰も死なせずに勝利したのだけど。
まあね。ザコ戦で誰かたまたま急所攻撃されて亡くなった時は、学校に戻った時成長手術をしたりしているからいいのだけど、今回みたいに先が長いような戦闘で死んでしまうのはいただけない。
うーん、やっぱり二つくらいは蘇生回復アイテムを持っていないとマズいよね。

何とか片付けて、アリスの母親の後を追うと、ジオマトリクスという別の次元への入り口が出来ていて。
一足先にその中にアリスの母親は入ってしまい、逃がしてしまった。
規子さんから連絡が入って、ごちゃごちゃ言われている間に逃げられてしまい、木暮くん達がダッシュで割り込んだ海斗くんの指示通り、追いかけて飛び込んでみたのだけど、サクラTVに出てしまって。
どうやら座標軸を変えられてしまったらしく、追いかけられなかった。
困ってしまって、いったん学校に帰還。
真麻ちゃんが出てきてくれたのはいいのだけど、WIZ機関の連中がバベルスフィアの中に入り込み、真麻ちゃんを作っているものを自分達のものにしようといろいろ動いていることから、木暮くん達の目の前で消滅してしまって。

もう時間がないと。
バベルスフィアに潜入して、WIZ機関の連中を掃討しないと、世界自体がやばくなってくるようで。
木暮くん達に指示が下ったのだけど。
改めて、バベルスフィアに侵入して、東と西にあるゲートのところまで何とか辿り着いたのはよかったのだけど、そこを護っているゲートキーパーが凄く強くて、死者、続出。
うーん、やっぱり、アビスもこう来なくちゃ。
今までが凄いサクサク進んでしまったため、いずれこういう時が来るのではないかと思っていたのだけど、やっぱりね、というのが感想。
少しレベル上げしないと、フィネガンが保たない。いつもいつも死んでしまい、一人死ぬと生き返らせないため、困ってしまうし。
ゲートキーパーを倒したあと、学校に戻ればいいので、そこで被害が抑えられればいいのだけど、そのあと芋づる式に木暮くんとか、荒垣さんが亡くなってしまったりして。
木暮くん、荒垣さん、ロキの三人が攻撃、フィネガンがイージス、かりかさんがマナシールド、大和がブレインスパイアとちょっと戦力が落ちてきてしまっているのがいただけない。
ブラッドが二つあれば、誰かがマナシールドをかけている時に、他のメンバーが回復したり、幻影をかけたり出来たのだけど、今回、暗殺者のスキルをもってでも幻影はなかったし、かりかさん一人で同時にマナシールドと回復は出来ないため、結構ヤバい状況になっている。
回復、かりかさんだけだからなあ。大和は出来てもアイテム使用だけのため、大して回復量を見込めないし。

なので、今、レベル22になったけど、もう一つ二つあげてみないとダメなような気になってきた。
次回のレベルキャップ制限は確か40くらいだったので、まあ、あと10くらい上げても全然オッケーみたいなのだけど、私の気力がもたないだろうし。
何か、今回は凄い低いレベルで突き進んでいるため、やばいことこの上ないし。
手配異形討伐ミッションもまた出てきたので、それを探しながら、ちょっと戦ってきたいと思います。
場所はGHQ墓地。ロアみたいな、骸骨の異形かな。アルゴルとかいっていたような気がする。
こんな時にとってつけたようで何ですが、ブラッドがやっぱり二体ほしかったなあ。
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://platinumrutile.blog45.fc2.com/tb.php/2055-f3f07719