上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
アビス4


引田先輩がああああああああああ・・・!!!

怒濤の急展開。
二学期にこんなことがあるなんて。

管理官から呼び出され、怪しい黒服の男達を調べるよう命令された木暮くん達。
怪しい黒服の男達がこの学園の生徒と思われる者と密会してて、CPOの情報を流している疑いがあるとかないとか。
その聞き込みを規子さんも協力してくれることになり、半分デートみたいな感じで(1対6)いろんなところに行って調査。最終的には学校にいたジョニー・桜庭から学徒遂道での目撃情報を聞いて、ゴー。
そこで引田先輩と黒服の男女が一緒にいるのを見つけて。
でも、先輩は、コードライズ能力がなくなっても自分はエクスだといって、先方の申し出を断ったみたいだけど。
X-WIZ機関がどうやら引き抜きをしようとしていたみたいで、断られた腹いせに、木暮くん達共々抹殺しようと襲いかかってきた。
もちろん、逆襲。
難なく勝利して、ついでに手配異形まで出てきたので、それも一緒に片付けて、引田先輩と別れて学校に戻ってきたのだけど。

ミッションクリアしても、その管理官の感じの悪さは変わらず。
またまた新しい任務があり、今度は管理官お手製のPDロボを探しに、森本ビルに。人間では危ないため、管理官が探索型のロボットを作って、新しくアビス化が確認された森本ビルを探索させたら酷いことになってしまって。
以前崩落していた階段が復活していて、何と上の階28階に上がれるようになり。反対に下の階は全部潰れちゃったみたいなのだけど、その28階に強引にロボット軍団を投入したら行方不明になってしまったとか。
命をかけて、回収してこい、といわれて。
海斗くんが怒っていたけど、行かない訳にもいかず、森本ビル28階に。
探索自体は難しいものでもなく、ロボット軍団も立ち往生しているところを見つけて回収したのだけど、そこからが地獄だった。

Zウィザーが出てきて。Xの方は兄貴だったのだけど、Zの方がやっぱりアリスで。
変な仮面を外して、正体をばらしたのはいいのだけど、反対にもうエクスなんてやめて、記憶を消去する措置を受けて一般人に戻れ、なんていわれた。
メガテンの、木暮くん達。
どうやら、アリスはやっぱり拉致されたのではなく、自分から敵に寝返ったみたいで。CPOの偉い人達が、そのアリスからCPOの情報が敵に流されるのではないかと懸念されて、探すよういわれていたのはあながち間違えていなかったようで。
何でだか不思議に思っていたら、何と、アリスのお母さんが登場。
凄い美人で、局長の奥さんか~と思っていたら、どうやらX-WIZ機関のトップらしく、アリスに木暮くん達をコードブレイクさせて、二度と立ち上がれないようにしろと命令して。
そのまま聞く、アリスもアリスだと思うけど。
一瞬でコードブレイクされて、ピンチに。普通の人と同じになってしまい、しかもHPが平均60くらい。
ブラッドも、武器も防具もない状況でアビスにいる危ない状態なのだけど、そのままXPDが来て、逮捕されてしまって。
学校の司令部に連れてこられて、管理官から犯罪者扱い。
学長も海斗くんも逮捕され、木暮くん達もピンチになった時に、海斗くんより連絡。その司令部を自爆させるので、すぐそこから逃げろと。駅から電車に乗って、一番前の車両から脱出できるといわれ、脱兎の如く逃げ出した木暮くん達。
無事、駅までついて、列車に乗れたのまではよかったのだけど、管理官PDロボが山ほど追いかけてきて。

絶体絶命だったけど、引田先輩が木暮くん達を助けてくれた。
コードブレイクして、一般人と同じになってしまった場合、自分の方が経験豊かだから、一緒に来いといわれ、もちろんご一緒させてもらったのだけど。
引田先輩、好きだったのに。結構ロキ、フィネガンと年が一番近いと思うので、うーん、道で会ったりした時、ロキが強引に引田先輩を引っ張って一緒にご飯でも食べていたような気がする。
でも、やっぱり電車の中でも、PDロボが追いかけてきて。
引田先輩と一緒に戦闘。
前後ろから挟み撃ちされてしまったので、引田先輩と別れて戦ったのだけど、うちは前列の木暮くん、荒垣さん、フィネガンしか戦えず、しかも、後ろ三人をそれぞれ一人ずつ護らないといけなく、且つ、素手で殴るだけだったので、気が遠くなるかと思った。
一番がっつんがっつん殴っていたのがもちろん木暮くんで、一番ダメージを受けたのが荒垣さんだった。みんな結構ボコボコされた頃、やっとロボが全滅してくれた。殴っても、多くてダメージが2しか出ないから、凄い辛かった。

さあ、脱出だ、と動いた時山ほどのPDロボが再び迫ってきて。
さすがにヤバい状況になり、木暮くん達が戦う気満々で飛びかかろうとした時、引田先輩が。
コートの下に山ほどの爆薬を下げていて、木暮くん達を護るため、ロボ軍団に突っ込んでいってしまった。
「共に戦えて、光栄だったよ」 っていって。
亡くなってしまうのは、バベルで知っていたのだけど、まさか木暮くん達を庇って亡くなってしまうなどとは思ってもいなかったから。
物凄い、ショックだった。
GHQの墓地でだったか、引田先輩に会えた時、知っていたら号泣だった。
みんな、号泣したんだろうなあ、私が逆から始めてしまったので、今頃いろいろ判ったというか、余りにも酷すぎる。

今更ながら、引田先輩率いる、エクスに入ってみたかったと、本当そう思いました。(もと隊長だったし)
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://platinumrutile.blog45.fc2.com/tb.php/2042-86a31e76
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。