上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
二学期があっという間に始まって、学長の実は短かった朝礼の最中、異形の出現確認ということで呼び出された木暮くん達。
そこでまた学長からの話が、改めて。
人間や物の一部がえぐり取られるような事件が起こってきていることを始め、アリスが行方不明になっていることも改めて聞かされ。
自宅から普通にいなくなったらしいので、特に争った形跡などもないことから自発的失踪の扱いになってしまうとか。もちろん、それをそのまま信じる者はエクスにはいないため、他の事件と一緒にアリスの捜索も当たることになったのだけど。

いなくなったアリスの代わりに、隊長代理に海斗くん、そして、そのサポートにあの規子さんがつくことになり、みんな無事でよかったと思った反面、アリスがいなくなったことでCPOの政治的責任が追及され、管理官が送られてきて。
うん、やっぱり、ゴブリンプリンセス達と一緒に牢獄みたいなところのボスになっていた、あのおじさんだった。あの時は死んでいたらしいので、何でここにいるのかホラーな話だったのだけど、今はまだ普通の人間みたいなので、一体彼の身に何があったのか、凄い気になる。
結局は監視役としてよこされたみたいで、エクスが任務に対しては自由にやっていいみたいなのだけど、一応上を通して判断を仰ぐとか何とか。ちょっと感じが悪い。
学長曰く、この人を迎えることが現時点で考え得る最良の策とか。(それ以外が余程酷かったらしい)

そんな中、再びハザード事件が起こって。
今回は、懐かしの遊霊病棟で、あそこは廃病院を模ったお化け屋敷なのだけど、アビス化して異形が出現、中に一般人が何人か残されているため、エクスに緊急要請が。
そして、行くことになった木暮くん達なのだけど。
レベルキャップ制限が、解けて。
学長曰く、まあ、説得して、次のレベルキャップ制限を40まで持っていったらしいので、予定ではそれまでにクリアできればいいかなという感じ。
でも、ステータス欄を開けて、メガテン。
うーん、レベル15でその制限が入ったのは判ったのだけど、解除された途端、みんな一律レベル15になったばかりの状態から始まるなんて、何か理不尽。あれだけ経験値を稼いでいたのに、みんな15で、これからの戦闘で稼いでいくような形になっていて、何だかなあ。
レベルキャップ制限が解かれたの、初めてだったから、まさかこんな形で始まるなんて、ならないといいなあって思っていた最悪のパターンだし。

とりあえず、行くしかないため、遊霊病棟に行ったのだけど、ここで、こぶが3匹ほどくっついてきて。
今日は、妹夫婦の家に、弟夫婦と母と遊びに行ったので(長沢は仕事で来られず)、そこに甥っ子姪っ子が3人ほど。
話を聞くと、甥っ子(弟夫婦の息子)は最近ポケモンにはまっているそうで、今幼稚園で凄い流行っているらしい。自分もやりたいので、3DSを買ってくれといっているのらしいのだけど、うーん、さすがにまだ早いのでは? だって、字、読めないし。ポケモンの新しく出たゲームとか出来ないでしょう。
みんな、3DSを持っているとか。凄いなあ。
なので、その、甥っ子と姪っ子達がゲームに興味津々。ご飯を食べに行って待っている間ぽちぽちアビスをしていた私の周囲に群がってきて。

「これ、誰?」 → 「規子ちゃんっていうだよ」
「誰が戦うの?」 → 「6人いて、みんな仲間なんだよ、何とかレンジャーみたいにみんなで戦うんだよ」
と、いろいろ説明して、戦闘シーンなんかもみせてあげたら、ゲームが気に入ったようで。
大きくなったら、自分はアビスをすると、もう一人の甥っ子が。凄いなあ、他の二人がポケモン、ドラえもんっていっている横で、このゲームをするというんだから。
大きくなって、ゲームするようになったら貸してあげる約束をした。
少し戦ったあと、学校に戻ったところで、姪っ子が来て、この人だーれ? って聞いた時に、その甥っ子が「規子ちゃん!」 って代わりに教えてくれたし。凄いなあ。
でも、三人に群がられて、そのあとのゲームの進行が何だかよく分からず。
勝手にゲームの画面を触るので、知らない間に会話が進んでいるし、よく分からなかった。

遊霊病棟を少し歩いた時、一般人の犠牲者を見つけたあと、Zウィザーという、あの兄貴のコピーみたいな奴が出てきて。
ああ、これが、アリスなのかな、って勝手に思ってしまったけど。声が女性だったので、うーん、怪しい。
次に会った時は容赦しない、といわれて逃げられてしまい、戻って海斗くん達に報告。
それも併せてみんなで悩んで、とりあえず、次の呼び出しがあるまで学校頑張ろう、みたいに終わってしまったあと、あの管理官から木暮くん達に召集がかかって。
これから話を聞きに行くのだけど、その規子ちゃんを理解した甥っ子から、自分も一緒にやりたいから次に会う時まで待っててね、といわれ。
ごめんね。約束したのだけど、進んでしまうわ。
もう少し大きくなったら、一緒にモンハンとか出来るのかしら。・・・ちなみに、甥っ子は今幼稚園。自分、何歳だ、おい? とか思ってしまった。
まあ、出来そうな気がするのが、ちょっと人間的に悲しい気持ちになります。
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://platinumrutile.blog45.fc2.com/tb.php/2041-fc4015a8
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。