上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
アルタイルに聞いて、ノルエンデ渓谷に。・・・本筋に戻ったみたいだけど、何でここに行くんだっけ? としばらく考えてしまった。
あの妖精のアンネには主人がいて、どうやらプロヴィデンスという邪神なのらしいけど、アルタイルの神界にいる恋人に取り憑いて、魔王を送り込み、最終的には自分が降臨しようとしているらしく。

阻止でしょう。

という方向に、当然行くことになって。
ノルエンデ渓谷に行くと、そこにはアンネがいて、今までの悪事の内容を全部解説してくれた。
うーん、ヤな奴だ。
ユウのお兄さん、ちょっとそそのかしたら、ホイホイ働いてくれたとか何とか。
この酷い言葉に、ユウが激怒。
ついでに私も怒りMAXになり、戦う気満々に。・・・ペルソナQで、カレーの具を一人ずついっていくことになった時の荒垣さんの反応と同じくらい。
「負ける気がしねえ」

妖狐の時と同じパターンだったため、楽だったことこの上ないのだけど、HPがあとで見たら150000もあり、ああ、長かった。
ユウはメインを黒魔道士、サブを占星術師。お得意の、エレメントバリアのブラストをかけまくり。
イデアは攻撃役。
マグノリアはやっぱりメインをエクソシストにして、サブにフェンサーを。
ティズはメインを召喚士にして、サブをビショップに。
やっぱりボスではあるので、アンネもアケディアという補助効果を一切解除して、全属性を弱にするスキルをかけてきて、そのあとダークフレアという全体闇ダメージの魔法をかけてきたのだけど。
そのアケディアからのダークフレアはBPを1貯めたあとに発動させているため、こちらもそれなりに対処。
前のターンで当然エレメントバリアのブラストはかかっていても、アケディアで解除されて、そのあとすぐにダークフレアが来るため、うーん、対処が間に合わないと一人1500くらいのダメージを喰らうことになるのだけど、今最大HPが3000近くあるため、大して困ることもなく。
でも、面倒だから。
そのアンネのBPが1貯まって、その攻撃が来そうな時に、ティズにカームを使わせて。
最初に発動して、敵味方の攻撃が全てダメージ0になるものだから、その間みんなデフォルトしてBPを貯めて、うーん、作業だったけど、楽な戦闘だった。
気になるあの子にメロメロ・・・! みたいなフォーリンラブとか、皇帝オブリビオンとの対戦とか、結構苦労して戦った方が印象に残っているし、思い出もあるし。
魔王戦からこちら、ユウ達が成長して反則技を一杯ゲットしてしまったため、どうもテンションが上がらなくなっているし。
ユウのお兄さんもいなくなってしまったしで。

でも、オモシロワザもあって。
蝕という魔法をある時かけられたら。

最大HPが1に・・・!!!

余りに驚いて、長沢にまで見せてしまった。
大笑いしてた。
HP1でHP1000くらいの敵と戦うのがRPGの醍醐味じゃないかといわれて。・・・うん、そうかもしれないけど、せめて、10くらいはほしいなあと考えてしまって。

まあ、よくよく考えて、エクソシストのアンドゥで、やっぱり元のHPに戻すことが出来て、誰も死ななかったのだけど。
インパクトは大。

そんなこんなで時間はかかったけど、勝利。
もうプロヴィデンスがやってくるのも時間の問題と言い残して、アンネが亡くなってしまったみたいだけど、アルタイルが。
せっかくだから、こっちから神界に乗り込んで、プロヴィデンスに会いに行こうといいだして。

これから神界に行くことに。
アルタイルはね、今生で会えなかった恋人に会えるからウキウキしているかもしれないけど、何だかダンジョンがまた複雑そうで、どよ~ん。
その前に、その渓谷にある大穴に黒い霧が覆っていて、それをみんなで祈って霧を払おうということになったのだけど、ユウ達4人ではとうてい人手が足りなくて。
アニエスまで加わって。
それでもダメで、誰か助けてプリーズと、ユウに頼まれて。

画面に×ボタンが・・・!

腱鞘炎になりそうなくらい連打させられました。うん、これから神界に行ってきます。
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://platinumrutile.blog45.fc2.com/tb.php/2020-99b70dcf
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。