上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
何か、皇帝との戦いが終わってしまったら、気が抜けてしまって・・・。

ゲームを少し放置。
風邪もひいてしまったし、困ってしまう。

ホーリーピラーに浮遊城が向かっているため、湯船で乗り込んだユウ達なのだけど。
何と、皇帝も一緒。・・・何か嬉しい。
面倒くさいので、また-100%にして、ゴー。

途中途中で、パーティチャットがあり、兄貴が皇帝になった理由とか、浮遊城がどうして出来たのかとか、少しだけ判って。
前作の終わり頃から皇帝はもう動き出していたり。
あの妖精にそそのかされて、魔法封印地を襲って、魔王ディアマンテを奪って、浮遊城をつくって、その時保管されていたアスタリスクを同志に配ったらしい。
ビショップとフェンサーのアスタリスクを仲良かったニコライさんの送り、それじゃ、ニコライさんがジャンにフェンサーのアスタリスクをあげたたんだわね。
その頃、ミネットとパネットーネとエイミーも仕官したらしく、どうやら一般公募みたいな感じ?

そのあとのチャットで、皇帝軍のアスタリスク所持者達の日常が綴られていたけど、結構仲良かったのね。
エイミーとジャンがよく戦っていたらしいのだけど、いつもいつもその時にガイストが呼ばれていたらしく。・・・壊れたところを、アンドゥで直していたらしい。
そういえば、前にアニエスに出すお菓子がどうたら、ってあったけど、あのお菓子はニコライさんのチョイスで、確か和菓子だった気がするのだけど、何のお菓子を持って行くかで、ニコライさんとパネットーネの間で紛争が勃発。
ジャンとエイミーがそれぞれに加担して、更に収拾がつかなくなったらしく、またガイストが呼ばれて。
ガイストとアヤメがチェスや将棋でえぐい言い合いをしたり、ミネットとビスマルクの昼寝とか、結構楽しそうな皇帝一家。
いいなあ、皇帝側になりたかったなあ。

ホーリーピラーを呼び出したのが、フロウエルにいた巫女の子供。
妖精にそそのかされてやってしまったらしいのだけど、最悪な結果に。
しかも、ユウ達が回帰する前、アニエスを連れて旅立った皇帝は過去に戻るどころか、200年後の世界に飛ばされたらしく。あの妖精が時空の羅針盤の張りをいじったらしい。
よかったね、皇帝、ユウ達が回帰してくれて。200年後はないよね。
あの妖精の目的は浮遊城でホーリーピラーを屈折させて、月を平行世界の彼方に追いやってしまうことで、その最後の仕上げをしようとした時に、皇帝が阻止。アンネの目的を防いだのまではよかったのだけど。・・・カッコ良かった。
アンネに主人がいるみたいで、ディアマンテを使ってユウ達を潰すよう指示され。
戦闘になったのは、まあ、仕方がないのだけど。

そのディアマンテ。
骸骨が羽を広げて馬に乗っているような感じで、うーん、何というか。
しかも、マグノリアがいた月を襲った張本人で、マグノリアが震えて泣いているし。もちろんそんな場合じゃないから、ユウ達が励まして、みんなで戦うことになったのだけど。
もちろん、皇帝は頭数に入っていないみたいで。

何だか、凄い面倒くさそうで、泣きそう。
これから少し戦ってきます。・・・皇帝がいれば、凄い頑張るのに。もうすっかり味方だし。
アニエスのこともイデアのお父さんと、あとジャンとニコライさんが護ってくれているっていっていたので、何か楽しい感じになってきたのだけど。
戦闘のメンバーには入っていなくて、どよ~ん。皇帝がラスボスだと思っていたので、そのあとの敵に関しては余力が残っていない状態でございます。
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://platinumrutile.blog45.fc2.com/tb.php/2014-435ac139
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。