ゼネオルシア家のダンジョンなお墓を探索。
またスイッチを入れて床を上げ下げしないと行かれないため、-100%にしてダッシュ。無事、宝箱も取れて、セーブする冒険者のところにまで辿り着いたのはよかったのだけど。

皇帝オブリビオンがカッコいいのに、涙。
結構喋ってくれるし、これが楽しみで、今まで頑張ってこられたし。保存して、見直したい気持ちが半端なくて。
何か、このゲーム、セーブポイントが3つある割に、セーブは一ヶ所にしかできず、上書きしか行かれない。
ちょっと前のところから戻ってやり直したくても出来なくて、どうしようかと思っていたら。
ニューゲーム+になったら、3つあるうちの二番目のセーブデータが作れて。
ということは、もう一つ、何か物語が大きく切り替わるものがあるのだろうかと、何だか目が泳いでしまった。
ここまで来るの、結構大変だったし。

でも。
皇帝、強いんですけど。
ゼネオルシア廟で立派なお墓があるのは、初代ゼネオルシア家の当主の遺訓を遵守した者だけで、それに逆らったもの達は隅っこにちょこっとのお墓を作られるだけで。
その初代がろくでもない人だったらしく、呪いのように続いているらしい。
なので、それにそぐわない兄貴である皇帝は放逐されて、まあ、一応それに沿って生きていたユウは当主となって、というのが今の二人の立場らしく。
皇帝の目的は、過去に戻って、その初代を潰すことらしく。

時空の羅針盤を貸してあげたい気持ちで一杯でございます。

もちろん、変えてしまったら世界自体が今の世界とは全く違うものになるため、ユウ達が反対して立ちはだかっているのだけど。
やっぱり話し合いでは収まらないため、戦うことに。

先日の皇帝との戦いは、前哨戦みたいで、あの時とはダンチな強さに涙。
冬の嵐という、HP、MP、BPの回復がみんな出来なくなるワザを使われたり、閃光という何か物凄くHPを減らされるワザを使われたり、もうどうしようもなくて。
冬の嵐には、ティズがその時たまたまエクソシストだったため、HPアンドゥなどで、何とか対処したけど、これも単体にしか効かないワザのため、結構時間がかかってしまうし。
何かいい方法はないか、攻略本を見たら、同じこと書いてあったし。うーん。
ただ、閃光というスキルは、現在のHPの半分のダメージを与えるって書いてあったのだけど、何だかそれで死人が出るので、解せない。半分のダメージなら死ぬことないと思うのだけど、ボロボロ死んでしまって。
その時、たまたま、ユウが時魔道士のジョブになっていたので、タイムリープという全滅した際一回だけSP以外が戦闘開始の状態に戻るという技が使えて(COMタロウのおかげ)、仕切り直しになったのだけど。

少し鍛えて、再戦することにしました。
会社のお昼休みにチマチマレベルアップ。
おかげで、ユウの月魔法レベル6、エレメントアップとエレメントバリアが使えるようになったし。ティズの召喚魔法レベル4でスサノオが使えるようになったし。
エレメントアップは5ターンの間、属性攻撃の威力が1.5倍、エレメントバリアは4ターンの間、全ての属性攻撃が無効になるという優れもの。
スサノオは、闇属性の攻撃を持つ召喚獣で、知らなかったのだけど、召喚獣のワザは魔法反射にならないみたいで、うん、重宝。
ということで、これから新ワザをひっさげて、皇帝と再戦したいと思います。
やっとのやっとで、ユウ達レベル52。
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://platinumrutile.blog45.fc2.com/tb.php/2009-bbf229c9