これは決して、喜びのカムバックでは、ない。

もう敵と戦って奥に進むと、木暮くん達の被害が甚大になってくるため、マップを全部埋めることは断念。一方的に進むことにして。
時々友好的な異形に道を譲ってもらい、大好きなシャドウチェイサーが出てきても、涙をのんで、ユニオンゲージで逃走。
美意識にあるまじき行為を繰り返していたのだけど。

その甲斐あって、何とか奥に進むことが出来て、またまた広大なフロアにワープ。
アイリスからの連絡も入り、いよいよラスボスに会えると思って喜んでいたら。
ラスボスのところに行くのに、何かアイテムらしきものが必要みたいで、あちこち歩いてそれを見つけないといけなく、よちよち立ちふさがっている異形を避けて歩いていたのまではよかったのだけど。
見つめた奥に、?マークのシンボルが。
おお、あそこで、何かゲットできるのかと喜んで走って行った木暮くん達に。

悪夢が。

ドロンと化けたその先に、何と、かつて死闘を繰り返して退治した、セブンハンドの一人、ジョーカーが。
マジですか? どこで出てきた人だっけ? と、記憶も戻らないうちに、勝手にコードリコンされ、戦闘。
もう一度戦うの?
しかも、巨大な意識の集合体、みたいなこといわれ、複数何かあるのかと思っていたのだけど、お礼参りのメモリアルを繰り返すことになるなんて。

確かに、木暮くん達はあの頃の木暮くん達ではないのだけど、それはジョーカーも一緒みたいで、レベル36とか書いてあって。
ああ、もう、世界の平和とか捨てて、どこかに走り去ってしまいたい。
もう、いいよ、アリス隊長に譲るよ、とまで思ったのに、一向に顕れないし。あの人。
戦い始めたはいいけど、ちょっとガス欠だったので、二人ほど颯爽と死んでしまい、昼休みも終わったので、リセットになってしまったのだけど。

あれかな~。
ドレッドノートとか、いるのかなあ。いるんだろうなあ、やだなあ。
あの、タコとかイカとかっぽいバッカニアも、出てくるのかな。まさかタッグを組んで、とかはないだろうけど、やだなあ、連戦嫌いだなあ。
これからまた戦いに行かないといけないので、ちょっと目が泳いでいます。
だって。
あれだけ苦労して倒したセブンハンドとこれから連戦なんて、信じられない。7体、いたし。ボス前戦闘で、7連戦なんて、
荒垣さんと一緒に頑張らないと。
これからちょっと行ってきますわ。
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://platinumrutile.blog45.fc2.com/tb.php/1872-0019c02f