上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
13Fが結構楽しい。
今回は氷で滑るのもそんな迷路っぽくなっているわけでもなく、でも、要所要所に目玉のFOEが。

そんな矢先。
歩いていると前方に大きな氷の塊が。
そこで、ベルトランが呟いた。「あれって、あれ、思い出すな」
勘のいい木暮くんと私。ベルトランのいう通り、氷を押してみたら、一直線に滑っていって、その先にいた目玉のFOEにドストライク。
氷りにはじかれて、お亡くなりに。
そんなお茶目な仕掛けが三つくらいあるのだけど、かなり歩いたその先に、一直線の氷の道があり、また目玉のFOEが。
でも、今回は、その氷の塊もなくて。
しかも、そこを通らないと先に進めず、目玉は一直線に行ったり来たりして、横に捌けてくれないため、他の道から行こうにも、もう行くところもなくなってしまって。
困ってしまって、いったん戻ろうと踵を返したら。

足を滑らせて、木暮くん達が目玉に一直線。(また、押し間違えたらしい)

しかも、目玉は木暮くんと同じ方向に進んでいたため、何とはなしにバックアタックになってしまって。
戦闘。
やばかったのが、かなり歩いたあとだったため、みんな疲弊していて、TPとかも少なく、アイテムも余り所持していなく、凄い無理そうだったのだけど。
目玉がどうやって戦うかも分かってない状態で戦闘になってしまい、案の定、状態異常攻撃が。うん、来るかな、とは思っていたのだけど。目玉なだけに。
しかも、混乱を付与されて、木暮くんがぐるぐるしているし、ベルトランが錯乱しているしで、フラヴィオが逃走スキルを使っても、訳が分からなくなっているため逃げられず、最終的にクロエと姫様に混乱を転移してもらって逃走。
まあ、敵がどういう戦い方をするか分かったので、よかったといえばよかったのだけど、結構きつかった。

なので、今度は装備を調えて、ケンカを売ってまいりました。
せっかくなので、同じように滑り込んでのバックアタック。
ちょっと時間はかかったけど、誰も死なずに勝利。
面白いのは、混乱とか付けてくるくせに、目玉自体状態異常に弱いみたいで、今までのFOEの中で一番ってくらい次から次へと状態異常にかかって。
反対に木暮くん達が心配してしまうくらいの、弱さで。
まあ、余り苦労なく勝利してしまいました。
13FにFOEは4体なのだけど、3体まではほぼ氷の塊をぶつけて勝利できるため、凄い楽な階にスキップしてしまいそうになった。
上に上る階段を見つけて、14Fに上がれたし。

これから酒場で頼まれた依頼をこなしてくる予定。
13Fで魔物討伐。10時から15時の間でないと出てこないとか。
頑張って上を目指して・・・次はエスバットかな。ソロソロ出てきそうな気がするし。
もう少し強くなったら、スノードリフトと、八岐大蛇みたいなFOEに挑戦したいものです。
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://platinumrutile.blog45.fc2.com/tb.php/1670-e849e185
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。