ずっと悩んでいた、スノードリフトなのですが。
昨日、何とか通り抜けが出来ました。やっぱり、奴が横を向いている時にさりげなく傍らを通り抜けていく方法しかなくて、しかもタイミングがなかなか合わず、ザコキャラとエンカウント。
まあ、戦ったけど、いつ参戦してくるかとドキドキでした。

そして、一難去ってまた一難。
ほっとして、先に進んでみたら、今度はちょっと広めのところに、3匹。それぞれグルグル回っているのだけど、どこを歩いても必ず1匹はロックオンしてくるから、行ったり来たり行ったり来たり、凄い時間がかかった。
そのうち、長沢の仕事が本日終了になり、片付けとかあるので焦っていたら、おや? 気がついたら3匹の間を通り抜けていて、無事通過。
他に気を取られていて、きちんと考えて歩いていなかったので、もうどうやったのかさっぱり分からなくて。

まあ、ラッキー、と思って、そのまま先に進んでしまったけど。

抜けた先は、氷が張っていて、ああ、滑っていくんだな、と。
私は滑り系の一方通行が余り好きではなく、世界樹の花に乗って海の上みたいなところを浮かんで進む奴とか、ペルソナQではゴンドラとか、本当、ヤダ。
目的地に到着する前にイライラしてしまって。
今回の氷はそんなでもなかったのだけど、その氷の行き着いた先に、上に上る階段が。
何とか12Fに上がれてよかったけど。

スノードリフトが、何か悔しいので、もう少ししたら、リベンジだ。

その12Fもまだ少ししか行っていないけど、何というか、氷が張りまくっていて、また滑るのかとちょっとユーウツ。
滑り系はわざわざブルーで色を塗ってみたけど、ふと気がつくと、一面ブルーになっているし、別に塗らなくてもいいんじゃないかと思ったりもして。
なかなか奥が深うございます。

これからまた気を取り直して、行ってきますわ。
きっと新しい素材のポイントもあるだろうし。
酒場でどこかのお偉いさんにレシピ本をもらって、見事作ってみよ! みたいな感じで挑戦されたし。うーん、最終的にはレジィナが作るので、作るだけじゃなく素材集めも経験してみてほしいなと思った。
少しは可愛くなるのではないだろうか。もう本当、レジィナの厨房に入るたび、そこだけ音声オフにしてやろうかと毎回思う。
それがダメなら、もうぜひ、シェフを荒垣さんに交代させてください。
切に、お願いします。
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://platinumrutile.blog45.fc2.com/tb.php/1660-c20e6295