赤っぽい、変な奴は、違った。
その、例のドアの向こうにいるFOE、というかボス?
意を決して、何とか入ってみたけど、一同呆然。
よく穴に落ちる恐竜が二頭、その間に偉そうに色違いが一頭。しかも、その色違いがやばいようで、近くに血まみれの衛士達のお洋服が酷い状態で落ちていて。
木暮くん達は何だかんだいいながらも、図書館の人なので、こんな凄惨な状況を見るのは初めて。フラヴィオと一緒に呆然としていると、やっぱり樹海探索になれたベルトランとクロエは冷静で。
あれ? お姫様は?
何だか、あんまり覚えていないのだけど。・・・ということはあんまり騒いでいなかったということ?

やっぱり、錯乱していた時におっしゃっていたことは、本当ですか、姫?

戦ってもいいし、回避してもいいし、という天の声も降ってきたことなので、即回避希望。
とりあえず、あちこちに落とし穴が設置されているから、三頭まとめて落として、一気にダッシュだ、と即突っ込んでいったのだけど。
もう少しで、穴に落ちて、隠れようかと思った。木暮くん達が。
あの色違い、何か他のFOEとやっぱり違うのだけど。色が違うと性能も違うというアレ?
他が、二マス進むごとに、一マス進む動きに比べて、一度に二マス進むってどういうこと? しかも、落とし穴、スルーするし。一瞬、浮いているのかと思った。
やばいので、ドアの外に退避して立て直すことにしたのだけど。

気がつくと、色違いが正面に。
木暮くん達はドアを背にして固まっているし、そして、お付きの二頭は・・・おバカさんなのか、知らない間に落とし穴にはまってもがいているし。
困ってしまって、とりあえずいったん外に出て、二、三マス稼いで、色違いが少し離れたところに行ったのを見計らって、再度突入。
おびき出しても何の得もないので、とにかく離れて、出口に向かおうとよく分からず歩いていたら、上手く外に出れて。
ミラクル。
もう一回やれといわれても、はっきり言って出来ない。おまけに他の抜け道も見つけたので、今度からそこを通らなくても行けるようになったし。
ついでに、残っていた生存者も見つけて、橋を直してくれるお兄さんも見つけて、無事戻れたけど。

いきなり、5Fにいる、キマイラと戦えって、何?
街に戻って、大臣とお話しして、すぐにミッションが発令。
橋を直すには、その動力源になる電磁石とかいうのを探さないといけなく、それが5Fのキマイラの寝床にごろごろあって、それをゲットするには、キマイラを倒さないと行けなくて。
樹海のためと木暮くん達の利害が一致したということで引き受けることになってしまったけど。
うーん、木暮くん達、やっとれべる10になったばかりなので、大丈夫なのか。
まだ3Fうろうろしていて、FOEも野放しにしているのに、いいのだろうか、凄いギルドを差し置いて行ってしまって。

自分が適正レベルで歩いているかも分からないので、討ち死に覚悟で行ってきます。・・・まあ、5Fだからしばらく先だけど、いつも討ち死に覚悟よね、世界樹って。
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://platinumrutile.blog45.fc2.com/tb.php/1609-db25f334