上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
黄色いアグモンを連れたテイマーくんにリベンジ。
フィネガンの跳ねること、いうことを聞かないこと、いや、OKって出ているから聞いているんだと思うのだけど、とてもそんな行動に見えなくて。
ああ、泣きそう。自分で戦いたい。
でも、何かフィネガンの調子がよくて、向こうの調子が悪かったのか、余り大した技を出さなくなって、勝利。
何となく、勝ちを譲ってもらったような気がしないでもないのだけど、とりあえず勝ったので。
フィネガンを褒める。
喜んでいたフィネガンなんだけど、ちょこっと歩き出したその時、何かロキが前に見せたようなちょっと座り込むような仕草をしたので、一辺に勝ちの気分が吹っ飛んで。
大丈夫か、フィネガン。
心配になって、ステータスとかみるのだけど、よく分からないし、無理させちゃったのかなって、どうしようかと思ってしまったのだけど、何だかそのあとは元気みたいで。
あと一戦してみるかと次のバトルを申し込みしたら、初心者の方だったみたいで、サクッと勝利。
フィネガンと喜んでいたら。

どうやら規定数を超えたみたいで、上の階に上がれる試験を受けられるようになった。
もちろんフィネガンが元気なうちに上に上がっておかないと、と思って、勇んで受けることに。
GIGO(デジモンの会社)の試験相手のデジモンがガードロモンという、いつも道の真ん中にいて、みんなに島の道案内をしてくれるデジモンが相手だった。
戦ってしまったいいのだろうか、と思いながら戦闘。
そんなに苦労なく勝利して、上の階に上がれることに。
フィネガンを褒めまくって、上に上がってみたら、のけぞった。

次が、10階なんだけど。
何と、テイマー抜きで、デジモンだけで戦うコロシアムみたいで、うわ~大丈夫か。うちの子、賢いと思っていたのだけど、そうではないんじゃないかと思い始めてきたところで、一番心配していたことなのに。
一番最初に申し込みをしてきているのが、何と、あのアキホで、勝ったら自分の正体を教えてくれるというのだけど、とても勝てる気がしない。
アキホのデジモンは小鳥みたいで凄い可愛いのだけど、出す技は極悪。
指示を出せば、うちのフィネガンも負けないとは思うのだけど、放置プレイなので、もう何というかハラハラしたあげく、負けてしまってがっくり、そのまんまだった。

これはもしかしたら、上に上がれないかもしれない、うちのフィネガン。
再度、チャレンジしてみようとは思うのだけど、凄い、勝てる気が、しない。
多少おバカさんでも元気な子ならそれでいいと思っていたけど、それじゃいけないバトルになってしまい、目が泳ぎそうです。
これだけはトレーニングで補えるものなのか、分からないし。
再度リベンジに行こうと思っているのですが、無理だったら、こっそり湖に行こうかと思いました。
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://platinumrutile.blog45.fc2.com/tb.php/1577-7097d296
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。