今日は朝から法事があり、夜に別の用事があったため、その間の時間を実家でごろごろ。
ペルソナQをして、疲れたらそのままちょっと昼寝して、と大人にあるまじき時間を過ごしてしまった。
そのおかげで、結構元気に探索。

B2Fに降りて、木暮くんと荒垣さんが現在レベル5くらい。
他のメンバーをレベル3から5に引き上げるため、三年生+天田くんのぷらちな・Rのメンバーで、探索。
この第一ユニットは、結構新しいダンジョンで地図を初めて書き出す探索が多く、ほぼ安心して歩けるメンバーになっていたりする。
地図の下半分を描いて、下半分の左側にいるFOEを避けて通らないとな~と思っていた時に、その宝物の手に遭遇。

うん、あの金色の手袋みたいな、シャドウ。しかも、2体。
ペルソナ3をしていた時も何回もお目にかかり、結構逃げられていたので、今回はもう最初から討伐する気100%で行くことに。
経験上、魔法攻撃はほとんど効かないため、HPを消費して強力な打撃攻撃を出す技に絞って、とりあえず1ターンで倒すことに。
この宝物の手は、まあ、みんな経験していると思うけど、すぐに逃げてしまうため、ターン消費すると必ず臍を噛むことになる。
案の定、戦闘が始まった途端、1体逃走。
残る1体は、何故か、まごまごしている、という注釈が出て、サービスかな? とは思ったのだけど、全員物理攻撃で。
真田先輩のボクサーパンチで、勝利。

経験値が、2000。

その場で、このユニット、レベル5になってしまい、これだけでもう次のユニットに交代することに。
あるのよね~、大体第一ユニットは新しいものに遭遇する確率が高くて、鍛えようと思ったのに、すぐ交代とか多かった。
真田先輩が泣きながら、もう少し戦いたい、と訴えるのも振り切り、学校に戻る。途中でセーブできないから、アクシデントで全滅っぽくなっても困るし。

うーん、また会いたいなあ、宝物の手。できれば、三番目のユニットの時に。
ということで、次回会うのをまた楽しみにしています。・・・もう誰の時、とか贅沢言わないから、できれば、10体くらいまとめて、よろしく。(←最近、100人斬りとかRPGでしているため、ちょっとのことじゃ驚かなくなった)
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://platinumrutile.blog45.fc2.com/tb.php/1326-2a36cd2d