上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
少し話も進んで(いえ、内容的にはほとんど進んでいないのだけど)、何とか地図が作れるように。

どうしたら、ペルソナQで地図を作ることになるのか不思議だったけど、何のことはない、ダンジョン探索する時分からなくなったら困るから、地図描いたら? って、ノートをもらって、主人公の木暮くんが歩きながら描くことになった、という経緯。

そして、今回の地図ですが。

何というか、ヌル・・・、いえ、とても優しい、親切設計になっていて、ビックリしました。
世界樹の迷宮経験者としては、アレと同じシステムだと思っていたのだけど、凄い間口が広がったというか、みんなに優しくなったというか、うーん、例えが難しいです。

一番ビックリしたのが、抜け道のマークとかあること。
世界樹ではもう自分で矢印つけて、最初一方通行だったのが双方向に行けるようになったら矢印を付け替えて、といつも細かい手作業があったのだけど、今回のは抜け道マークを置けば、勝手に矢印に変化して、片道通行だったのが反対側から入れるようになった途端、自動的に矢印も双方向のものに変化。
あとは、進行方向にすでにこう書きなさいみたいな道筋の陰ができていて、途中で通れる道を見逃すことがないように、一歩先を教えてくれている。
根本的なところは一緒だけど、カラーバリエーションが増えたり、もう最初から名前がついているアイコンばっかりで、あんまり親切すぎて、呆気にとられたというか、こういう方が喜ばれるのかなあ。
だって、アイコン触ると、宝箱、とか、抜け道、とか、閉じた扉、とか、何か名称まで吹き出しで現れて、自由度があるようでないし。

一番困ったのが、地図の基本色。
あのグレーの画面、何とかならないのか。
もう少し明るい色で基本画面を作りたかった。何かテンションが下がるというか、あのグレーから色を置いても、微妙な色彩になるというか、そこら辺も自分で選べればいいのになあ。
いちいち床を塗りながら歩くのもいずれへばってしまいそうだし。
実際のダンジョンは何か気持ちが悪くなりそうなくらいのごてごてしたものなのに、何で地図だけあんな地味なんだろうと思ったけど、何のことはない、ノートにペンで書いているからだ、と今気がついて、どよ~ん。
ある意味、当たり前か。

余談なのですが。
みんな歩いている時は大変静かで、何か怪しいものがあったり、イベントがあったりすると誰かが喋るのだけど、歩いている最中が意外と寂しい~~~~。
何で、こんなこと思うのかと思ったら、このゲームの前にプレイしていた迷宮クロスブラッド∞がダンジョンの構造がこのペルソナQと同じ歩き方で、でも、Lボタンとか押して、いわゆるカニ歩きをして間違ってダンジョンの壁にぶつかったりすると、

「ジーザス・・・・!」

とか、複数人が悲鳴を上げたりするので、このペルソナQが凄い違和感だった。
いや、でも、そもそも壁にぶつかったりもしないし、どこかに突っ込みもしないので、静かなのが寂しい。
荒垣さんの、「チッ・・・!」とか、木暮くんにジーザス! とかいってほしかったなあ。
違う意味でも、些細なところで喋ってくれると嬉しいんだけど。

今度、張り切って、壁にでも突っ込んでみたいと思います。(←いや、もう、経験したんだけどね)
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://platinumrutile.blog45.fc2.com/tb.php/1319-304ecd1c
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。