上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
どこをうろうろしても、レベル7キャップ解放ミッションが発動されないため、仕方なく、黒騎士のいる双子ビルの屋上へ行くことに。・・・あの副隊長も待ちくたびれている頃だろうし。

問題の黒騎士の前座と戦闘。
さすが、レベル7になると、違う~。
まず、全体攻撃ができるし、結構殴られても、HP2とかで持ちこたえたりして、凄いわ。
でも、普通だったら、レベル7になる前に戦っているんだろうなあ、悲しいことにうちのメンバーはそれまでが弱かったのだろうか。

でも、それを吹っ飛ばすくらい、フィネガンの役に立たないこと、この上なし。
戦闘が二回あるのだけど、その最初の唇のお化けの異形と戦った時、毎回毎回隠れるのに失敗して、とうとう一度も攻撃せずに初戦が終わってしまった。
最後の最後でやっと隠れることができたのだけど、隠れた瞬間に勝利。
うわ~、もう懐かしさが勝ってしまい、怒る気力もわかなかった。

そして、第二弾。オオカミ5頭との戦闘。
今回は、フィネガン隠れたままだったので、最初から暗殺系のスキルでぐいぐい飛ばしていた。まあ、これは見つかるまでは隠れたままで、ずっとその技を使えるから、隠れている間はとても重宝するのだけど。

それでも、三回くらい、やり直したかな~。
急所攻撃されて、一瞬で、ロキが亡くなったり、荒垣さんが亡くなったり、最後の最後で木暮くんが亡くなったりしたので、今の段階だと、戦闘中に生き返らせることできないし、経験値に差が出てしまうしで、泣く泣くリセットしたりしていたけど。
役に立たなかったフィネガンの回は最後まで無事誰も死なず、戦闘に勝利。リセットした時も、隠れることが余りできなくて、いつもこうだったから、もう何も怒らなくなってしまった自分が大人になったような気がしたし。

黒騎士には当然逃げられちゃったけど、みんなに褒められて本部に戻ったら、その後すぐに、レベル7キャップ解放ミッションが来た。
もちろん、条件のミッションを全部こなしているため(一つだけ倒していない指名手配の異形がいるけど、まあ、ミッションは完了したことになるし、あとでどこかで倒せばオッケー)、あんまり感動がなく、どうやらレベル7になったらしい。
そして、今度はレベル15のキャップ解放ミッションに手をつけていくのだけど、すでに指定されている武器、防具は納品済みなので、あとは異形を倒すだけだ。
何か強そうだけど、少し技が充実してきたので、楽しくなってきたし。

そんなこんな、補習とかもうけている最中に、銀座で異形が暴れている連絡が入り、もちろん補習を抜け出して、戦いに行くことに。
銀座は行ったことがないので、楽しみです。・・・もちろん、ゲームの中でよ。実際は違うわよ。
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://platinumrutile.blog45.fc2.com/tb.php/1295-606d361e
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。