上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
同じ東京だとは思うのだけど、六本木にガーデンプレイスがあり、双子ビルがある、迷宮クロスブラッド インフィニティ。
今回のミッションは、そのビルに異形によって拉致されてしまった女子高生を助け出しに行くというものなのだけど、今、この東京では急老症という病が流行していて、行方不明になった若者が年老いた姿で発見されるという現象と、まあ、それに最初の時に出会った黒騎士が関係しているらしく、まだまだ先は長そう。
ペルソナQ発売までに、せめてエンディングを迎えられるといいのだけど、うーん、デモンゲイズより大変そうなので、途中でいったんやめて、ペルソナQになりそうな気がしてきた。

そんな中、副隊長と二手に分かれてその双子ビルに入ることになったのだけど、木暮くん達は下から、副隊長はヘリを使って屋上に降下して侵入。
途中、無事侵入した連絡が入った時、なんで着替えてこなかったんだ、パンツ100回くらい見せたとか何とか言われ、新入りの木暮くん達に何を言わせたかったんだと、涙。
しかも、この副隊長、お風呂に入りたくなって、医療ラボの医療用のシャワーを無断で使って、探しに来た木暮くん達とぶつかり、ひっくり返って、大変なことになってしまったし。
・・・胸隠すのいいけど、下も隠せよ、って、感じで、喜んだのは・・・フィネガンくらいか。
その上、もう一度シャワー室に戻ったのはいいけど、そのあとの選択肢で。

のぞきますか?

というのが出たのには、ビックリ。
のぞかなかったけどさ。

まあ、そういうところだけはいつもいつもある、某E社のゲーム。

話がそれてしまいました。
双子ビルに入ったのはいいんだけど、入った瞬間、オペレーターさんから連絡。
このビルには超常タイプのモンスターがいるので、それ用の対策を立ててから入ってくださいね、って、入ったあとにいわれても。
普通の武器じゃダメージをそれほど見込めないため、超常タイプにダメージを与えられる付加をつけた武器を使えってことらしいのだけど、もうダンジョンに入ってしまったし、困ったなあ、と思っていたら。
しばらくうろうろして戦って、さあ、帰ろうと思った時に、その問題のモンスターが初めてお目見え。
うーん、どんなに頑張って攻撃しても、ダメージ1しか与えられず、やっぱり武器を作らないとダメかも。
凄い長い時間かけて戦い、とりあえずアマダクンの武器が一応ダメージは元々低いのだけど超常タイプにも有効のため、何とか勝利。
これからいったん戻って、武器を何とかしないと。

何となく、終わらないような気がしてきました。
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://platinumrutile.blog45.fc2.com/tb.php/1285-4fb6510e
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。