上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
チームメンバーが揃ったところで、その部隊全体を統括している司令官みたいな男の子に報告。
どうでもいいんだけど、こういう危険なダンジョンに行くのに、メンバーは、小学生から大学生までを設定するのって、どうなんだろう。まあ、学園ものだからね~、もちろん、アマダクンは小学生にしてみた。
当然荒垣さんは高三で、木暮くんは高二。

ダンジョンは、アビスといわれる、少し前までは普通の場所だったのに、突然異形化してしまったところを探索。
今回初任務は、アビス化した旧校舎で行方不明になった別の隊の副隊長を連れ戻すミッション。
武器や防具は支給されているため、とりあえずみなさんに装着してみた。

そして、レッツゴー。
ダンジョン内の歩き方はほぼデモンゲイズと一緒なので、特に困ることはないよう。
オートマップも一緒だし、自動で移動するシステムも同じ、階段の上がりとか、間違えて壁にぶつかったときのうめき声も一緒。
ちなみに、今回女性のかりかさんを入れたため、ぶつかった時に女性の声が聞こえるというのは何だかいいものだ。
そして、使い回しなのか分からないけど、デモンゲイズでのフィネガンの声がまたボイス選択に入っていたため、それをロキにつける。(←留学生で、名前に困ってしまったため、ロキ・フィネガンという安易な名前をつけてしまったのよ。今考えると失敗。二人別々に作れば良かった)
デモンゲイズの時のアマダクンのボイスはさすがになかったので、ちょっとそれが残念だな。

戦闘は、とりあえず、今は攻撃と防御くらいしかなくて、困ったのは、サムライ、拳法家、暗殺者を前衛にして、全員に攻撃させたのはいいのだけど、全体攻撃もなく、単体攻撃も敵を指定できなく、とりあえず攻撃コマンドを入れて、勝手に攻撃されている状況。
指定できるのかなあ、木暮くんの魔法もSP温存のため、まだ使ってみていないし、これからゆっくり研究していくしかないか。
とりあえず、少し歩いてから、いったん学校に戻る。
今回は家賃がないから、気楽に戻れていいわあ。
ダンジョン内にセーブポイントがなく、学校に戻るか、パワーレコーダーなるセーブアイテムを使わないとダンジョン内でセーブできないようなので、本当大変そう。もちろん、パワーレコーダーなんて、そんな沢山あるわけじゃないから、せめて、そのフロアのボス戦前に使うしかないし、うーん、困るわ。

ということで、先々不安だけど、再びダンジョン探索に行ってきます。
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://platinumrutile.blog45.fc2.com/tb.php/1278-72ebd4b8
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。