上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
デモンにもいろんなタイプがいるらしく、先日ゲットした雷のユピテル、頭の中身の構造が変。
何というか、殺人狂みたいな方で、もう出てくるたびに殺戮が嬉しくてしかないみたいで、はっきりいって、アマダクンがびびってる。
いや、アマダクンだけじゃなくて、ロキやフィネガンでさえ、どん引きしている中、平然としているのが木暮くん、・・・か?(←荒垣さんは我関せずな気がする)

あなたといると、楽しいことが一杯できるから、大好き、・・・って感じ? で、懐かれているような気がしないでもない。
まあ、楽しいことを与えていれば、大暴れせず、大人しくしていてくれる、一番物騒なタイプだということが判明。
うん、まあ、いいんだけどさ、デモンだし。一人くらい、大きなマイナス方向にイケイケでも。

そんな中、何と、あの管理人さんが行方不明、とな。
宿に帰ってきたら、みんな大騒ぎしていて、何でも妖精の里に行ったっきり戻ってこないらしい。
家賃を請求されず、不覚にも喜んでしまった、木暮くんご一行。
反省して、管理人さんを探しに行くことになり、うーん、もうしばらく不在でも全然いいんだけどな。残念です。

妖精の里は、以前近くまで行ったのだけど、鍵がかかっていて入れなかったため、まだ未知の領域。
初めて訪れてみたら(森の先なので、行き方は簡単に分かる)、妖精に、この里に入れない種族がいるからチェックさせろといわれ、木暮くん以外はアウト。
木暮くんだけ、一人でオッケーといわれたのだけど、時間がなくなってしまったため、いったんお断り。会社でね~、いいところで、昼休みが終わってしまった。

うーん、一人か。大丈夫か、奴で。
でも、それ以外入れないのだから仕方がないのだけど、木暮くん、中途半端なので、かえって心配。意外と何にでも対処できるマルチな人かもしれないけど、とりあえずは、あんまり使えないもんなあ、普段。あるのは人望だけ。(←立派なもんじゃない)

ということで、これから行ってこようと思っているのだけど、管理人さんを見つけても、放置してきそうな自分が怖い。・・・何しろ、家賃家賃と、もううんざりしているからなあ。
まあ、心を仏にして、行ってきたいと思います。・・・木暮くんが。
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://platinumrutile.blog45.fc2.com/tb.php/1240-8588c6bf
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。