執政院からのミッションを受けて、現在B10Fにいるケルヌンノスを倒すべく、樹海探索をしている木暮くん達ご一行。
何とか10Fまで辿りついたので、一回街に戻ったのだけど、その時に、酒場のクエストを余りこなしていないことに気がついた。
酒場のお姉さんから頼まれている真鉄の殻×4、デザイナーの女性に頼まれている、ハチの針三つと、どれも数が一つだけ足りない状態。
きっとまたクエストが増えてくるだろうから、早めに終わらせないとと、いったんその素材をゲットしに行くことに。

どれも、エンカウントする敵からゲットするアイテムなのだけど、なかなかほしいものを落としてくれない。
仕方なくうろうろしていたら、水晶がつるしてある扉の前を通り、気がついた。
白水晶と紫水晶の扉があって、その色に合った水晶を持っていないと開かない扉なのだけど、この間たまたま白水晶をゲットしたことを思い出して、入ってみた。
どうやら、宝箱が3つくらいおいてあって、レアなアイテムをゲットできるみたい。頭、腕、足を縛るアイテムをもらい、また別の白水晶の扉の前を通ったので、中に入ってみたのだけど。

同じように宝箱が三つあり、でも、中に入った途端、驚いた。

FOEのサソリが、三匹。三方向固められて、退路は外に出るドアだけ。
驚いて、戦ってみるかと思ったけど、道中素材をゲットするためエンカウントしては頑張って戦っていたことから、TPがなくなってしまい、とても三匹一度に相手できるような感じでは・・・。
仕方なく、一回街に戻って、素材を売ってから、リベンジしに。

もちろん宿屋を使うわけではなく、泉で元気になってから、意気揚々とあの部屋に入り、サソリと戦闘。
もちろん最初は一匹目がけて、途中で一匹乱入してくるからと、計算通りのことをされ、まあ、三匹目はカマキリの経験上ないでしょうと高をくくっていたら、乱入してきた。
しかも、サソリだとサイズが小さいせいか、後列に一匹。カマキリの時は大人しく待っていてくれたのに、どういうこと?

そのため、うっかり、サイモンさんがお亡くなりに。
やっぱり武闘派とはいえ、メディックのサイモンさんを前列におくのは間違いなのだろうか。
仕方ないので、ネクタルで復活させて、戦闘継続したけど、彼のお怒りは半端じゃなかったよう。
「貴様ああああああ!!」
という台詞も聞けて、ああ、嬉しい。
後列に回した方がいいのかなあ。でも、何というか、前列二人っつーのが余り好きではないので、出来れば前列にいてほしいんだけどな。

まあ、なんだかんだいって、結構苦労せずにサソリ三匹倒した。
ちょっとずつだけど、強くなってきている木暮くん達に、涙が出そうだ。
この調子で早く素材をゲットして、ケルヌンノスを倒しに行くぞ~と張り切ってまた出発したとき、金色に光るゾウさんに遭遇。
戦うか、と思ったときに休憩時間が終わってしまい、以下次号。(というのはウソ)
とりあえず、中断したのだけど、再開したときに、いてくれるかなあ、その希少種。

ちなみに、水晶なら大好きなのが、ルチルクオーツ。
たまにルチルの扉とか出てこないかなあ。・・・と自分のブレスとか見ながら思ってしまいました。
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://platinumrutile.blog45.fc2.com/tb.php/1051-2a43a084