小鳥283


凄いご無沙汰しています、と毎回毎回始まりがこんな感じでごめんなさい。
相変わらず、会社でのパソコン作業で家に帰るとぐったりになってしまって、あれから復活できないのですが。

今回ペンちゃんの可愛い写真が撮れたので、アップしてみました。・・・といっても、やっぱり撮るのが大変難しいので、今回はこれが限界かと。

Windowsのライブメールというのをメール作業で使っていたのですが、何かそれが今年の一月でサービスを終了したとか何とか。
Googleのパスワードを変えたら、そのメールフォームが使えなくなってしまい、現在メールがピンチになっています。
Gmailのフォームはちょっと使いづらくて、活用が出来ないし。
前にあったピンクのクマがメールを運んでくれるメールフォームがほしいなあって思ったのだけど、今あるのかしら。
パソコンに強くないので、イレギュラーなことが起こった時に上手く対処が出来なくて、疲れてしまいます。
ちょっと近況を書いてみました。

ペンちゃんとは最近とっても仲がよくて(ちょっと盛ってます)、結構ベタベタ飛んできてくれるのだけど、10秒と同じところにいてくれなくて。
でも、前みたいに凄い咬んだりもしなくなったので、ちょっと嬉しい。大人になってくれたのかしら。
飛んできてくれる姿が凄い可愛いです。写真は撮らせてくれないのですが。

2月は全然更新が出来なくて、ごめんなさい。
たまに、遊びに来てね。


小鳥284
スポンサーサイト
小鳥281


お久しぶりのペンちゃんで、申し訳ありません。
本当はもっと早く載せるつもりで毎日頑張っていたのですが・・・。

ペンちゃんが。

写真を嫌がって、全然取らせてもらえませんでした。
撮れてもピンぼけとか、飛び立った瞬間のおしりと尻尾の先とか、ある意味撮るのが難しそうなのだけど、まあ、こういう写真ほどよく撮れる。

最近、ペンちゃんもいろいろ欲求不満のようで、物凄く噛みつくようになって。
うーん、何をしたいのかは判るのだけど、やっていいこととよくないことがあるので、小鳥と意思疎通を図るのは難しいです。
結構飛んできてはくれるのだけど、5秒といなかったりするので、目指せ、15秒の世界だったりします。

しかも、せっかく撮れた写真があんまり可愛く撮れなくて、申し訳ないです。



小鳥282
ハイドラはニンジャなので、括りは暗殺者になるのだけど、いや、もう、今回大活躍。
何が大活躍って。

ミラージュ、です。

幻影を作って、仲間を攻撃から守るスキルなんだけど、バベルの時にサブブラッドで暗殺者を付けていた木暮くんが、護りの手が足りない時に幻影をかけて他のメンバーを護ってくれていたのだけど、それと同じくらいのお役立ち。
デモンゲイズ2の木暮くんが付けていた時は大して役に立たなかったのだけど(というより、護った形跡がなかった)、何故か、ハイドラが付けると、その確率がぐんとアップ。
もちろん、護れなかった時も当然あるのだけど、攻撃されて木暮くんやお嬢がHP1で踏みとどまったあと、とどめの一撃を敵から受けた時に、ハイドラが幻影で護って無傷。
凄い感動した。

思うに、AGI(速さのパラメータ)が他のキャラよりダンチに高いため、それが関係しているよう。
昔から、キャラは全て、得意なこと一点成長型に育てていたため、速さを重視しない私はAGIを全て放置。
メガテンⅣの木暮くんなんて、魔と運は200超えでも、速は二桁行くかどうかの大変偏ったパラの持ち主だったため、気がつけば、相当レベルが高くなっているのにスライムより行動の順番が遅かったというレジェンドまである。
でもなあ、バベルとかアビスでもそうだけど、1点集中型に育てると即死するため、魔なら魔と体をメインにあげるなど、体力の底上げが必要なため、エクスペリエンスのダンジョンRPGは何かと体力を上げないといけなくて、苦労した記憶が。
そのため、今回も同じように、キグナスなら回復系と体力、お嬢なら腕力と体力、みたいな形で育てていて、このメンバーはよかったのだけど。
木暮くんがビミョー。
腕力と体力と回復系(微妙に魔法使いも囓っているみたいで)、それぞれあげていくことになったり、他はアリエスの攻撃系に育てたいのだけど何故か回復系が得意になってい、両方あげてプラス体力とか。
同じ形でハイドラが。
ニンジャだから、速さと運が必要で。でも、攻撃するために腕力も必要で。体力はマストで。
と、ハイドラだけ、何だか攻撃、回復魔法のパラ以外を万遍なくあげている感じで、大丈夫なのか心配。
そのおかげか、結構誰よりも早く動けるし、且つミラージュの確率が信じられないくらいよくて。

これからずっと使っていこうと思いました。

現在、ドラコと戦闘中。
何だかさすがラストの歌姫だけあって、強さがダンチに違うみたいで、ビックリ。
トライトラストみたいに三回殴られて、木暮くんやお嬢が一撃死したので、仕方なく少し鍛えてリベンジ。
ハイドラのミラージュとかで、味方のダメージを減らして何とか人間体の方は倒したのだけど、デモン空間にいるデモン体が物凄くて。
ダメージ1200とか出されたら、そりゃもう死ぬでしょう、という感じで、瞬殺されるため、キエルから伝授された私お得意の時間を遡って戦う方法を選んで。
要は、レベル上げをしているということなのだけど。・・・RPGでのリベンジがまさかキエルと同じことをしていたとは露程も思っていなかったため、あの台詞は結構トラウマになっている。

一週間チマチマとレベル上げをして(どうせ会社ではイベント戦とか出来ないし)、ついでにハイドラとデートもして。
うーん、アリエスの時もそうだったけど、男同士じゃこんな感じよね、という感じで。
少し鍛えたので、デモン体ドラコにリベンジしてきます。