上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ハチと一緒にダンジョン探索だ~! と浮かれて、ハチの後を追いかけていった木暮くん達だったのですが。

まさか、前回のハチが迷子になって何度も呼び出される迷子捜索願の別バージョンだったとは気がつかず。
森本ビルで待ち合わせをするも、一向に現れず、XPDの後藤真央ちゃんから迷子になっている連絡が入り、ハチ本人からの電話を繋いでもらい、迎えに行くパターン。そして、必ずカレーをそこで食べさせて。
前回と違うのは、カレーを食べたハチが元気100倍、勇気1000倍になって、異形と戦ってくるとダッシュで建物の奥などに行ってしまうのだけど、そのあと物凄い悲鳴がして、異形を引き連れてハチがご帰還。
木暮くん達が代わりに戦って、ハチからお礼にちょっといいアイテムをもらって終了。

まあ、一回目はよかったんだ。それでも。

そのあと、未知異形排除要請というのが来て、同じように指定されたところまでいって、ソウルリバースという以前どこかであったような異形と戦闘。でも、本体は一向に戦ってくれなく、部下っぽいザコキャラをよこすから、よく分からず戦ってクリア。

というのを、それぞれ5回、合計10回繰り返したかな?
カレーケアはとっくになくなってしまい、もう戻れば順番に依頼が復活してくるし、イヤになってしまって、次のミッションにいくことにした。

WIZ機関の連中が、今度はTVサクラに出入りしている情報を掴み、木暮くん達にゴーの指令が。
とりあえず、潜入して、捜査しないといけないのだから、怪しまれないような目的でテレビ局に入らないといけなく。
ASB44のオーディションと、高校生のクイズ番組があって、海斗くんがどちらに出たいですか? と。
もちろん。

オーディション! で・・・・!!!!

力強く答えた木暮くん達だったのですが、瞬殺の如く却下されて。
理由は、オーディションは個人、クイズ番組はグループだったかららしく、だったら変な二択を出さなければいいのに。
何故か一番フィネガンががっかりしていて。
そのフィネガンを、珍しくロキが慰めながら、テレビ局に向かったのだけど。
そこに、目黒興子ちゃんが。
彼女は、ネメシスサイトの理解者の一人で、木暮くん達が正義の味方で日々戦っていると信じて疑わない、いい子なんだけど、いろいろ捜査にも協力してくれるし。
うーん、でも遊葉の住人のためいつもいつも何か神出鬼没というか、要所要所で会ってしまうところが凄い。
今回は当然、遊葉の住人としてはASB44のオーディションを受けに来たのだけど、木暮くん達が任務でクイズ番組に出ることも理解してくれ、応援してくれて。

まあ、無事、クイズ番組をは勝ち抜いて予選突破、本選に向かうことになったのだけど、そのあと、すぐに後ろから呼ばれて。


アビス6


画面、暗くなっちゃって、ごめん。
何と、規子さんが、興子ちゃんと一緒にASB44のオーディションを受けたらしく、水着に着替えさせられて、アニソンを歌ったとか。
見たかったな。
どうやら、木暮くん達がクイズ番組の予選敗退した時の保険で出てくれたらしいのだけど、何と声をかけていいやら。

その時、丁度WIZ機関の男女を見つけ、木暮くん達はクイズを忘れて、後を付けていったのだけど。
海斗くんからエスパイス経由でその男女のエスパイスをハッキング、気がつかれて逃げられたけど、ウィザーIDをゲット出来て、追跡。
どうやら、遊霊病棟に入っていったみたいなんだけど。
とりあえず目的は果たしたので、これからその男女を追いかけて、遊霊病棟にゴー。
規子さんと興子ちゃんがASB44のオーディション、受かったのか凄い気になるけど。

これからまた行ってまいります。
スポンサーサイト
身の潔白も晴れた木暮くん達に、新たなミッションが。

スプロールテラー(一部切り取る、あの事件)の再捜査指令が。
場所はGHQ墓地。
長門管理官の異形を倒した際、その残骸からゲノムコードを採取、海斗くんが研究して、どうやらそれが開かなかった場所の鍵の代わりになるらしく、それを持って行くことに。
同時に、場所がGHQ墓地なら、ユン・テヒョンちゃんを探しに行くのも一緒にすることにして、元気よく墓地にゴー。

どちらも、前回途中までしか埋められなかったマップの区域内にあるらしく、途中いろんな奴に絡まれながらも近くまで到達。
小さな建物で、鍵が開かなかったところがあるため、そこに勇んで行ったところ、その建物から地下に入れることが判り、今まで表から行かれなかったマップ部分にいかれることも判って、どんどん進んでみたところ。
異質なコードの塊みたいな物に遭遇。
一緒にWIZ機関の男女にも会ったのだけど、どうやらそのコードの塊がコードブレイクみたいな技を持っていて、一瞬でその男女が消去されてしまい。
これから戦闘、というところで、木暮くん達が持っていたエスパイスが聞いたことのないような音を立てて、その場所が爆発するか何かの危険があるためすぐに逃げろと。
どうやらそのコードの塊が原因みたいなのだけど、WIZ機関の男女を消したあとに消滅してしまった。

その途端、学長より、帰還命令が。
どうやら、よっぽどやばいことをしていて、そのやばいところに木暮くん達が入り込んでしまったため、外交手段を執ってまで、その敷地から追い出そうとしたらしく。
もう少しだったのに、帰ることになってしまって残念。
学長も海斗くんもみんな、凄い残念がっていたけど、まあ、これで怪しいことが100%証明されたようなものなので、今度は別口から攻めていくと張り切っていたけど。

ユン・テヒョンちゃんは?

いきなり帰還命令が来たため、放置して帰ってきてしまったのだけど、GHQ墓地も立ち入り禁止が強化されてしまったので、もう入れないし。
・・・って思っていたら、ミッションごとにちょっと時間差があるみたいで、どうやらこの件だけに関しては入ることが出来るみたい。
なので、気を取り直して、WIZ機関と戦った場所のちょっと先の方まで足を伸ばしてみたところ。
TPFの残党がいて。
でも、ちょっと遅く、ユン・テヒョンちゃんは王子を復活させるため、別のところに移動されたあとのようで、代わりに、英語のコーエン先生が。
どこに行ってしまったのか、誰も気にしていなかったのだけど、とりあえず何故かTPFと行動を共にして。
拘留されている王子を助け出すために、いろんな悪さをしているTPFの残党がいるらしく、まさしくこの方達が、そう。
もちろん、相手は、ゴブリンプリンセス。
自分のこと、王子部隊NO.7っていっていたし、ゴブリンプリンセスで出来ている部隊があるのかと思ったら、結構感動してしまった。ちなみに、先日戦った方は妹らしく、NO.9だといっていた。
この7番目のお姉さんの必殺技は流し目らしく、極太マスカラによる流し目にうっかり見とれてしまった木暮くん達のユニオンゲージが再び0に。
・・・もう慣れたから、驚かないけど。

戦闘が始まり、この間の妹よりはやっぱり強かったみたいだけど、イモコウォリアー(馬に乗ったハニワみたいなの)にも襲われて、応戦。
木暮くん達、レベル18。適正レベルなのか、もうよく分からなくて。ブラッド1体のせいか結構強いので、余り苦戦せず、勝利。
何だかあんまりゴブリンプリンセスにも有り難みがなくなってきてしまって。変身シーンは見るわ、しつこいわ、お茶目な部分が全くないわで、うーん、残念だわ。
あと何体来るんだろうなあ。

とりあえず倒してから学校に戻って、報告。みはるさんと一緒にもっと探ってみて、必ず助け出すとみんなでうなずいたあと、新しいミッションが。
メインミッションの方が今作戦検討中みたいで、サブミッションが続くのだけど、今度は新人隊員研修補助だそうで、新人に害が及ばないようサポートすることが目的らしい。
早速その新人が呼ばれてきたのだけど。

ハチ、だった。

あの、いつも迷子の、カレー好きな、この間駅で他のXPD隊員から庇ってくれて、バベルでは棺桶に引きずり込まれていた、ハチ。
何でも、彼女は(女の子だったらしい)、エクスのラボで調査したところ、極めて特殊な体質の持ち主であったことが判明。


アビス5


木暮くん達がエスパイスという機械を使ってコードライズするのとは違い、自分の肉体で突発的にコードライズしてしまう特異体質らしく。
もちろん、能力は未知数で曖昧、限定的な力しかないようなのだけど、興味深い現象だと海斗くんが興奮して。ハチに研究のため、研修協力をしてもらうことになり、異形に対する戦闘能力の実験から始めることになって。
木暮くん達は、その間ハチに危害が及ばないようサポートすることになり。
ちょっと、楽しそう。

ということで、みんなで楽しく、森本ビル(←指定された)まで行ってきます。きっと、カレーを持って、みんなピクニック気分で行くんだわ。
長門管理官の異形の方が強かった。・・・兄貴より、全然。

海斗くん達に言われた通り、アビス線上りの少し先の部屋に行ったところ、エリアライズされているため、電車の中のはずなのに空間変だし。
ちょこんと、待っている方がいて。
もう既に異形の正体をさらしているため、うーん、やっぱりあの黄色い奴だった。
命令されたコード通りに動くだけの異形のため、情けは無用ときっぱり海斗くんにいわれ。まだ少し管理官の片鱗を残しているみたいだったから、戦うのも躊躇う状況だし。

それでも、向こうも戦う気満々で、戦闘開始になったのだけど。
結構強かった。
一気に三人ほど戦闘不能になってしまいやり直しになったりして。毒の状態異常は付けられるし、うーん、気をぬくと次々と死んでいくため、作戦を変えないといけなくなってしまって。
兄貴との戦闘、楽だったなあ。

木暮くんが集中からの連撃三段をかけるのだけど、どうしてもそのタイムラグにいろいろされてしまうため、普通に殴ることにして。
普通に殴ってもそれなりにいい数値が出るため、最近この連撃三段が役に立つのか疑問だったのだけど、ここでそれが顕著に。
あとはユニオンゲージで、マジックシェルⅠをマスト、ピンチの時は最初に行動を起こせる物を使って、カバー。
今回は前回の轍を踏まないようにして、最初からユニオンゲージをボス戦だけ使っている。あとは要所要所で。なので、今、ゲージが17くらいまで増えて、結構助かる。
あとは、そんなに長引かなそうだったので、かりかさんに毎回マルチケア(全員小回復)をかけて、イージスで削られるフィネガンに時々ハイケアをかけてあげてと、とりあえず誰も死なないことを目指したら、呆気なく勝利。
どうやら、勝因は、木暮くんが毎回毎回がっつんがっつん拳を唸らせたため、結構なダメージになったよう。集中してからの連撃三段より、普通に殴ることの方が効率がいいみたい。・・・今まで余り気にしていなかったのだけど、今度からはちょっと変えて見ようかと思った。

そして、管理官を倒したあと、学校に戻ったら。
結構いい話が来ていて。
管理官が式典で正体を現したため、マスコミ等に抑えが効かなくなってしまい、困った政府が、からくりが判ったこともあって、新しい異形のせいにしてくれれば学長以下エクスの犯罪の疑いを晴らして、晴れて元の身分に戻してくれるとか。・・・何か偉そうだけど。
恩を売る形で学長がそれを受けたらしいのだけど、まあ、これで晴れて元の生活に。
でも、学校の司令部は、海斗くんが大爆発を起こさせたため、パーになっているし、この秘密基地の中の施設では満足な研究も出来なく困っていたら。
いったん帰っていた真麻ちゃんが、村正天明さんから言付けを言いつけられて、またしばらく木暮くん達と一緒にいることに。
その代わり、司令部もとい、学校を元通りにしてくれて、しかも、おまけとして、今の世界では実現出来ていなかった機能も入った最新の設備にしてくれたらしく、海斗くんが大喜びで。

これでしばらくは平和に暮らせると思っていたら。
まあ、れいの新しい異形の事件を再捜査することになり、張り切って出かけようとした木暮くん達に、補習の命令が。
どうやら、指名手配されていたことは公にはなっていなかったのだけど、結局出席日数が足りなくなってしまい、補習を受けることになったらしい。ジョニー・桜庭も一緒に。向こうは留年がかかっているから大変そうだけど。
規子さんも、成績がいいのに同じく補習組になってしまい、木暮くん達と一緒に席に着いたのだけど。
途中で、海斗くんからの呼び出しが。
みはるさん情報で、中等部のユン・テヒョンちゃんがTPFの残党と一緒にGHQ墓地に入っていったらしく、これから助けにいってほしいと。
何か、洗脳されているっぽいので、連れて帰ってこられるのか心配だけど、まあ、バベルで元気に出てきていたから大丈夫かなあ。

これから連れ戻しにいかないといけないのですが、セブンスドラゴンⅢCODE:VFOの体験版配信日のため、大変揺れています。
ああ、凄い気になる。
とりあえず、行ってきます。
作戦は、こう。
木暮くん達が陽動作戦を行っている間、ジョニー・桜庭が式典に参加している長門管理官に近づいて、コードブレイクかければ、終了。

なので、木暮くん達は、銀座よりアビス線上りに乗り込み、敵を引きつけることに。
もちろん、WIZ機関の連中に、木暮くん達のことだけはバレバレにして。
問題は、アビス線上りがまたワープするような作りになっていて、とても一直線に海斗くんに指定されたポイントまでいかれず、うろうろ、うろうろ。
その間に、ジョニー・桜庭からは潜入した、ターゲットロックオンした、という連絡が入ってきて、早く指定ポイントにいって暴れないとジョニー・桜庭の方が危なくなってしまうし。

式典の空間と重なっている座標ポイントらしいのだけど、何とかそこまでいかれた時、ちょっと広めの部屋に出て。

X-ウィザーが襲いかかってきた。

そう、あの、海斗くんの兄貴。
長門管理官がどうなろうと構わない(←バレバレ)、自分が求めるのは究極の力だと。強くなりたいだけだから、自分を強くしてくれるなら相手がWIZ機関でも、エクスでもいいとか、訳の分からないことをいわれて。
どうやら戦わないといけないみたいで、まあ、陽動作戦としてはこいつでもいいかということで、木暮くんが戦闘態勢に入って、構えた時。
兄貴が必殺技を出すといってきて。
メガテン。何が出てくるのかとわくわくして待っていたら。

分身の術・・・?

そういえば、兄弟共々頭のいい人達だったから、自分でも何か作り出したらしく、現化物理情報迷彩、イルーシブ・シャドウだとか何とか。
呆気にとられた木暮くん達の目の前に、X-ウィザーが二体。どうやら、何かのコードの原理を使って、分離したか、コピーしたか、したらしいのだけど、「へっ、こいつが見切れるか・・・!」 と凄い得意げにいわれて。

木暮くんとロキが、かつてないくらい冷たく、失笑。

要するに、二人一辺に倒しちゃえばいいんだろうと。一人を選んで、だから何だというのかと。
うちのユニットでも一、二を争うくらいの美形さんのため、そのこれ以上ないくらい冷たく笑った顔は大変衝撃的でございまして、兄貴が真っ赤を通り越して真っ青になるくらい。
怒り狂った兄貴との戦闘は面倒くさくて。
どうやら女子供も容赦しない、というアレな性格らしく、かりかさんに向かって物凄い蹴りが。
余りに酷かったので、ログを確認してみたら、「XⅡウィザーBは かりかに 空中からのトゥブレードの華麗な連撃を浴びせた! フィネガンは かりかを護った! 2回ヒット! フィネガンに98のダメージが!」
当然、イージスでフィネガンが庇ったのだけど、思いっきり蹴られて、HPはガツンと減るわ、そのあと鬱状態になる状態異常は付けられるわで、さんざんなことに。
大和がアイテムで治してくれたけど。他のメンバーもいろいろなことをされるため、その都度アイテムで治したり、ブレインスパイアをかけたり、間に合わなければアイテムで回復してくれたり、挙げ句の果てには大和自身が鬱になってしまったりと、今回大活躍。大変忙しかった。

木暮くんは集中してからの連撃三段で容赦なく殴りつけているし、ロキも怒って、全体の火炎魔法をかけまくっているしで、大変ヒートアップした戦いになったのだけど。
結構三人くらい鬱状態にさせられて、困ってしまった。鬱状態になると、行動不能になってしまい、ぼーっとうずくまっているだけなので、状態異常を防ぐスキルを大和にかけさせたりもしたのだけど、余り役にも立たなくて。
でも、珍しく怒っている木暮くん達の敵ではなく、しばらく戦うと、兄貴が膝をついて、元の姿に戻って。
うーん、負荷がかかりすぎたらしいのだけど。しかも、あばら骨がいっちゃったとか、脾臓破裂とか、骨折十何ヶ所とか、結構な重症に。
勝負がついた時に、またもや来客が。

Zウィザー。・・・アリスが来た。

ボロボロの兄貴を追い返して(結果的に助けてあげたよう)、何度も忠告しているのに言うことを聞かないと木暮くん達を怒るのだけど。
さすがに返す言葉がなくなり、でも、女性に手を上げるのは本意ではないため、ぐっとこらえた木暮くん達を後ろに追いやり、かりかさんが。
女同士なら、オッケーかと。
いきなりアリスのところに走り寄り、抱え込み肘打ちからのエンプレスヒールを入れて。
・・・ってことを、してやりたかった。のだけど。

学長が出てきて。
父娘対決が始まってしまった。
母親が生きていることを自分に黙っていて、コードライズの能力を利用するため、母親は死んだとウソをついて自分を引き留めていたのかと激怒。
反対に学長としては、死んだと思っていたのだが、実際その時に立ち会えなかったので真偽が分からず、自分も死んだとばかり思っていたと説明するも、当然こじれて。
めんどくせえ・・・。
荒垣さんが小さく呟いて、その途端、ジョニー・桜庭からやっと連絡が。
これからコードブレイクをかけるから、もう少しだけ時間稼ぎをしてほしいと。学長から木暮くん達にこっそり待機のサインが出て、待つこと数分、ジョニー・桜庭から勝利宣言が。
物の見事に、長門管理官にコードブレイクをかけたらしく、その管理官が元の異形に戻ってしまい、会場が大パニックに。
あ~、何か、記憶ある。バベルでプリズンみたいなところを走り回って、ゴブリンプリンセスに翻弄されていた時に、出てきたあの異形だ。管理官が正体を現して、結構強くて大変だった奴。

それを聴いたアリスが自分が陽動作戦にまんまとはまってしまったことに気がついて、怒って帰ってしまい。
同じく学長も、これ幸いと学校に戻ってしまい、残された木暮くん達に、海斗くんと規子さんが。
その管理官の異形をこのアビス線上りのちょっと行ったところに転移させておいたから、あとよろしく、と。
みんなで顔を見合わせて。
とりあえず、行くか・・・とロキが歩き出し。

これから、その異形と対決でございます。
アイリスからの依頼は、バベルスフィアに入り込んで悪さをしているWIZ機関の連中の掃討。

作りは余り変わっていないみたいで、とりあえず覚えているワープポイントを歩いて、要所要所に入り込んでいるWIZ機関の連中と戦闘。
こいつらにはまだ、負ける気がしない。
結構歩いたけど、これで雑魚を片付けたので、アイリスに中心部のC3まで送ってもらい、残りの連中を片付けることに。

でも、アリスのお母さんが来て。

何だかいろいろ嫌みを言われ、日本人はだから甘いと。
自分は甘くないから、娘のアリスは道具として役に立ってもらうわ、と言い放って。・・・実の娘の前で、いえよ。
ロキが小さく呟いていたけど。
聞こえたらしく、WIZ機関のエキスパートらしき連中を置いていかれて、戦闘。
先日から怒りを持続させているロキと木暮くんが飛びかかっていくくらいの勢いで戦いだし、軽く勝利。
だからといって、気分が晴れる訳もなく。
フィネガンと荒垣さんに慰められながら、学校に戻ったのだけど。

学校に戻る前に、真麻ちゃんに遭遇。
黒い動物、みませんでした? って聞かれて、ムーラのことかと思ったのだけど、とりあえず最近みていなかったのでその旨伝えたところ、どうやら、本物の真麻ちゃんだったらしく。
あ~、じゃあ、先般まで会っていたのは、ムーラと真麻(シンア)方だったのかと納得。
確か逃げられちゃって、探していた記憶が。
だったら、みたよっていってあげればよかったと後悔。もう遅いけど。
村正天明の娘であることいわれて、そこで別れたのだけど、学校に戻ってきたら、何とテレポートしてやってきて。
うん、この世界を作った人だもんね、何でも出来ちゃうよね。
父親にこの世界をみてくるよういわれてやってきたみたいなのだけど、木暮くん達が案内することになり、行かれる場所、上から順に一周して。
そのたびにコンタクトを取るから、知っている人が懐かしく話しかけてくれたりして、真麻ちゃんも楽しかったみたいで。
でも、再び、日輪学園駅に行ってしまった時、ハチに見つかり、説教。
自分がこれだけ苦労して庇っているのだから、余りうろうろしないでくれと、遠回しに言われて、反省して戻っていった木暮くん達。
ごめんね、ハチ。

まあ、一周したので、学校に戻ったのだけど、そこで、新たなミッションが。
遂にあの長門管理官を追い詰めるためのチャンスがやってきて。
何でも、何かの式典に出席するらしく、そこで、コードブレイクをかけてやろうというのが作戦。
で、誰が、そのコードブレイクをするのかというと。
ジョニー・桜庭。
どうやら、WIZ機関に取り込まれている時にコードブレイク技を身体に埋め込まれたらしく、人間兵器になっているようで。
最終的に、木暮くん達にぶつけようとしていたのではないかと推測されているけど、ある物は使おうということになって。
もちろん、ノコノコ出て行ったら失敗するだろうから、木暮くん達が別のところで暴れまくって陽動作戦をすることに。
銀座から出ているアビス戦上りの空間を転移させて、そこにWIZ機関の連中をおびき出し、その隙にジョニー・桜庭が長門管理官にコードブレイクする手はずになったのだけど。

大丈夫か、ジョニー・桜庭。
頑張ってきます。
次のミッションは、早速ジョニー・桜庭が役に立ってくれて。

立ち往生している木暮くん達に有益な情報が。
管理官が怪しい行動を取っているということで、何でも、GHQの墓地に頻繁に通っているらしい。
あそこはどこかの国が管理しているため、そうそう中には入れるところでもなく、管理官が用事があって通うようなところでもないため、怪しさ爆発。
もちろん、木暮くん達が気楽に入れる場所でもないのだけど、そこを学長の一言が。

「幸い、我々は、犯罪者だし」

指名手配を受けている身で、これ以上何を怖いことがあろうかと。
よじ登って入っちゃえ、といわれ、GHQ墓地へ。・・・確かここ、凄い広くて、ゾンビが一杯いるところだった記憶が。
引田先輩に微かに会えた場所で、あのハチが棺桶に入れられていたところだったはず。
縁があるなあ。
とりあえず、よく分からないから埋められるだけマップを埋めるかと、ひたすら歩き回って。
ゾンビは出てくるし、自由の女神の上半身だけみたいなのも出てくるし、何か身体が二つに縦に裂かれた方みたいなのも出てくるし、墓地だけあって、変な状態異常の攻撃を仕掛けてくるしで、大変だったけど。

何と、とある小さな建物の前を通りかかった時に、あのゴブリンプリンセスに遭遇。
元は、TPFの残党のようなのだけど、こっちを見るのよ、ネメシスサイト! みたいにいわれ、木暮くん達の前でいきなりゴブリンプリンセスに変身して、なまめかしい踊りを披露されて。

ユニオンゲージが、一気に0に。

不覚にも魅入ってしまい、感動する前に、驚愕。
ユニオンゲージ0なんて、戦闘中でもお目にかかったことまだないのに。一気にか~~。
凄いなあ、ゴブリンプリンセス。
そのまま当然戦闘になってしまって。
大至急、大和に覚えていたスキル、ブレインスパイアでユニオンゲージを戻してもらい。
今回のアビスでは、ブラッドが一つだけのせいか、結構性能がよくて、強いような気がする。前回のバベルでは拓留くんがブレインスパイアを頑張ってかけてくれていたけど、結構失敗してゲージがなくなってしまうこととか多くて。
今回大和は失敗知らずだし。お陰で戦闘で大変お役立ち。
代わりに、ロック解除の失敗率が半端なくて。酷い時20回くらいかかって出来なかった時があった。特にこのGHQのその建物のドアかなあ、酷かったなあ。
結構な雨の中、失敗する大和に傘を差しながら、木暮くん達みんなずぶ濡れで。
待っている間、規子さんが持たせてくれた水筒のお茶をみんなで飲んだりして。(←想像。会社みたいね)

ゴブリンプリンセスを泣く泣く倒して、中に入った木暮くん達が、棺桶に入った管理官を見つけて。
どうやら、とっくに殺されていたみたいで、そのコードを使ってコピーを作って、CPOによこしていたらしい。
でも、コピーだし、先日同じ研究をしていた学長のものより粗悪品みたいで、たびたびメンテをするか、取り替えるかしないとダメらしく、それでお墓に通っていたらしい。
それだけ判れば十分なので、学校に戻って報告。
でも、全く証拠がないため、みんなの前で管理官をコードブレイクするのが一番らしいのだけど。
うちの家出娘帰ってこないかなあ、って学長が呑気なことをいっていたけど(アリスがコードブレイクできるから)、木暮くんから鉄拳、ロキからメギドラオンが出そうなくらいだった。

その時、バベルスフィアにいるアイリスからSOSが入り、いったんその問題は置いておくことになって。
何かピンチになったらしいので、これからそれを調べにバベルスフィア入りすることになり。
いいんだけど、あの苦労したマップをまた一から歩くのかと思うと、どよ~ん。セブンハンドが何度も逆襲してくるのと、またマップ歩くのと、どちらが楽だったかなあ、みたいに考えてしまった。
これからまた行ってきます。・・・何かちょっと疲れちゃった。セブンスドラゴンⅢCODE:VFOの体験版に揺れる自分を抑える自信がございません。
かつてないほどの怒りを持って、ダンジョン探索をしている木暮くん達なのですが。

引田先輩亡き後、最初のミッションが、学園内にいるWIZ機関のスパイを探すことなのだけど、探偵のみはるさんから有力な情報が。
しかも、亡き引田先輩がみはるさんにリークして、あとを託したというちょっと涙が出そうなシチュエーションで。
ロキが張りきるのなんのって、言葉に出来ません。

スパイを見かけた、こいつだ・・・! と名指しで。

誰かと思ったら。
お笑い名人を目指しているジョニー・桜庭で。意外にもこの人なんだと思った。
余りにも意外だったので、裏を取るため、彼自身を探して問い詰めようと、みはるさんと一緒に街を歩き回って。
もちろんお尋ね者なので、余り堂々と歩けないから、海斗くんが分析して、ジョニー・桜庭がいないらしきところをピックアップしてもらい、それ以外のところを探せといわれたのだけど、いつもの如く、間違えて行っちゃいけないところに行ってしまった木暮くん達。
いざとなったら私が何とかしてあげる、ってみはるさん、いってくれていたのだけど。

日輪学園駅で、XPDに目を付けられ、職質される木暮くん達。
どうやら懇意にしているXPDの人達ではないみたいで、木暮くん達のこと知らないみたいだから、身分証を出せみたいな話になってしまって。
みはるさんが、私にも聞いてよ~~と誤魔化そうとしてくれたけど一向に功を奏さず、ピンチに。
あわや、ばれそうになった時に、助けてくれた人が。

ハチ。

あの、迷子のハチが後ろから顔を出してくれて、そのXPDの人に、「期間限定カレーが本日最終日であること」を教えてあげて。
どうやらカレー仲間らしく、あおるだけあおったあと、自分が代わりに職質するから休憩時間になったし食べに行ってこいよ、と。
喜び勇んでその人が行ってしまったあと、「学生さん、行っていいよ」 ってウインクして見逃してくれて。
いい奴だな~~~、ハチ。
今回、もっと迷子の依頼を受けてあげればよかったと、ちょっと反省した。でも、キリなかったし。
バベルの時に、棺桶に閉じ込められたいたのを助けてあげてよかった。もちろん当然助けてあげるけど、今、本当心の底からそう思う。

ハチの友情に感謝して、ジョニー・桜庭の居場所も見つけて、勇んで向かった木暮くん達の前に、WIZ機関の男女と一緒に言い合っているジョニーの姿が。
やっぱり、本当にスパイだったらしく。
まあ、事情があったみたいで、両親に危害を加える脅迫を受けて協力していたみたいなのだけど、余りにエスカレートしてくるため、断って、縁を切ろうしたところ、殺されかけて。

ジョニーを助けますか? という質問が。

木暮くん達は根がいい人だから、当然、イエス。
黒服の男女と戦闘になり、勝利。ノーを選んでいても、結局戦闘になって助けたのだろうけど。寝覚めが悪そうだし。
ジョニー・桜庭を連れて学校に戻り、今までの話を聞いて。
助けてもらった恩を返すのと、両親に危害が及ばないように配慮してもらえることが判ったので、これからは木暮くん達に協力することになり。

うーん、役に立ってくれればいいけど。

何か、ハチの友情がヤケに嬉しくて、それだけが印象的だったミッションでございました。
本日、ひょんなことから、10/15発売で、しっかり買う予定でいるセブンスドラゴンⅢCODE:VFOに、9/30から体験版の配信があることを知って。

うーん、悩むわ。

やってみたいとは思うのだけど、余りにもしばりが多くて。
例えば、育成はレベル10までとか、キャラクター固定での体験版、本編に移ったら外見からボイスまで全部変更可能とか。
髪の色とか変えるくらいならいいのだけど、全く別人になってしまうのは何かイヤだというか、今まで戦ってきたキャラがお気の毒というか。

公式サイトを全く見ていなかったので、ついでにいろいろ知ったのだけど、今回パーティ3組、合計9人キャラ必要とか、でも、戦闘はその1ユニット3人でするみたいで、何かシステムから何まで刷新されていて、メマイ。
三人だけでいいんだけど。

しかも、体験版をすると、本編に移った時に、経験値1.2倍のアクセとか、ゲット出来るスキルポイント1.2倍のアクセとか、ステータスアップのアクセとか、10000Az(ゲーム内のマネー))とか、もらえるらしい。
いいなあ。
あと、恐ろしいことに、有料DLCがてんこ盛りだったような。

体験版、ダウンロードするだけでもいいのかなあ。プレイしないとダメなのかなあ。
と妙なところで、悩んで。
今、別のゲームをしているので、いきなり体験版っていわれても困るし。もちろん、出たら、ちょっと中断して、セブンスドラゴンⅢCODE:VFOにいくつもりではがっつりあるけど。

まあ、でも、別にいらないか。
実際、セブンスドラゴンⅠ、Ⅱをプレイした時も、使っていなかった気がするし。その経験値アップのアクセとか。

どうしようか、悩んでおりますが。

何だかんだいっても、楽しみでございます。
引田先輩の命と引き替えに、逃げ出せた木暮くん達なのですが。

一足先に逃げ出していた、学長と海斗くん、規子さんと合流。
学校の丁度グラウンドの下辺りに、昔の基地跡があり、そこに潜伏。元の司令部ほどの機能はないみたいなのだけど、当座をしのげるくらいには使えるみたいで、学長達に今までの出来事を全部報告して。
もちろん、引田先輩のことも。
開発ラボと医療ラボが一緒になっている部屋で、コードブレイク状態を治してもらい、復活。
ブラッドコードがないと戦えないところが、凄い切ない。頑張っているのだけど、やっぱり異形には対抗できる力がないと何も出来ないのが悲しい。

学長以下ご一行様が全員指名手配されてしまい。
でも、それを公に報道するのを止めてくれている人もいるみたいで。
エクスと一緒に頑張ってきた人達は、みんなエクスの味方で。XPDの不破さんや、みはるさんから連絡も入って、これから水面下で共同戦線張ることになり、濡れ衣を晴らすため、行動を起こすことになった。
特に、不破さんやXPDの人達は、エクスを捕まえる命令を受けていてもかなり手抜きをしてくれていたみたいで、それで結構逃げられたらしい。
あとは、学長の父親が総理大臣で、そこがちょっと抑えてくれたみたいで。・・・そっかあ、やっぱりそうだったのかと。ということは、先般協力してくれた御船の御前は妻側の父ってことね。
学長曰く、アリスは母親の顔を知らないで育ったので、くっついて行ってしまったのではないかと。でも、既に亡くなっている人みたいなんだけど。どうして生きているのか、何で、X-WIZ機関のトップになっているのかは全く判らなくて。

これからみんなで反撃に出ることに。
ブラッドコードも使えるようになったし、それさえ出来れば、ある程度負けないと思うので、あの管理官ご一行にもリベンジだ。
管理官の狙いは、学長達を指名手配の犯罪者にして、CPOを潰すか、あるいは乗っ取るかしようとしていたようで、まだ、正体は分からないまま。
まずは探偵のみはるさんと一緒に、学校に潜伏するWIZ機関のスパイを探し出すことに。
それとは別に学長から、コード収集指令も出ていて。
学長から頼まれたアイテムを持っていくミッションなのだけど、これが最重要とかいう割に、物凄い適当でひっくり返るくらい。その時その時に、これがほしいと指定されるのだけど、聞いたことのないようなものをいわれたりして、凄い悩む。・・・なので、リセット。
どうやら指定する者は凄いランダムらしく、リセットすれば、別のものを指定してくるので、手持ちの中にある物を言われるまで繰り返しリセットして。
終了。楽な物が出てきてくれて、助かった。経験って、怖いわ。ちょっと考えると判っちゃたりもするから、やっぱり経験って大事ね~。
これで、みはるさんとの共同ミッションに行かれるし。

そんな浮かれてもいられないけど。
引田先輩があのような形で亡くなってしまったので、木暮くん達のショックも半端なくて。
特に、ロキが。
結構仲良くしていたと思うのよね。ああいう人、好きだから。きっと、ミッション前の休憩時間にどこかにこもって、一人で泣いているに違いない。
その入り口のところで、フィネガンが壁に背中を預けて立っていて。傍にいてくれているみたいなのだけど。・・・何か、凄いやだな、フィネガンって。
きっと別のところで、木暮くんが大泣きしているだろうし、残りのメンバーが一生懸命慰めていそうな気がする。

とりあえず、泣き止むのを待って、ミッションにいかないと。
目が腫れている二人に気がつかない振りをして(お互いもね)、これから行ってまいります。
アリスと戦う時になった、木暮くんとロキが、大変怖うございます。
アビス4


引田先輩がああああああああああ・・・!!!

怒濤の急展開。
二学期にこんなことがあるなんて。

管理官から呼び出され、怪しい黒服の男達を調べるよう命令された木暮くん達。
怪しい黒服の男達がこの学園の生徒と思われる者と密会してて、CPOの情報を流している疑いがあるとかないとか。
その聞き込みを規子さんも協力してくれることになり、半分デートみたいな感じで(1対6)いろんなところに行って調査。最終的には学校にいたジョニー・桜庭から学徒遂道での目撃情報を聞いて、ゴー。
そこで引田先輩と黒服の男女が一緒にいるのを見つけて。
でも、先輩は、コードライズ能力がなくなっても自分はエクスだといって、先方の申し出を断ったみたいだけど。
X-WIZ機関がどうやら引き抜きをしようとしていたみたいで、断られた腹いせに、木暮くん達共々抹殺しようと襲いかかってきた。
もちろん、逆襲。
難なく勝利して、ついでに手配異形まで出てきたので、それも一緒に片付けて、引田先輩と別れて学校に戻ってきたのだけど。

ミッションクリアしても、その管理官の感じの悪さは変わらず。
またまた新しい任務があり、今度は管理官お手製のPDロボを探しに、森本ビルに。人間では危ないため、管理官が探索型のロボットを作って、新しくアビス化が確認された森本ビルを探索させたら酷いことになってしまって。
以前崩落していた階段が復活していて、何と上の階28階に上がれるようになり。反対に下の階は全部潰れちゃったみたいなのだけど、その28階に強引にロボット軍団を投入したら行方不明になってしまったとか。
命をかけて、回収してこい、といわれて。
海斗くんが怒っていたけど、行かない訳にもいかず、森本ビル28階に。
探索自体は難しいものでもなく、ロボット軍団も立ち往生しているところを見つけて回収したのだけど、そこからが地獄だった。

Zウィザーが出てきて。Xの方は兄貴だったのだけど、Zの方がやっぱりアリスで。
変な仮面を外して、正体をばらしたのはいいのだけど、反対にもうエクスなんてやめて、記憶を消去する措置を受けて一般人に戻れ、なんていわれた。
メガテンの、木暮くん達。
どうやら、アリスはやっぱり拉致されたのではなく、自分から敵に寝返ったみたいで。CPOの偉い人達が、そのアリスからCPOの情報が敵に流されるのではないかと懸念されて、探すよういわれていたのはあながち間違えていなかったようで。
何でだか不思議に思っていたら、何と、アリスのお母さんが登場。
凄い美人で、局長の奥さんか~と思っていたら、どうやらX-WIZ機関のトップらしく、アリスに木暮くん達をコードブレイクさせて、二度と立ち上がれないようにしろと命令して。
そのまま聞く、アリスもアリスだと思うけど。
一瞬でコードブレイクされて、ピンチに。普通の人と同じになってしまい、しかもHPが平均60くらい。
ブラッドも、武器も防具もない状況でアビスにいる危ない状態なのだけど、そのままXPDが来て、逮捕されてしまって。
学校の司令部に連れてこられて、管理官から犯罪者扱い。
学長も海斗くんも逮捕され、木暮くん達もピンチになった時に、海斗くんより連絡。その司令部を自爆させるので、すぐそこから逃げろと。駅から電車に乗って、一番前の車両から脱出できるといわれ、脱兎の如く逃げ出した木暮くん達。
無事、駅までついて、列車に乗れたのまではよかったのだけど、管理官PDロボが山ほど追いかけてきて。

絶体絶命だったけど、引田先輩が木暮くん達を助けてくれた。
コードブレイクして、一般人と同じになってしまった場合、自分の方が経験豊かだから、一緒に来いといわれ、もちろんご一緒させてもらったのだけど。
引田先輩、好きだったのに。結構ロキ、フィネガンと年が一番近いと思うので、うーん、道で会ったりした時、ロキが強引に引田先輩を引っ張って一緒にご飯でも食べていたような気がする。
でも、やっぱり電車の中でも、PDロボが追いかけてきて。
引田先輩と一緒に戦闘。
前後ろから挟み撃ちされてしまったので、引田先輩と別れて戦ったのだけど、うちは前列の木暮くん、荒垣さん、フィネガンしか戦えず、しかも、後ろ三人をそれぞれ一人ずつ護らないといけなく、且つ、素手で殴るだけだったので、気が遠くなるかと思った。
一番がっつんがっつん殴っていたのがもちろん木暮くんで、一番ダメージを受けたのが荒垣さんだった。みんな結構ボコボコされた頃、やっとロボが全滅してくれた。殴っても、多くてダメージが2しか出ないから、凄い辛かった。

さあ、脱出だ、と動いた時山ほどのPDロボが再び迫ってきて。
さすがにヤバい状況になり、木暮くん達が戦う気満々で飛びかかろうとした時、引田先輩が。
コートの下に山ほどの爆薬を下げていて、木暮くん達を護るため、ロボ軍団に突っ込んでいってしまった。
「共に戦えて、光栄だったよ」 っていって。
亡くなってしまうのは、バベルで知っていたのだけど、まさか木暮くん達を庇って亡くなってしまうなどとは思ってもいなかったから。
物凄い、ショックだった。
GHQの墓地でだったか、引田先輩に会えた時、知っていたら号泣だった。
みんな、号泣したんだろうなあ、私が逆から始めてしまったので、今頃いろいろ判ったというか、余りにも酷すぎる。

今更ながら、引田先輩率いる、エクスに入ってみたかったと、本当そう思いました。(もと隊長だったし)
二学期があっという間に始まって、学長の実は短かった朝礼の最中、異形の出現確認ということで呼び出された木暮くん達。
そこでまた学長からの話が、改めて。
人間や物の一部がえぐり取られるような事件が起こってきていることを始め、アリスが行方不明になっていることも改めて聞かされ。
自宅から普通にいなくなったらしいので、特に争った形跡などもないことから自発的失踪の扱いになってしまうとか。もちろん、それをそのまま信じる者はエクスにはいないため、他の事件と一緒にアリスの捜索も当たることになったのだけど。

いなくなったアリスの代わりに、隊長代理に海斗くん、そして、そのサポートにあの規子さんがつくことになり、みんな無事でよかったと思った反面、アリスがいなくなったことでCPOの政治的責任が追及され、管理官が送られてきて。
うん、やっぱり、ゴブリンプリンセス達と一緒に牢獄みたいなところのボスになっていた、あのおじさんだった。あの時は死んでいたらしいので、何でここにいるのかホラーな話だったのだけど、今はまだ普通の人間みたいなので、一体彼の身に何があったのか、凄い気になる。
結局は監視役としてよこされたみたいで、エクスが任務に対しては自由にやっていいみたいなのだけど、一応上を通して判断を仰ぐとか何とか。ちょっと感じが悪い。
学長曰く、この人を迎えることが現時点で考え得る最良の策とか。(それ以外が余程酷かったらしい)

そんな中、再びハザード事件が起こって。
今回は、懐かしの遊霊病棟で、あそこは廃病院を模ったお化け屋敷なのだけど、アビス化して異形が出現、中に一般人が何人か残されているため、エクスに緊急要請が。
そして、行くことになった木暮くん達なのだけど。
レベルキャップ制限が、解けて。
学長曰く、まあ、説得して、次のレベルキャップ制限を40まで持っていったらしいので、予定ではそれまでにクリアできればいいかなという感じ。
でも、ステータス欄を開けて、メガテン。
うーん、レベル15でその制限が入ったのは判ったのだけど、解除された途端、みんな一律レベル15になったばかりの状態から始まるなんて、何か理不尽。あれだけ経験値を稼いでいたのに、みんな15で、これからの戦闘で稼いでいくような形になっていて、何だかなあ。
レベルキャップ制限が解かれたの、初めてだったから、まさかこんな形で始まるなんて、ならないといいなあって思っていた最悪のパターンだし。

とりあえず、行くしかないため、遊霊病棟に行ったのだけど、ここで、こぶが3匹ほどくっついてきて。
今日は、妹夫婦の家に、弟夫婦と母と遊びに行ったので(長沢は仕事で来られず)、そこに甥っ子姪っ子が3人ほど。
話を聞くと、甥っ子(弟夫婦の息子)は最近ポケモンにはまっているそうで、今幼稚園で凄い流行っているらしい。自分もやりたいので、3DSを買ってくれといっているのらしいのだけど、うーん、さすがにまだ早いのでは? だって、字、読めないし。ポケモンの新しく出たゲームとか出来ないでしょう。
みんな、3DSを持っているとか。凄いなあ。
なので、その、甥っ子と姪っ子達がゲームに興味津々。ご飯を食べに行って待っている間ぽちぽちアビスをしていた私の周囲に群がってきて。

「これ、誰?」 → 「規子ちゃんっていうだよ」
「誰が戦うの?」 → 「6人いて、みんな仲間なんだよ、何とかレンジャーみたいにみんなで戦うんだよ」
と、いろいろ説明して、戦闘シーンなんかもみせてあげたら、ゲームが気に入ったようで。
大きくなったら、自分はアビスをすると、もう一人の甥っ子が。凄いなあ、他の二人がポケモン、ドラえもんっていっている横で、このゲームをするというんだから。
大きくなって、ゲームするようになったら貸してあげる約束をした。
少し戦ったあと、学校に戻ったところで、姪っ子が来て、この人だーれ? って聞いた時に、その甥っ子が「規子ちゃん!」 って代わりに教えてくれたし。凄いなあ。
でも、三人に群がられて、そのあとのゲームの進行が何だかよく分からず。
勝手にゲームの画面を触るので、知らない間に会話が進んでいるし、よく分からなかった。

遊霊病棟を少し歩いた時、一般人の犠牲者を見つけたあと、Zウィザーという、あの兄貴のコピーみたいな奴が出てきて。
ああ、これが、アリスなのかな、って勝手に思ってしまったけど。声が女性だったので、うーん、怪しい。
次に会った時は容赦しない、といわれて逃げられてしまい、戻って海斗くん達に報告。
それも併せてみんなで悩んで、とりあえず、次の呼び出しがあるまで学校頑張ろう、みたいに終わってしまったあと、あの管理官から木暮くん達に召集がかかって。
これから話を聞きに行くのだけど、その規子ちゃんを理解した甥っ子から、自分も一緒にやりたいから次に会う時まで待っててね、といわれ。
ごめんね。約束したのだけど、進んでしまうわ。
もう少し大きくなったら、一緒にモンハンとか出来るのかしら。・・・ちなみに、甥っ子は今幼稚園。自分、何歳だ、おい? とか思ってしまった。
まあ、出来そうな気がするのが、ちょっと人間的に悲しい気持ちになります。
兄貴を追いかけるミッションじゃなくて、時空体のアイリスから通信を妨害して破壊しようとしているイレギュラーを退治してほしいというミッションだった。
兄貴は二学期なのかな。

とりあえず、いったん学校に戻って、ゲットした武器防具をチェック。
もちろん経験値は入らないから、この際考えるのはやめて、チラッと見てみたところ、やっとのやっとで、荒垣さんに装着することが出来るHP+の効果がついている防具をゲット。
頭に付ける可愛いお花なのだけど、この際贅沢も言ってられず。リボンを付けている木暮くんと一緒に、みんなが温かい目で見守ることになってしまったのだけど。
まあ、あとで、ちゃんとメンズ用の(少なくとも男性が所持していてもおかしくない)HP+の防具を二つゲット出来たので、晴れて木暮くんと荒垣さんもばっちり歩けばHP回復に。

そんなこんなで、C3の装置を二つ動かすことが出来、アイリスに報告。
今度はC1という、いつもバベルスフィアに入る最初のダンジョンから、直接C3の中央部に行けと言われたのだけど、一向に入り口が判らず。
鍵かな、とか思って鍵もまた作ったりしたのだけど、違っていたし。
よくよく自分のマップを見ると、一ヶ所だけ歩いていないコマがあり、おかしいなと思っていってみたら、そこからC3の中央部に行かれるワープゾーンだったことが判って。
ご丁寧に最後の最後まで、その部分を歩かなかったらしい。・・・ある意味、凄いな、私。

ワープしてC3に、ちょこっと周囲を歩くと、何と怪しい扉があり、丁度作ってみたバベルキーβで開いて、そのままいきなりボス戦になってしまった。
あとから聞くと、このバベルスフィアとアイリスを護っているガーディアンがそのボスだったみたいなのだけど、何故、このガーディアンがアイリスを壊そうとしていたのか、謎に包まれて。・・・バベルしていたから、何となく、誰がどこで裏から糸を引いているのか判るのだけど、とりあえずは木暮くん達と一緒にビックリして。
戦闘。
やっぱりレベルキャップ制限があるので、強さもその制限内で倒せるくらいの強さに調節されているみたいで、チョロいのなんのって。
マップを歩く方が100万倍大変。
ラスボスみたいなので、とりあえず結構なダメージはくれるのだけど、誰も死なず、うーん、レベルキャップ制限って、考えようによってはとっても楽なシステムなのかもしれない。
バベルではそれがなかったので、出てくる敵出てくるセブンハンド、全部が全部物凄かったもんなあ。泣きそうになったくらい。
でも、途中、ふと見た木暮くんに異変が。
キラキラしたものが降り注いでいて、思わず説明書をガン見してしまった。
瀕死、滅化の治療に必ず失敗する、れいの燃え尽き現象を起こしていることが判り、物凄く焦ったのだけど、どうやら死ななければオッケーみたいで。治療するアイテムなんて持っている訳もなく、実際生存して戦うことが出来るみたいなので、無事生きて帰れば医療ラボのバカンスから復活が出来るらしい。
なので、死んだらやり直すかと思いながら戦ってみたけど、結構ドキドキした。

ガーディアンを倒して、アイリスに報告するのも捨てて、一気に帰還。木暮くんを医療ラボに連れて行って、無事復活した時は嬉しかったなあ。
そのあと、アイリスに報告して、ミッションコンプリート。
そこで初めて、学長達から、レベルキャップ制限の話が出て。レベルを上げると今度はネメシスサイト(木暮くん達のユニット名)が人類の脅威になるから、お偉方が首を縦に振らないと。
ただ、このままでは戦力不足になるから、また掛け合ってみる。それまでに、やり残したことをやっておきなさいと。
うーん、レベルキャップ制限の条件を満たしていない場合の救済措置ね。
話を聞くだに、二学期になるとミッションやマップが全部リセットされて、また新しくなってしまうとか。どうやらやり残していると成長できないみたいし。
おかげさまで、木暮くん達はほぼ全部コンプリートしているため、そのまま進んでしまおうと思っているのだけど。
残っているの、迷子のハチを探す、れいの何度やっても迷子になって、カレーケアだけ消費するアレだ。
なので、そのまま進めてしまって。
一学期が終了、夏休みはみんなで遊びに行きましょうと、海斗くんやアリスからもいわれて喜んでいたのだけど、一瞬で、二学期に変わってしまい、こけた。
うーん、間に、二学期のオープニングが挟まれてはいたけど、何だかいただけない。

人間や建物の一部が切り取られてしまう異常な事件と、あろうことか、アリスが行方不明になっているとか。
代わりに、CPO上層部から管理者がやってきて。アレかなあ、バベルの時にゴブリンプリンセスがいた牢屋みたいなところで異形化したおじさんかな。
そして、今度こそ、ブレインウォッシュされてすっきりしたアリスが出てくるのかなあ、やだなあ、本当、やだなあ。
アリスがいなくなったことで、安全性に疑いがもたれてしまったらしく、エクスもピンチ。
レベルキャップ制限も解除してくれるのか判らないのだけど、これから学長の有り難いお話を拝聴しないといけないため、気が重い。これが朝礼だったら、貧血起こして倒れてるわ、私。

ということで、木暮くん達と一緒に話を聞いて、二学期に進みたいと思います。
とうとう来てしまった、レベルキャップ制限・・・。

兄貴戦が終わったあと、時空体からの依頼を受けて、現在またまたバベルスフィアを爆走中。
前回、メガドリルを探して相当走り回ったので、レベル2のダンジョンまでは行かれるように。本当、一直線。
レベル2のダンジョンで、結構バベルの時に酷い目に遭わせてくれた異形が出てきていたため、ちょっと放置していたら、今回そいつらとバシバシ戦わないといけなくなってしまい。

またまた迷路みたいな感じになっているところを走り回り、現在N(北)1、2、3までクリア。
そして、C3の途中まで踏み込んだけど、別のルートからも入らないといけないらしく、次はS(南)のルートに。
無事、S3まで行くことは出来たのだけど、もうそのあとボス戦かな~なんてのんきなことを考えて戦っていたら、気がつけば、レベルキャップ制限のため、経験値をゲット出来ませんというメッセージが・・・!
遂に来てしまった。
仕方ないので、いったん学校に帰るか、でも、せっかく来たから少しだけ周囲を歩いておくかとうろうろしてみたら。

ディスペルの床が・・・!
魔法系が一切使えない床で、これはヤバいと横に捌けようとした時に、エンカウント。

その途端、画面一杯にワーニングが・・・!

こんな時に、メガドリルが、来た。

手配異形の最終になる奴。
前回凄いうろうろしても全く出会うことが出来ずあきらめていたのだけど、何もこんな時に出て来てくれなくても。
ディスペルの床の上にいるから、全員魔法が使えなくて。
でも、これを逃すといつ会えるか判らないから、せっかくエンカウントゲージ2で出てきてくれたし。
戦うことに。
足りない分はアイテムで回復だ・・・! と勇んで殴りかかっていった木暮くん達なのだけど。
うん、呆気なく勝利。
しかも、誰も回復アイテムを使う間もなく、勝利。・・・もちろん、経験値は一切もらえないんですけどね。

これで、とりあえずは全部のミッションをこなしたので、レベル16に上げさせてくれないかなあ。
せっかくなので学校に戻って、レベル15にアップして、みんなにいろいろと聞き回ったのだけど、誰もその件に関しては話をしてくれなくて。
時空体からの依頼が最後みたいなので、これをクリアすれば何とか解除してもらえるかなあ。
これからあとどれだけ戦っても経験値は無駄になるし、もうこれ以上強くはなれないため、残りのダンジョン、こうなったら逃げまくってやる。
要所要所にいる避けられない奴とだけ戦って、なるべく手間を最小限に抑えて。

うーん、今回やり直してよかった。
前回のままだと、もっと早くレベル15になっていただろうし、手配異形も結構残っていただろうしで、大変なことになるところだった。
ブラッド変えて行ってみるかとも思ったのだけど、またレベル1からだろうし、バベル後半でよく見たような奴ら相手に、それは自殺行為だとも思うし、切ないところだったりする。

気を取り直して、また頑張ります。
兄貴と戦うより、兄貴のところまで行く方が100万倍大変だった・・・!

神楽川閉鎖区。
前回歩いた時、目的を果たしたらサクッと脱出してしまい、もう行かなくてもいいんだろうとホクホクしていたら、兄貴から、そこの中央区を通って日輪アビスまで来いという、果たし状が。
ご丁寧にXPDの隊員を一人人質にして。
東西南北それぞれに入り口があり、その中央に中央区があり、上に階層が一つあり、フロアが3つあり、と上ったり降りたりまたするのかとどよ~んとしていたら、結構前に歩いた時にいろんなところを解除して鍵付きのシャッターとか開けていたので、前よりは楽に通ることが出来たのだけど。

兄貴に会うまでに、半日。戦闘10分くらい?

でも、どうしても、前回用事がなかった南西の区域に行くことが出来なく、目を皿のようにしてネットでマップを確認。
マップの端とか欠けているところを全部埋めるべく歩き回ったのだけど、どうしてもその南西の区域まで行かれず。
兄貴が中央区から日輪アビスの中に行くのにキーが必要だと言い出し、探してから来いや、と。不破さんが怪しいのが南西の区域だと教えてくれて、でも、どうやってそこまで行けばいいのか判らず。
ほぼ歩き尽くしたあと、よくよくみると、さっき通った行き止まりから道が出ていて。

ハイドコードで隠された扉を見逃していたらしい。

仕方なく、再度そこまで行ってみたら、鍵が必要で、でも、木暮くん達持っていないみたいで。
異形が落っことしてくれるのかなと、避けていた戦闘を少しやってみたのだけど、鍵のかの字も落としてくれないし。
またネットで調べてみたら、ハックキーyが必要らしく。・・・どこで手に入れるんだ?
全く判らなかったので、再び調べてみると、どうやら、ハックキーβから作れるみたいで。今まで、そんなキーの作成なんて知らなかったし、作れるんだとビックリ。
海斗くんでもいいから、教えてよ、誰か、一言くらい。
判らなくて、学校に戻れば、「あなた達! 何で戻ってきたの!!!」 って、アリス隊長に怒られるし、立つ瀬がないなあ、こんなに頑張っているのに。
まあ、作ると聞いたので、ラボに行ってみるとどうやら作れるみたいなのだけど、材料が手持ちのツールの中に足りず。
困ってしまって、配備のところをみてみたら、ちゃんと在庫が用意されていて。・・・これ、みんな、どうやって知るんだろう、キーまで作るとか。クドウムラマサを作るのは教えてもらったけど、こういうないと通れないようなところは早めに教えてくれないと判らないよね。
ネットに大変お世話になってしまいました。
あとは行き方もちょっと教えてもらって、サクッと兄貴のところに。

待っていた兄貴は、もちろん、ほかのみんなはXウィザー(という名前だった)が兄貴だなんて知らないからTPFに誘拐されたと思っているのだけど、私はもちろん信じていなかったし。バベルで散々ジャマされたから。しかも、ブレインウォッシュされてすっきりとか寝ぼけたことをぬかしていたし。
前座まで出されて、凄いなめられている、木暮くん達。・・・ロキがお怒りに。
魔法も使わず、一斉に拳で殴り倒して、やっと兄貴の出番。
ここに来るまでに、やばいことに、木暮くん達はレベル14になってしまい、大変ビミョー。
ただ、木暮くんと大和を覗いた残りのメンバーがレベル14で新ワザを覚えてくれたので、大変お役立ちに。
荒垣さん、修羅表式。敵の反撃を回避すれば、レベルに応じた回数で攻撃するらしいのだけど、今まで一度も使ったことがなくて、果たして役に立つのだろうか。
フィネガン、やっとイージスが来た。全員を庇ってくれるスキル。下手すると、本人が死んじゃうんだけど。
ロキ、集中からのマジックバースト。使用するスペルの効果を強化するもので、結構強くなる。
かりかさん、マナデコード。他の隊員とMPを交換するもの。・・・前に一度試してみたことがあるのだけど、そっくりそのまま入れ替えてしまうみたいで、いいのか悪いのか、よく分からなかったことがある。
でも、とりあえず、強化されたので、兄貴にはサクッと勝利。
生意気にもハンデをくれたらしいので、よく分からない捨て台詞を言われて逃げられたけど。

帰ってからの、アリス隊長と海斗くんの動揺が激しくて。兄貴はまだ連れ去られた可能性もあるから、と、必ず救い出すと誓っていたけど。
うーん、微妙。
そのあと、ナイショでCPO(エクスのまとめている機関らしいのだけど)のコンピュータにハッキング。その時も、木暮くん達がバベルキーyを作ることになり、もう作れますよね、みたいなことを海斗くんにいわれて。
何だかなあ・・・。
当然無事完成して、それで海斗くんがハッキング。村正天明とか、アリスのおじいさん、東条のおじいさんなどが絡んで、コードライズとかができあがったほんの触りだけ情報をゲット出来て。
バベルからやってしまったものだから、うーん、特に感動もなく、スルー。

新しい依頼も来て。
これから行ってきますが、物凄く、レベルキャップ制限が気になる。
昨日、ノノノこと規子さんと戦闘。
サクッと勝ってしまったのはよかったのだけど、二度も規子さんを倒してしまい、何だか気分がよくない。

思ったほど活躍しなかった規子さんに、ゴールドマンが激怒。
もういい、自分がやる、とコードライズして、ビックリした。・・・異形になっていたのね、自分でも。
どちらかというとジャガーノート的なデザインで、うーん、それに感動している余裕もなく、戦うべきか悩んでしまった。・・・強制戦闘なのだけどさ。
やばいくらい、ガス欠寸前で。・・・特に、ロキが。
他のメンバーは基本打撃なので、ガス欠とは無縁の状態なのだけど、ロキは魔法攻撃の人なので、決められた回数しか魔法が放てず。
何故かかりかさんはリフレッシュという技を覚えたお陰で、歩いている最中などに、MPを少し復活できるみたいで、気がつくとけろっとしていて。

ゴールドマンがコードリコンした時、木暮くん達は結構HPが低くて、特に荒垣さんなんて、半分くらい。
ジャガーノートタイプなのは間違いないみたいで、充填して戦うみたいで、満タン状態で喜んで撃ってきたのだけど、ゴールドマンと木暮くん達の間にノノノ化している規子さんが飛び込んできて。
庇ってもらってしまった。
最後に役に立てて嬉しい、っていわれ、涙。
そのあと、また充填するのに時間がかかると怒りMAXのゴールドマンが攻撃してきて。
やるしかないけど、やってみたら、オッケーだった。
がっつり勝利。
うーん、何だろう、やっぱりレベルキャップ制限あるから、その上限レベルまでの状態で倒せるように調整されているのか、ある意味、バベルより、凄い楽。
バベルは目が泳いで、溺れてしまうくらい、きつかったもんなあ。あれからもう誰と戦ってもオッケーって思っていたけど、ブレイブリーセカンドも大変だったし。
最近のRPGはボスが強すぎて。・・・面白いけど。
でも、ボスよりも、ザコキャラにやられることが多くて涙。

そして、負けたゴールドマンが第二形態に変化しようとした時に、珍客が。
X-WIZという、男が乱入してきたのだけど、うーん、バベルやっちゃってるから、顔みただけで何か判ってしまって。
間違えていなければ、海斗くんのお兄さんの空斗じゃん。相変わらず、孫悟空チックで。胸の大きいお姉さんにバベルで洗脳されてあっち側にいたのかと思っていたのだけど、どうやら最初からあっち側の人間になっていたみたいで。
何で、そんなにエクスを毛嫌いするのか判らない。
でも、分裂して、第二形態っぽくなったゴールドマンを倒してくれて。
余計なお世話だと思ったのだけど、どうやら、兄貴は変身に関する情報をゴールドマンに流して、見返りに研究成果を自分の身体に取り込んでいたようで、一応変身してみせてくれたけど。
うーん。
あとは、いろんなところに癒着していたのがばれるとマズいから、口封じに来たとか何とか。
最悪ね~~。

東条の、あのバカ息子の方は、ゴールドマンが倒れて、兄貴がいなくなったあと、アリスに追いかけられて登場。
倒れている規子さんに駆け寄って、凄い心配していたけど、そこだけ、ちょっと見直しちゃった。本当に好きだったんだね。
でも、そのあと追いついたアリスにボコボコに殴られて(←実話)、XPDの不破さんに逮捕されて、今泣きながら留置所でご飯を食べているとか何とか。
アリスのおじいさんが動いたことで、政財界を抑えて、東条グループは一斉検挙され、うーん、凋落が激しい。
何でも、東条のトップの人は、アリスのおじいさんの養子になったらしく、一応アリスとバカ息子は実は親戚だったとか。
じいさんの考えることはよく分からん。本当に責任取って引退してほしいと思った。

木暮くん達を庇った規子さんは虫の息で、でも、微かにまだ生きていてくれて、すぐに学校に戻して、学長と海斗くんが治療に当たって。
アリス隊長から珍しくお礼なんて言われて、照れてしまうし。
でも、やっぱり次々にトラブルとミッションは発生するから。

次は、あの兄貴を追いかけるらしい。
もちろん、今の時点で海斗くんのお兄さんだなんて誰も知らないから、X-WIZが神楽川閉鎖区に侵入したとか何とか、情報が来て、木暮くん達にミッション発令が来て。
これから行ってきます。

ちなみに、兄貴。


アビス3
アビス2


こいつだ・・・!

うっかり、回復していくの忘れちゃった。うふふ。

メガドリルに会えなくてイライラしてきたので、いい加減王子に会いに行くことにして。
TPF本部に乗り込むため、森本ビルの25Fから日輪アビスに。そして、日輪アビスを通って、TPF本部に入る予定だったのだけど。
エンカウントゲージが真っ赤だから、途中で異形に足止めされて。

カマキリだよ・・・!

10回くらいかな、カマキリにジャマされて、その都度学校に戻って出直すとかリセットするとか、バベルスフィアに行って修行するとか。
別に木暮くん達は弱くは全くないのだけど、そのカマキリが使う急所攻撃で一撃死させられることばかりで。
一撃死をさせられる前に倒せるよう鍛えようと頑張っていたのだけど、メガドリルも出てこなくて、疲れてしまった。
どうせ、出てこないなら、カマキリにあったらエスケープコードを使って逃げるかと。そうすれば、ゲージも一つ減るし、敵は出てこなくてちょっと楽になるし。

そう思って、気を取り直していってみたら、うっかり回復するのを忘れて行ってしまい。まあ、途中で旗色が悪くなったら学校に帰ろうとか思っていたので、別にいいかとそのまま行ってしまったのだけど。・・・気がついたの、日輪アビスの中でだったし。
幸いカマキリもそんなに出てこなかったので、そのままTPF本部にゴー。
でも、ゲージが4くらいになっていたので安心していたのだけど、何と、そのTPF内を走り回っている手配異形に遭遇。
ゴブリンの大きいのみたいなんだけど、メガドリルが☆3つなのに、そのゴブリンは☆が倍くらいついていて、ちょっと焦ったのだけど、だめならまた改めて行くかと戦ってみたところ。

サクッと討伐。
5ターンなかったような気がする。気がついたら、死んでた、みたいな?

そして、本当だったら戻ろうかと思ったのだけど、何かまたここまで来るのが面倒くさかったので、そのままゴー。
東条一族のバカ息子の像が何体も置いてあって、その都度、TPFのスローガンとか毎度聞かれて、うんざりしながら進む。
でも、一番最初に王子(と呼ばれている)の顔のどこにキスするか聞かれ、正解は額なのだけど、一体うちのメンバー、誰がキスしたんだろうと。
私的には・・・ロキかな。
かりかさんはみなさんの要望できっと却下だろうし、他のメンバーも誰もしたがらなかったから、じゃあ、俺がするって、きっとロキが。
「あ~? 別にキスくらい、かまーねーよ。どうせ、減るもんじゃねえし」
とか、いいそう。

奥に進むとノノノが待っていて。
どうやら、アリス隊長は何もされなかったみたいで、その前に何とか逃げ出したらしい。
像の質問に答えて、上への階段が見つかったのだけど、いよいよ戦いかと思って、貴重なパワーレコーダーを使ってしまった。
ここまできて負けてしまって水泡に帰してしまったら、大変だし。もう手配異形出てこないかもしれないし。
ゴールドマン教授が出てきて、ノノノと再度戦闘になったのだけど、生きててくれてよかった。川に落ちてちょっと心配していたのだけど、回収されて、チューンナップされて、バージョンアップしたらしい。
でも、木暮くん達の敵じゃなくて。
回復もしないで行ってしまったのに、楽に勝ってしまって。・・・ああ、間違えた気がする。
これは、本当レベルキャップ制限ヤバいかも。
まあ、楽に勝ててよかったけど。

敵はカマキリのデスサイス、一択だったのか・・・。
ちなみに、メンバー、上左から、木暮くん、荒垣さん、フィネガン、下左から、かりかさん、ロキ、大和でございます。
TPFのアジトに入った木暮くん達なのですが。

そこで放されている異形が結構強くて、苦戦。・・・とうとう来たか、という感じ?
とりあえず、一体倒すとボロボロになるため、先に進めず。しかも、一回学校に帰って戻ってみると、その異形が復活しているし、同じことの繰り返しになってしまうため、少しレベルアップすることに。
もちろん、この中でレベルアップするのは無理なので、手配異形討伐ミッションも兼ねて、日輪アビスに行ってきました。

木暮くん達レベル11から、12に上がるまで走っては戦い、戦っては走ってを繰り返して。
幸い、その日輪アビスの中には真麻とムーラがいて、何故か真麻が回復をしてくれるため、ガス欠になることがなく、結構な時間走り回っていたのだけど。
エンカウントゲージが真っ赤になるくらい走っては戦って、マップが表示されないワープしないと行かれない区域があって、オープンマッパーというアイテムでマップを出したのはいいのだけど、そこの敵が結構強い。
挙げ句、第二層なんかあるみたいで、ある時間違えて踏み込んでしまったら、レベルがダンチに違う敵が出てきて、ビックリ。
記憶にある限り、シャドウチェイサーと遊んでいた時によく出てきていた異形で(目玉じゃないんだけど)、嫌いだった奴だ。

無理でしょう。

今回の討伐目標は、レアドリルとメガドリルをそれぞれ討伐しないといけないのだけど、レアドリルの方は早々に出てきてくれて、討伐。
その後、レベル12になった今、まだ、メガドリルの方が出てきてくれなくて、無駄にレベルアップしてしまっている。どっちがレアだか分からない状態に。
でも、ゲージが赤くなっているから、こんな状態でTPFのアジトになんか乗り込んだら群がられて大変なことになるし、逃げるのも微妙だし、せっかく赤いしでどうせならミッションクリアしたいしで、欲が絡むとろくなことにならない。
まあ、ちょっと強さが足りないみたいなので、レベル13まではいいかなあとか思っているのだけど、引っかかりそうで怖い、レベルキャップ制限。
アリス隊長を奪還したあともミッションがまだ一学期中幾つかあるみたいだし、困ったものだ。

まあ、13になったら、極力戦闘を避けて、肝心なのとだけ戦って、ボス戦に行きたいなあと思うのだけど、適正レベルがよく分からない。
しかも、アジト、ダンジョンが長そうだし、困ったなあ。
いい加減あきらめてアジトに行こうと思うのだけど、せっかく赤くなったから、何か悔しいし。
とりあえず、もう少し走ってみたいと思います。

そういえば、全然武具防具が集まらない木暮くん達なのですが、HP+という着ていれば走ったり戦ったりするとHPが1ずつ増えていく有り難い防具を見つけて、今、荒垣さん以外、全員に装着。
特に魔法使い系は結構洋服にそれがついているのが多くて、一番多いかりかさんなんて頭と服とスカート? で全部ついているのがシリーズであったりして、毎度毎度HPが3ずつ増えて、重宝。
一番ダメージを受ける荒垣さんとフィネガンに付けてあげたいのだけど、どうしても荒垣さんに付けられるようなものがなくて。
バベルスフィアを走っている間に、もう一つほしいなあ、シャインリング。今これをフィネガンに付けて、誰でも付けられるから重宝なのだけど。
ヴァルキリーシェルという王騎士専用のHP+がついている服があるのだけど、どうしても女性用でフィネガンに着せられず。・・・出来るなら着せて走らせたいくらいなのだけど、無理で。
武器防具がなかなかゲット出来なくて、大変。
アビスの時はブラッドが二つだったので、回復に苦労がなかったから気にもとめなかったのだけど。
走っている間にゲット出来るといいなあ、もう一つ。・・・ちなみに、木暮くんはレベル1のライザーリボンというHP+の大きいリボンを付けて、走り回っている。
みんな、木暮くんのこと好きだから何も言わないけど、早く何か違う防具が見つかるといいね。仲間っていいなあ、っていつもRPGをするとしみじみと思います。
アリス隊長を取り戻すため、TPFのアジトに行くことになった木暮くん達。
道順は、六本木ミッドヒルより森本ビルの25Fから日輪アビスに入り、そこから転移装置を使ってTPFのアジトに。
結構広いところで、真麻とムーラさんもちょこっとだけ顔を出して、懐かしいけど、末路を知っているから、鼻で笑って終わってしまった。何か、偉そうなこといってたし。

途中、大してエンカウントゲージが上がってもいなかったのに、手配異形と遭遇。
余りの懐かしさに涙。
確か、バベルではGHQの墓地で出会った記憶がある、デスサイス。でかい、カマキリ。
お付きを連れてわんさかやってきたけど、サクッと勝利。
何か、強いのか錯覚してしまいそうになり、これは余程気を引き締めていかないと、ボス戦で大変なことになりそうで怖い。
あとはバベルスフィアというダンジョンで、手配異形が二体、これから行くTPFのアジトで、一体いるみたいで、何とかレベルキャップ制限に引っかかる前にクリアしないと。
ちなみに、木暮くん達レベル11。
あとから拳法士になった木暮くんがちょっと低いのだけど、デスサイス編で最後の最後で大和が死亡。
まあ、それまでの戦いでレベルアップできるだけの経験値を稼いでいたからいいのだけど、微妙に他のメンバーより少なくて。
どこかでまた成長手術かな。

クロスブラッドインフィニティでは結構武具防具などのアイテムがゲット出来た記憶があるのだけど、バベルといい、このアビスといい、全くいいアイテムが出てこなくて。
仕方なしに、限界まで強化。
特に木暮くんなんてナックルがそんなに揃っていないので、全戦で戦っているのに凄い可哀想。
MAXも、+5とか+6辺りで終わってしまうのとか多く、木暮くんと荒垣さん、フィネガン、大和だけは何とかMAXまで。
ロキとかりかさんはまあ、魔法なので、別に武器にそんな期待していないし。
レベルパスコードという武器防具のレベルに関係なく装着できるようなアイテムを一つだけもらい、今は荒垣さんに付けている。
クドウムラマサというレベル12の刀をもらい、それを今の時点でできる限りの強化をして、持たせているのだけど、凄いお役立ち。首切りの刀みたいで、即死攻撃が出来るようで、キーンみたいな音がして、一瞬で敵が消えるのが凄いですわ。
でも、うっかり、みんなの武器に対超常の付与を忘れていたので、つい最近まで一部の人だけで戦っていたりもして、おバカさんだったりする。ウミウシみたいなのが横5体とか、誰が倒してくれていたのか不思議。
今ではみんなの武器に必ず付けているので、凄い戦闘が楽になった。
他には、ブロブという食虫植物みたいな異形が通せんぼしていて、通ろうとしたら、前に9体、後ろにヒュージブロブ1体と、凄いなあ~、軽く討伐。
やっぱりバベルをしたあとだと、何か意識が違うというか、以前のようにあんまり慎重に行くことがなくなったので、後々ちょっと心配というか。

これからやっとTPFのアジトを見つけたので、行ってきます。
アリス隊長から連絡が入って、大丈夫だからゴールドマン教授を先に潰せと命令されて、そちらをメインに。
でもなあ、前回バベルとかやっていた時、ちょこっと聞いたのだけど、アリス隊長、ブレインウォッシュされて出てくるとか何とか。
戦うらしくて、気が進まない。
そして、今日、ちょっとヨドバシに行ってみたら、新しい会社から出たクロスブラッドインフィニティアルティメットが、アビスデータがあると、木暮くん達のパネルでいけるとか何とか書いてあって。
知らなかった。・・・これがクリアできて、セブンスドラゴンⅢCODE:VFOが終わったあと、余裕があったらやってみようかな。
レイギガントの鬱憤を晴らしているのか、凄い楽しい、東京新世録オペレーションアビス。

神楽川閉鎖区を歩き回ること、数時間。
行かれない場所が余りに多くてダメかなあ、これも無理かな~と思っていたのだけど、マップとにらめっこをしてまだ行っていない場所を見つけて何とかそこまで辿り着いて。
やれば出来るじゃん、私。
電気が走っている床酷かったなあ。普通はエンフロートというロキの浮遊魔法でスルーできるはずが、ディスペルという魔法効果を全て消す床とコラボしていたため、みんなで感電しながら歩いたのだけど。
一歩歩くごとに、魔法がダメみたいなのでアイテムを小山ほど買ってそれで回復しながら歩いていたけど、ある時目測を誤ったのか、ロキが低く唸って、お亡くなりに。
もうちょっと早くアピールしてほしかった。
蘇生アイテムなんていいものがまだ出てきていないみたいなので、死んだら最悪おしまいのため、仕方なしに学校に戻って蘇生。
俺様なロキだけど、こういう時は別に怒ったりもしないので、みんなロキが好きだよね。

そして、どこかのスイッチを押して、隔壁を開けた途端、イベントが。
アリス隊長から連絡が入って。
あの気持ちの悪い女言葉の敵、ゴールドマン教授というマッドサイエンティストらしく、学会を追われて、TPFに好待遇で迎えられ、どうやら人体実験を繰り返して、異形を生み出していた張本人の一人だったらしい。
おかしな術をかけられ、アリス隊長が変身できなくなってしまい、ピンチに。
海斗くんが木暮くん達に早く迎えに行ってあげてくださいと指令を出して、道に迷いながらも結構早く指定された場所に着いたのだけど。

時遅く。

アリス隊長は誘拐されてしまったあとで。
そこに、そのゴールドマン教授と一緒に規子さんの姿が。
あとは自分がするからと規子さんがゴールドマン教授を家に帰して、説明してくれたのだけど。
交通事故で昏睡状態の時に、ゴールドマン教授とTPFに人体実験されて、あの白い異形ノノノになってしまったと。
ノノノになると、理性がなくなり殺人鬼になってしまうと。
行ってる矢先に、変身。
木暮くん達に襲いかかってきて。

うーん、サクッと勝利。

何だろう、難易度、おかしいのかな。
それとも、今回はブラッドが一体しか付けられないため、結構強くなっているとか?
ビックリするくらい簡単に今のところ勝利してしまって。バベルの時のボス戦みたいなのを想像していたので、何か凄い不安。
お陰で木暮くん達もレベル10にまでなって。
血だらけになったノノノこと規子さんは、そのまま水路に落ちてしまい、助けられず。・・・でも、バベルで元気に出てきていたので(もっといえば、クロスブラッドインフィニティにもいた)、余り心配はしていないけど。
アリスが心配。

学校に戻って、アリス奪還の相談を海斗くんとしていたら、父親の学長からストップが。
TPFのアジトにいるはずのアリスを助けに、エクスがアジトを襲撃することがあったりしたら、手持ちの異形を全部街に解き放つよ、って、脅されて。
アリスのお父さんが学長さんで(声は、フロースガルのあの方)、政財界とも繋がりがあるため、自分の娘の件で東京をテロの嵐にする訳にはいかないと反対。
でも、そこに学長のお父さんから怒りの電話が来て。どうやら、学長のお父さんは政財界のフィクサーらしく、自分が他の連中に釘を刺してやる、責任も取ってやるから、思いっきりやって来い、木暮くん達! といわれて、ゴー。
まあ、政治的なことはそのフィクサーのおじいさんがしてくれるみたいで、上は黙らせるからあとはあの東条のバカ息子を退治してこいとハッパかけられて。

これから殴り込みでございます。
何だか、さくさく進むのはいいんだけど、大丈夫かな。・・・一番の敵は、レベルキャップ制限でも(今のところ)、ボスキャラでもなく、マップが判り辛いところだわ。しかも、神楽川閉鎖区って、バベル、なかった気がするし。
次は森本ビルから、アビスへゴー。
結構楽しくなってきているので、このまま行っちゃおうかな、10/15までとか思ってしまった。
クリアできるといいんだけど、何分ブラッドが一体だけなので、凄い心配だったりする。
出来るところまで行ってみたいと思います。
レイギガントという同じエクスペリエンスのゲームを挫折。
シルバーウィークにゲームをがっつりするぞ! と決心していたのに、肝心のゲームが見つからず、さんざんな連休になっている私です。
病み上がりだし、寝ていて丁度いいのだけど。
でも、ゲームは何かしたいので、セブンスドラゴンⅢCODE:VFOが出る10/15まで触れるものを何でも触っておこうかと、引き出しの中で眠っていたゲームを漁ってみたところ、幾つかクリアしていないものが出てきて。

この東京新世録オペレーションアビスも、そう。

実は、検査前のストレス解消に、というより、気を紛らわすために、ゲームをしようとしたのですが、ブレイブリーセカンドはクリアしてしまい、新しいゲームも見つからず泣きそうになってしまった時に、ふと思い出した、東京新世録オペレーションアビス。
途中だったし。

初めから、やり直してみるか。

バベルの時のメンバーを使いたかったのだけど、当然お姉さんとポリタンはいないし、拓留くんもいないし、荒垣さんとフィネガンに使ったパネルはないしで、凄いテンションが下がってしまったのだけど、背に腹は替えられず。
メンバーも一人だけ変えてみました。
バベルと同じカラーの木暮くん、アビスの時に使っていた荒垣さん、パネルを変えて男前が何か100倍くらい上がったフィネガン、バベルカラーのロキ、そして、使うパネルは一緒なのだけど、カラーを変えて、アマダクンから大和に名前を変えて。
木暮くん、三角関係ね~~~、うふふ~~、なんて、馬鹿なことを考えて笑ってしまった。・・・外見は全く違うのだけど、想像するところは、デビサバ2BRの峰津院大和なので、何だかそれだけでテンションが上がってしまった。
残る一人は、前回もアビスで使った、かりかさん。・・・当然私ではない。前回は赤髪だったのだけど、今回は金髪っぽく変えてみた。
結構並べたら、いい感じで。

怖いのは。
フラッドコードを2体付けられていたのに、今回アビスでは1体しか使うことが出来ず、他の人のスキルをアクセサリで付けることも出来ず、自分に与えられた技だけで戦うことになっていることで、いけるのか、私。
ブラッド(職業)は、木暮くん、拳法士。
荒垣さんは変わらずサムライ。
フィネガンは前回はアサシンだったのだけど、バベルでパラディンが大変お役立ちだったこともあり、そちらに宗旨替え。アサシンは幻影とか持っていてお役立ちではあったのだけど、何か全く恩恵を受けた記憶がないため、安全な路線を選んでしまった。
ロキを同じように魔法使いにして、かりかさんをお姉さんと同じヒーラー。
新入りの大和は学術士にして、オッケー。

そして、改めて最初から始めてみたのですが。
何だか、笑っちゃうくらい、さくさく進むことが出来て。もちろん序盤だから、仕方がないのもあるのだけど、バベルの時の経験か、凄いざくざく進む私。
オープニングで、今はまだ生存している引田先輩に助けてもらい、アリス隊長に学園に連れてこられて、エクスの一員となり、メンバーを集めて、ダンジョン探索。
いつもなら慎重に慎重を重ねて歩いているのに、ダンジョンは全く変わらないため、勝手知ったる何とやらでどんどん進み、依頼をこなしていって。
拳法士のゲノムも取り返して、木暮くんを拳法士にして、ちょっと攻略サイトを見せてもらい、前回見つからず挫折していたTPFという組織のメンバーも無事見つけて、戦闘でサクッと勝利。
こんなに簡単だったっけ?
・・・ちなみに、やっぱりそのメンバーはハイドコードで隠された扉の前とかではなく、森本ビルの25Fの部屋にちゃんといて、もう二度とダンジョンにおかれているメールは開封しないと心に誓った。
ちゃんと教えてくれれば凄い感謝ものなのに。

前回、そのTPFのメンバーを探して、歩き回っていた時、レベル12になっていたみたいなのだけど、現在、みんなレベル9。もちろん、あとから拳法士になった木暮くんがみんなより頭一つ低い感じがあるのだけど、さくさく進んでしまったことで功績値が他のメンバーに追いつくまで貯まらず、みんなの後を追いかける形で進んでいる。
バベルが3学期の話らしいので、アビスは一学期と二学期の話のようで、私が戦慄していたレベルキャップ制限も、一学期の終わりでレベル15が対象になっていることをサイトで知って。
まだ、9だから、その間に異形討伐ミッションをこなしてクリアしておけば、安らかに二学期に行かれるかなあ。
ハチの迷子の件も何か1回クリアすればいいみたいで、とりあえずそのあとは放置している。バベルで棺桶に引きずり込まれたりしていたから、うーん、迷子になっているうちが花だよ。

ということで、何か少しやってみたら、楽しかった東京新世録オペレーションアビス。次のゲームが見つかるまで、ちょっとやってみようかなあ。
ダンジョンを歩くのは凄い楽しかったのだけど・・・。

頑張って進めていたレイギガントなのですが、辛くなってしまった。

とりあえず奥にいるボスギガントと戦って、マーキングするアレを取ってくる任務に励んではいたのですが、歩いて戦うのとかはまあ、出来たのだけど。
戦闘は、やっぱり100あるAPを割り振って、戦うため、主人公の剣攻撃が10消費すると、4回まで連続で攻撃を設定できるから、メンバーそれぞれ2回ずつ攻撃をさせて1ターンで勝利したりと、そういうことも考えられて。
反対に、敵もターンを消費してくれないとAPが復活できないため、痛し痒しなところもある。まあ、ボーナスAPみたいなものがもらえるので、結構簡単に元に戻るのだけど、時々いいアイテムの前に赤いシンボルが居座っているため、同じように戦うと一辺にAPが0になってしまったり。

逃げた。

レベルアップという概念がないようで、レベルアップ自体はあるのだけど、エネルギーのアイテムを拾ったり、敵からもらったりしてそれをツリーみたいに表記されている能力のところに当てはめて、アップしていくため、ゲットしたアイテムを例えばたった一人にだけ注ぎ込んで結構なレベルにすることも可能ではあるらしい。

でも、一番凹んだのが、ボス戦。
何だかんだ戦い慣れてはいるため、ボス戦にはせ参じることは出来たのだけど、そこで、ハバキリ(←という名前だった)を身体に呼び込んで、必殺技みたいなのを使うことが出来ることを教えてもらって。
でも、方法が、武器を自分に向かって投げて、切腹。・・・した瞬間、ハバキリが身体に入って、傷も治るみたいなのだけど、その身体に入る時に、連打が。
しかも、ボタンは×ボタンだけみたいで。
音楽と、動きに合わせて、その×マークが主人公の身体の至る所に開けられた丸い穴に入った時に押すのだ、といわれ、試してみたのですが。

1個も入らなかったみたいで。

大蛇のようなボスに対して、必殺技の変身フォームだけみせて終了。
ダメだ、こりゃ。
ここで、本当にがっかりしてしまい、やめようかな、と。
普通は必殺技で結構HPを減らして、その後、戦って勝利というパターンになると思うのだけど、必殺技が使えないなら、もうダメじゃん。

ということで、放り投げてしまいました。
がっかりだわ。
長沢に、挫折した、ちょっと違うゲーム探す、といったら、いつもは怒られそうなところだったのに、今回は探したら? みたいなことをいわれ、よっぽど辛かったのね、私、とか思ってしまった。
せっかく買ったゲームなのに、勿体ないし。

ということで、毎度毎度お騒がせしていて申し訳ないのですが、案の定挫折したので、レイギガントはおしまい。
ダンジョンを歩くのは凄い楽しかったのだけど。エクスペリエンスのゲームだし。
何だか、凄い残念ですわ。
オリジナルの異形と共生できるのが、天風くんと先輩の水色の頭のイケメン(どうやら彼がそうらしい)のみで、他のメンバーはその先輩のヨリガミの組織をもらって、武器として作り出されたものを装着しているらしく、お話とか(できたのよ、喋るのよ)、何も出来ず、ただただ戦うためのものになっているらしい。

一通り学校を案内されて、まあ、屋上での戦闘も終了して、次の日から授業。
でも、ギガントが出てきそうな気配があるため、ダンジョンに入って、ギガントよりマーカーを奪ってこいと指令が来て。授業は中断。
実は幼なじみだった真名ちゃんと、仏頂面のイケメン和臣くんと三人パーティで行くことになったのだけど、
主人公が文句言いすぎでうんざり。
確かに境遇は気の毒で、やらないといけないことに不満があるのは判るけど、ヨリガミが気の毒なくらいご機嫌を取ってハッパをかけて頑張れっていっているのに、もう涙。
主人公、変えてくれないかな?
どうせあとで使命に燃えて、頑張って戦いに行くHEROになるのだろうけど、文句を言われるこちらの身にもなってほしい。
ちなみに、そのヨリガミは、東京が壊滅する前に住んでいた神社のご神体として祭られていたものらしく、ギガントが襲来した時に天風くんのお父さんが彼にそれを持たせて東京に向かわせたらしい。

そんなこんなで、ダンジョンに。
天風くんのヨリガミ、ハバラキがみんなの頭に直接思念を送ってマップを出してくれ、細分化。
ほしいマーカーを持つギガントの位置とか、その周囲にいるザコギガントの位置とか全部教えてくれて、まずは北に向かってゴーになったのだけど。

う~~~~、ダンジョンは楽しい。
もろに、エクスペリエンスのゲームのダンジョンで、歩き方なんてお手の物なのだけど。
敵が、シンボルになっていて。
エンカウントじゃないんだ。
やりようによっては避けて通ることも出来そうなのだけど、今のところドアの前とか、二叉の先にそれぞれ一体ずついるとか、まあ戦った方がいいからいいんだけど、ビックリ。
しかも、ちょっと行くと色違いまで出てきて。
黄色が普通にAPを消費して戦うレベルらしく、青がそれより半分くらいの消費で済む敵、赤が倍かかる強敵らしく、赤は避けろといわれて。
同じようにAPを消費する戦いなのだけど、今回は最初から100くらいもらっていて、それを3人で分けながら戦うことに。
攻撃と防御は前の通りなのだけど、真名ちゃんが弓矢使いで、和臣くんが顔に似合わず魔法使いらしい。火炎魔法と回復魔法を持っていて、意外だった。
戦いは、まあ、最初にターゲットを選んで、攻撃しかやらせず、ターン制。
攻撃を選ぶしかなくて、そうするとみんなお得意の攻撃をするだけで。成長するともう少し選択肢が増えるのだろうか。
体重まであって、重くなると物理攻撃、防御力がアップ、軽くなるとスピードや会費がアップするらしく、初回特典でダイエット飲料をもらって変だなと思っていたのだけど、これの調節に使うらしい。
しかも、ビックリするのが、どうやらヨリガミがダメージを肩代わりしているそうで、戦闘が終了すると、みんなHPMAXで復活。
その代わり、ダンジョンから出ると、倒した敵も復活するらしく、うーん。

挫折しそうな勢いなのだけど、ダンジョンの中の作りが懐かしくて、ちょっと進めている。
これでボス戦、大丈夫なのかなあ。

長沢に訴えたら、最初に触ってみて、自分に合わないと思ったRPGほど辛いものはないからなあ、といってもらい、何か元気が出ました。
レイギガント、始めてみました。

初っ端から、東京壊滅。
いつも通り、でっかい異形がやってきて、大暴れ。人類の持つ兵器では全く役に立たず、やられていたのだけど、ある時、その異形が消滅して。
その異形のことをギガントと呼ぶことになり、どうやら少年ともう一人、ギガントに寄生され、共生することが出来るようになり、その子が倒したらしいのだけど。
その技術を応用して、適合者を見つけて戦闘員に育てて、やってくるギガントと戦う話のよう。

話が壮大すぎて、メマイ。
学園ものの、楽しそうな話を期待していたのだけど。・・・バベル的な? 同じ壊滅でも。

主人公が三人いることは知っていたのだけど、自分で選べるとばかり思っていて。水色の頭のイケメンにしようと楽しみにしていたのですが、どうやら順番に話が進んでいくらしく、その自然共生された男の子が最初の主人公の話のよう。
天風くん、という男の子で、どうやら自然共生を嫌っていて、騙されて学校に連れてこられたらしい。
能力者のほとんどが未成年で、学校に行かないといけないため、その本部と学校をくっつけてしまったらしく、授業中にいきなり襲ってこられたりして、大変そう。
先輩なのか、学長なのか、何か欠けたようなイケメンがちょっとカッコいいけど。うーん、性格に難ありっぽくて、自身自覚症状あるらしく、うーん。

まあ、その天風くんが騙されたことに気がついて、屋上に上がって逃げだそうとしたことから話が始まって。イケメンもいっていたけど、屋上に逃げて、どこから外に脱出するつもりだったのか、がっかりな奴だった。
しかも、その時に丁度ギガントが襲来。
学校の上を通るらしく、悪いなあ~、イケメン、無理矢理天風くんをそのギガントにぶつけてみるらしく。

大丈夫か、私。

戦闘は、APという与えられたカウントを消費して戦うみたいで、攻撃に3、防御に2消費、その数字内で戦うみたいで、それを戦闘員全員で割り振るらしく。
敵が行動を起こしたあと復活するみたいだけど。
共生してくれるそのヨリガミで戦う時に武器、防具等出るみたいなんだけど、結局自分のエネルギーを喰わせて、その見返りに戦える力をもらうらしく。
何か、戦闘コマンドが三択しかないのが気になるけど。

最初の相手は、孫悟空みたいなギガントで、少し戦ったら逃げてくれて勝利。
結局それでお友達とも仲良くなって、これから一緒に戦っていくことになったみたいだけど、うーん、大丈夫か、私。
何か微妙に合わないような気がしてきた。
とりあえず、もう少し進めてみたいと思います。
レイギガント1


某Gのお店で、シルバーウィーク大特価セールをしていて、ふと見たところ、7月末に出たレイギガントが、何と、ベスト盤プライスに。

なので、それなら挫折してもいいかと、買ってまいりました。

昨日は検査結果を聞きにいって、何とかオッケーだったので、よかったよかったと浮かれて歩いていた時に見つけてしまった。
用事が重なって、出来るのは今日の夜か明日からかもしれないけど、頑張ります。

いろいろゲームを進めてくださったみなさま、ありがとうございます。
どうか、あきれず、コンゴトモヨロシク。

・・・でも、ナムコとはいえ、作ったのはエクスペリエンスなので、何だか過酷そうで目が泳いでしまいます。
しかも所々リズムゲームみたいに、押せ! みたいな画面とかあったし、今頃だから、付録のDLCもないしで、ああ、困ったわ。
だから、するのをやめたんだわ、と買ったあとに思い出した私。

ダメだと思ったらあきらめて、ハピ森に挑戦してみようかな。・・・あきれないでね。
検査をしたあと、3日間自宅安静になってしまい、会社にも行かれず、寝たきり。
とてもとてもゲームをする元気も、ブログを書く元気もなくて、放置してしまいました。

ご無沙汰しております。

やっと今日から会社には行ったけど、歩くだけでへばってしまうくらいの体調の悪さに涙。
よかった、ブレイブリーセカンド、クリアしていて。

連休も待っているので、新しいゲームをしようと張り切っていたのですが、なかなか次のゲームも見つからなくて。
手持ちぶさたに、東京新世録オペレーションアビスを開けたら、大変なことに。・・・せっかくだから、ブログ書こうかな。でも、ぐったりしながら、やったりしたからなあ、検査前に。何か余り覚えていないというか、何というか。

10/15に、セブンスドラゴンⅢCODE:VFOが出るため、そこまでの間にクリアしたいというか、まあ、最悪いったん中断して、セブンスドラゴンⅢCODE:VFOをするつもりでいるので、あと大体一ヶ月くらいか。
しかも、間にシルバーウィークが入っているため、ガツンとやれそうな気がするのだけど。

ゲームが・・・。

何か、これだっていうのが見つからなくて、お悩みもの。

デビルサバイバー2~ブレイクレコードの3周目とか、ペルソナQの3周目とか(難易度リスキーで)、メガテンⅣの3周目とか(ニュートラル目標)、したいなとも思うのだけど、それをまた最初からブログに書いてもストーリー一緒なので、目新しいものがないし(別のエンディングくらい?)、ロキを連れて歩くため、他の仲間も同じ顔ぶれになりそうだしと、いろいろ悩んでしまいます。
荒垣さんには会いたいんだけど、いろんな意味で。木暮くんにも。

そんなこんなで間が開いてしまいましたが、コンゴトモヨロシク。
何か、心燃えるようなゲームが見つかるといいんだけど。・・・一ヶ月限定でしたいところが号泣ものでございますわ。
kyoaku212.jpg


巨悪学園 うどん/長沢克泰
NEMESIS 2015年 OCTOBER NO.24(講談社シリウスKCDX 2015年10月9日発売予定)


巨悪学園2巻 うどん/長沢克泰 (講談社 2013年9月9日 発売中)

巨悪学園3巻 うどん/長沢克泰 (講談社 2015年3月9日 発売中)


最近ラーメンを食べていないので、ちょっと食べたいなあと思う今日この頃。

私と長沢が一番ひいきにしていたラーメン屋さんがなくなってしまって、もう何年経つか。紹介した人10人に10人が通うような美味しいお店だったのに、残念です。

今度どこか食べに行きたいと、長沢にいおうかと思います。(←もちろん、体調がよくなったらだけど)
ブレイブリーセカンド エンドレイヤー。
3時間かからず、クリアしました。頑張った・・・!

昨日、ブログを書いたあと、意を決して再戦。
でも、同じように戦う訳にはいかなかったので、考えていたように、ユウのサブアビリティに黒魔道士を付けて、イデアのサブアビリティにエクソシストを付けて。

おかげで、物凄い時間がかかったプロビデンス第一形態、多分1時間かからなかったような気がする。
相変わらず天命はシカトして、天罰が下る頃にティズにカームを使わせて凌いだのは一緒なのだけど、今回はユウに黒魔法を付けたので、相手に与えるダメージが半端なく増えて。
赤魔道士のエアロラ(プロビデンスが風弱だったので)をかけても600くらいしかダメージが出なかったのが、ついでにビショップの二言もつけて、サンダガの二言をかけてみたら3000近くダメージが出て、目から鱗が落ち落ち。
やっぱり序盤は赤魔道士でもいいけど、後半は何か突き抜けたような攻撃をしないとダメなんだなあということが身にしみて。
お陰で物凄く早く、第一形態を撃破。

もちろん、「2ターン以内に私を倒してみせよ!」 も来て、でも、前回と同じ方法だとつまらないかなと思い、思いっきり攻撃してみた。
BPが3つ貯まっていたユウに、1つ前借りして、BPを4つにして、サンダガ二言×2で攻撃。
聖騎士を少しかじったイデアがサブアビリティでBP限度突破みたいなものをゲットしたので、それを付けたら最高BP4つまで所持、なので、4つとも全部ウルフファング、バイソンホーンを交互に繰り返して。
ティズにも自爆技二言(出来るのか判らないのだけど)をかけさせて。
マグノリアにも、フェンサーのワザを使わせて。
うーん、凄い。
そしたら、1ターンちょっとくらいで倒せた。
ちょっとというのは、2ターン目にマグノリアにティズを生き返らせようとさせたのだけど、間に合わず。ティズが死んだまま、戦闘終了。経験値をもらえなくて、泣いた。

そして、リベンジのの第二形態。
本体、両手とあり、片手ずつ倒さないとと頑張って魔法攻撃の手の方を倒したのだけど、途中で思いっきり間違えていることに気がついた。
両手は片手ずつでも、何度死んでも、本体が蘇らせて、その都度火炎全体攻撃まで喰らうというおまけ付き。まあ、ユウは火炎無効になっているので無傷だけど、他の三人が結構負傷するし。
なので、両手はほっておいて、本体を攻撃しないといけなかったらしく、それで結構時間をロスしてしまった。
しかも、問題の「滅びと救いの予定」 というワザ。
そのワザをことあるごとに本体がかけてきて、そして、片手でも残っているとそちらの攻撃が来て、全滅マストになることも判って。
その手が攻撃をすると-4BPになるため、4ターンはその後攻撃出来ず、静観。なので、その4ターンの間しか本体を攻撃できないため、ここも失敗したのよね。
ティズのカームを使うと、そのターンのダメージが一切ないのだけど、先に片手を倒して復活させてしまったものだから、右手と左手の攻撃にタイムラグが1ターンできてしまい、ティズにカームを続けて二回かけさせないといけなくなってしまって。うーん、両手一辺だったらもっと楽で早かったのに。
しかも、カームはBP1を余分に消費するため、2ターンで結構BPがなくなってしまうし。
そして、両手のBPがマイナスになっているうちに攻撃するのはユウの役目で、闇属性が弱点だから、ダークの二言をかけて4000くらいのダメージを与えるのだけど、ダーク1回に80MPを消費するため、すぐにガス欠に。
なので、ここで、イデアとマグノリアの出番。エクソシストのアンドゥ+トロワで、3回前までのターンを選んで戻せるため、ユウのMPMAXと、ティズのBPMAX3を選んで、復活させて。MPアンドゥにBP2、BPアンドゥにBP3消費するため、両手が二連続で攻撃する間デフォルトさせてBPを貯めさせて、とそれをずっと繰り返して勝利。
カームは本当反則技。・・・ちょっとRPGをやり慣れた人間だと使い方が判るから、攻略本とかオススメしていなかったんだろうなあとクリアして思った。
作業になってしまうし。

そんなこんなで、結構早い時間に勝利。
面白かったのは、途中で、イベントが挟まれ。まさか、セーブデータが削除されようとは・・・! って感じのところと、思い出のメンバー達が励ましてくれたところかな。
これを見るだけでも、プレイしてみたらどう? って勧めてあげたい。
あと最後のエンディングクレジットに自分の名前が載ったのも感動でした。
いろいろ仕掛けがあったし、ストーリーは重厚だし、なかなかのオススメゲームでした~~。
面白かったし、何より、皇帝がカッコ良かった。
ラスト、ユウが告白できたのもよかったなあ。
ティズが、アルタイルが成仏したことで、ラスト、倒れてお亡くなりになってしまったのだけど、デネブという冒険者が出てきて・・・。
真夜中に大泣きした、私の感動を返してください、という感じだった。
まあ、アニエスがプロポーズしていたからいいけどさ。

ということで、クリアしました。お付き合い、ありがとうございます。
クリア後は、二周目とか、エクストラダンジョンとか、キツネのアスタリスクを使うため、7つの魔王を討伐して配下に入れないといけないとかあるみたいなのだけど、とりあえずいったん終了。
何か、続きの話がある訳ではなく、今までの好きな話の章に戻っていろいろ出来るようになるみたいなので、ちょっとクリアしたからいいかなあって。配信とかも受け取っていないし。
結構長くかかったけど、面白かったブレイブリーセカンドでした。最近の中ではRPGらしいRPGな気がします。
kyoaku211.jpg


巨悪学園 うどん/長沢克泰
NEMESIS 2015年 AUGUST NO.23(講談社シリウスKCDX 2015年8月7日発売中)


巨悪学園2巻 うどん/長沢克泰 (講談社 2013年9月9日 発売中)

巨悪学園3巻 うどん/長沢克泰 (講談社 2015年3月9日 発売中)


先般、平本アキラさんの監獄学園とコラボマンガを描かせていただいた、巨悪学園なのですが。

現在、平本さんの監獄学園が絶賛アニメ化されていて、絵は綺麗だし、声優さん豪華だし、ぜひみたいと思っていたのですが(予告だけは、某Aのお店で見た)。
うちのテレビで、みることが出来ず。DVDになるのを楽しみにしている毎日。

そんな中、先週放送された回に、何と巨悪学園が出ていたという話を聞きまして。
見ることが出来なかったのだけど。

ありがとう、平本さん・・・!

ありがとう、アニメ制作の方々・・・!!

長沢も感動しておりました。
プロビデンスが待っていたところは、教会の中。
どうやらアルタイルとベガが結婚式を挙げようとしたところらしいのだけど、その入り口を出たところに冒険者がいてセーブをしてくれるから、ダッシュでそこに向かって。

まさか、その教会の入り口を通り抜けようとしたら、ボス戦その2が始まるなんて、お釈迦様でも思うまい、という感じだった。

プロビデンス、第二形態。

セーブさせてくれないんだ。
しかも、何も回復せず、一気に走り出してしまった剛毅な私。
まあ、体力はそこそこあったし、MPはみんなエクソシストをアンドゥ・アクトまで使えるようにしたお陰もあって、MP徐々に回復アビリティを付けるようにしたため、大して減ってもいなかったのだけど、精神的衝撃がきつかった。

本性を顕したプロビデンスは、三角形の本体と、物理攻撃をする右手、魔法攻撃をする左手という形で。
余りにもやばそうな外見に、ここで全滅したら目も当てられないと攻略本のお世話になることに。
プロビデンス本体は、ユウ達がコマンドを13人分入れたあとに、ブレイブリーセカンドのように時間を止めて全体攻撃をしてきて。回避技がないらしいので、もう体力を、運を天に任せて乗り切って。
結構頑張ってみたのだけど。

途中で、面白いイベントも挟まれ、結構追い詰めたような気がした時に、「滅びと救いの予定」という変なワザを使われて。
怖かったので、攻略本を見たら、使用後は、そのどちらか片手の攻撃で全滅マストだったらしく、両方倒すか、ティズのカームを使えと、攻略本にまで書いてあるくらいの酷いワザだったらしく。
余りにお疲れで頭が理解できなかったみたいで。
片方を倒して、そのワザを使われた時、カームを使えばよかったのに、間違えて普通に攻撃してしまい。

一瞬で全滅。

タイトル画面に戻ってしまって。
うーん、怖くて、再度開けられなかった。
せめて、第二形態のところから再戦させてもらえないかな~~~と、今日会社のお昼休みに覗いてみたけど、案の定、冒険者と一緒にいるところから始まって。
ああ、また第一形態と戦うのか~~~~~。
まあ、二回目ということもあって、今少し作戦を考えているのだけど。
ユウが余りに火力がないのと、余り月魔法が役に立たなかったので(物理防御力アップくらい?)、サブに黒魔法を付けさせて。
イデアにフェンサーとニンジャを付けていたけど、ニンジャ、いらなかったので、COMタロウ達から月魔法の占星術士を借りてサブに。単体しかかけられないけど、ないよりマシかな。
マグノリアとティズはそのまま同じ方法で。

これから行ってみようと思っているのですが。
気が遠くなりそう。
一回やったので、同じ轍を踏まないようにしたいとは思うのだけど、いけるかなあ。
本当はビショップがもう一人ほしいけど、COMタロウ達、微妙にビショップのレベルが足りなくて、回復蘇生は出来るけど、カームが使えない。
エクソシストを増やした方がいいかなあ、イデアの占星術士、エクソシストにしようかなあ。

3時間かけて全滅って、PS時代のペルソナ以来かなあ。・・・3時間半くらい経った頃、バックアタックを食らって、全滅したのが思い出。
そのあと5時間かけて、クリアしたという、大変ハードな思い出が。
あの時は若かったから無茶も出来たけど、今、主婦にとって、3時間は貴重。
でも、長沢がもうご就寝なので、いけるかなあ。・・・バイク便来るって行ってるし、これから。(ちなみに、原稿は上がったので、それではないのだけど)

もう寝てしまいたいです。
神界に行くことになって,、行ってみたら、相手はラスボスだった。

頑張ったのだけど、3時間戦って、全滅。・・・長沢、原稿上がりで寝てたし。ちょっと頑張ってやっていたのだけど、余りの残念さに、ふて寝してしまった。
さすがの私も、凹みますわ。

神界にいって、ラスボスは、アルタイルの恋人ベガに憑依しているプロビデンス。
助けに来てくれなかったアルタイルに絶望したベガの、その絶望を糧に何百年と生き続けて、災厄を巻いていたらしいのだけど。
アルタイルとベガの思い出の地、ルクセンダルクを破壊することを最終目標に、下界に降りることが出来るよう次々と魔王を送り込んで、道を作っていた、らしい。・・・思いっきり、話を端折ってしまったけど。

まあ、当然許せない、ということになり、戦闘。
よく分からず、最初全滅すること3回くらい?
天命という、プロビデンスからの命令を聞かないと、次のターンでメギドラオン9999が降ってくるという、酷いものだった。
「ユウよ、ティズを傷つけよ!」
という毎回毎回誰かが誰かを傷つけるようオーダーで、うんざり。
いうことを聞かないと、次のターンで天罰が下るのだけど、うちのメンバー、変なところバグっているのか、同士討ちが出来ない。
言われた通り、例えばユウなら黒魔法、イデアならバイソンホーンとかで対象のメンバーに攻撃をするのだけど、ダメージ0。全く傷一つ付けることが出来なく、次のターンで罵倒され、全滅。
よく分からない。
特に何かをかけている訳でもないのに、全くダメージを受けず、天罰が下ってみんな死亡。

なので、また頭をひねってみて、ティズのビショップのカームを使ってみることに。
その9999の万能魔法に効くのか心配だったけど、無事ダメージ0でやり過ごすことが出来て。
なので、天命が出ると、とりあえず次のターン思いっきり攻撃して(向こうはBP-3)、BP-1になったところで、カームをかけて、回避。その間にユウ達はデフォルトでBPを貯めて。
でも、敵も然る者で、今度は命運という、全体を死の宣告状態にする魔法をかけてきて。
助かったのが、みんな同じ数字じゃないこと。・・・当然か、終わっちゃうよ。
即死回避のアクセも効かないし、対策が何も立てられないため、誰かが死んだら残ったメンバーが生き返らせて。
すっごい考えて、ユウをメイン赤魔道士、サブを占星術士、イデアをフェンサーとニンジャ。マグノリアをエクソシストとフェンサー、ティズを召喚士とビショップに。
マグノリアのエクソシストのアンドゥがお役立ち。
ユウは本当は黒魔道士の方がよかったのだけど、回復役が必要なことと、プロビデンスの弱点が風のため、赤魔道士にしてみたのだけど。

ああ、気が遠くなっちゃった。
毎度毎度、天命で命令をシカトしたあと、カームで回避するのはよかったのだけど、重ねて命運をかけられて、みんな頭の上の死のカウントダウンが来るし。
まあ、それでも交互に生き返らせていたので何とかなっていたのだけど、ある時、ティズのカウントダウンの死亡のタイミングが丁度9999が降ってくる前のタイミングに重なってしまい。
カームがかけられない状況になりそうになり。
うーん、回避したみたいなのだけど、どうやって回避したのか、覚えていなくて。丁度気が遠くなってしまった時らしい。
うーん、アレかな、エクソシストでアンドゥ・アクトをかけられるだけBPを消費してメンバーにかけて、そのあと死の宣告で死亡したティズを生き返らせたのだったかな? とりあえず、保険はいつも幾つかかけているので、何だか段々判らなくなってきたのだけど。

防御に関してはグッジョブな私の作戦なのだけど、問題はダメージを余り与えられないことみたいで。
ユウのエアロラも、頑張って600ないくらい。かろうじてティズのフレースヴェルクが1200くらい。
エアロガほしいけど、ホーリーの白魔法じゃないと出てこないし、うーん、あのキツネのエアロジャが凄いほしい。
なので、もしかして赤魔道士でエアロラかけるより、黒魔道士のサンダガかけた方が効率いいのではないか思い出している。
今度戦う時は、赤魔道士メイン、黒魔道士サブにしてみようと思っているのだけど。(ダブりがマジで勿体ない)

まあ、それでかなりプロビデンスの体力を減らしたと思ったら。とんでもない、オーダーが。

「2ターン以内に私を倒してみせよ!」

・・・はい?
余りに意味が分からなく、攻略本のお世話に。
2ターン以内に倒せないと、ゲームオーバーみたいで。貯めたBPを使って総攻撃だ! って、書いてあったけど、一体その時のプロビデンスの体力がどれくらいなのかさっぱり判らず。
しばし固まって。
助かったのは、みんなBP温存して戦っていたので、全員3というMAX状態。
でも、これでどこをどうしたら2ターンで倒せるのか判らなかったので、悩みに悩んで。
ニコライが使った自爆技をティズに使わせることに。
試してみたら、それでダメージが6000くらい出た。
あとはイデアに3回ウルフファングとバイソンホーンで攻撃させて。
マグノリアが必殺技使用可能状態になっていたため、それもついでに使って。・・・意外と役に立たなかったけど。
ティズも生き返らせて、ユウにはエアロラのダーツをかけさせてみて、出来ることを全部してみたのだけど。

2ターン目で、プロビデンスが死んでくれて。
よく分からないけど勝利。
アルタイルも、ベガと再会できて、二人でラブラブの中、成仏。よかったねって思ったけど、もう何か疲れていて、イベントがぼんやり。
そして、セーブしに行こうと出口に向かったユウ達に・・・!!!

次回に続く。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。