上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
そして、穴の中で、管理人さんと二人きりの木暮くんですが。
いろいろ話をしていたあと、唐突に管理人さんが、「私、あなたのこと、嫌いじゃないわよ」と告白。
前から木暮くんのこと好きなのかなあって思っていたのだけど、やっぱりそうだったみたいで、せっかくだから木暮くんにも男らしく告白させてみた。
「自分も好きだ」
三択で、他に気のない返事が二つくらいあったのだけど、まあ、せっかくならねえ。

そして、キスして顔の管理人さんに迫られて、もう少しってところで。

うん、案の定、お邪魔が入った。

門のところで木暮くんご一行を足止めしたピクシーが、余りに遅い木暮くんを心配した仲間達に脅されて、探しに来たらしい。
それができるなら、最初から、管理人さんのこと探してよ。いいところで邪魔して。
本当、木暮くん、人望だけはあるね~。
もう、何にもできやしない。

「続きはまたいつか・・・ね?」 で、終わってしまった。
がーん。
いいんだけどさ。でも、恋愛エンディング的なものも期待していた私としては、ちょっとがっかり。

その後ピクシーに案内された荒垣さん達が来てくれて、無事二人とも穴から脱出。
それはそれで、何か嬉しいかも。
仲間っていいなあ・・・。
普段、いつも単独行動な私は、結構仲間にあこがれていたりする。
仲良し6人組、とか羨ましいもんなあ。・・・って、昔妹にそう言ったら、それはそれで結構大変でめんどくさいこともあるんだよって、諭された過去がある。
だから、結構RPGが好きなのかな。・・・あれ? ちょっと、悲しい気分になってきたぞ。

宿に戻って、一部始終を話したあと、そりゃもう殺す目的だ、よく戻ってこれたな、っていわれた木暮くん、ちゃんと「仲間のおかげだ」って答えたのが、いいなあ。
「へっ、そりゃきっと仲間を大切にしてるからさ」っていわれて、嬉しかった。
そのうえ、管理人さんお手製のドラゴンホットパイと、星樹の果実をもらって、すっかり仲良し。
ちなみに、ドラゴンホットパイというは、龍の巣と99種の具材の包み焼きらしい。
ラブラブ、だね。
でも、秘薬、入りらしい。他の人たちが、匂いからして大量に混入しているって・・・。
フラン曰く、味はともかく、効き目はばっちり、いざって時に食べてちょうだい、って。

やっぱRPGって、楽しいなあ。どれだけ自分が寂しい人なのかもしれないけど、すっごく楽しいのが嬉しい。
この気持ちを引っ張って、また探索に行ってきます。
スポンサーサイト
最近、自分のこの性格が好きになってきた。

さっそく管理人のフランを探しに、妖精の里へ、一人でレッツゴー。
要所要所に配置されているデモンは避けて(ドクロマークが浮かんでいて、触るともちろん戦闘)、エンカウントする敵だけ相手にしていたのだけど、木暮くんのか弱さに涙。
奴が一回剣で切る以上に、相手に二回ほどぶん殴られて、HPが真っ赤に。
これはヤバイと、背に腹は代えられず、ユピテルを呼び出す。
「殺していいんだ~」みたいな台詞とともに、暴れてくれるので、その間に木暮くんが回復。まあ、相手は数は多いけど、ザコなので、すぐに戦闘も終了。

そして、フランの足取りを追って、適当にふらふら歩いていたら、深い穴に遭遇。もちろん、中にいた、管理人さん。
方向音痴ではないんだね、木暮くん。運もあるんだね。
何でも、薬草を採りに来て、おっきい虫に追われて、この穴に落ちたらしい。で、誰か通るまで待っていたらしいのだけど、木暮くん以外誰も来なかったって、あり? 仕方なしに、引っ張り上げようとした途端、その虫が登場。
いつも、メンバー5人で倒している結構手強そうな虫に、木暮くんがため息。
仕方ないので、またユピテルに半分引き受けてもらおうと呼び出したら。

殺していいんだ~という台詞とともに狂喜乱舞した(暴走はしていない)ユピテルが、喜んで金棒(持っているらしい、雷だから)で3回ほどぶん殴ったら。
まさかの、瞬殺。
すご~い、一発に800くらいのダメージが。

ユピテル様・・・!(←ラロ様と同じパターンだな・・・)

すっかりその強さに心酔してしまった。
やっぱり、ガッツリと敵を倒す強い味方にはほれぼれ。それがたとえちょっとおかしな殺人狂でも、役に立ってくださるなら、オッケー。
ああ、連れてきて、よかった。
チェーンソー振り回す、マルスも好きだけど、このユピテルの気が狂ったような強さもいいなあ。
木暮くん、少し見習ってほしいなあ。キミだときっと、一発がつんと行っても200くらいだと思うから、その間に死んでしまうわな。

しかも、そのあと余りに驚いた木暮くんが足を滑らせて(本当に勇者?)、穴の中へ。
引っ張り上げてくれる人が誰もいなくなり、今穴の中で管理人さんとデートをしています。
でも、どうやらデモンらしい管理人さんが人間を好きになったので、平和になったら街を作って人間に戻ってきてもらって、みんなで平和に暮らしたい、という壮大な野望を聞いて、ちょっと感動。
そのために守銭奴になって、お金を貯めているらしい。

すっかりほだされてしまった私は、これからもきっちり家賃を支払っていこうと思いました。
でも、その前に、穴から脱出だ。空ぐらい飛んでくれ、木暮くん。
デモンにもいろんなタイプがいるらしく、先日ゲットした雷のユピテル、頭の中身の構造が変。
何というか、殺人狂みたいな方で、もう出てくるたびに殺戮が嬉しくてしかないみたいで、はっきりいって、アマダクンがびびってる。
いや、アマダクンだけじゃなくて、ロキやフィネガンでさえ、どん引きしている中、平然としているのが木暮くん、・・・か?(←荒垣さんは我関せずな気がする)

あなたといると、楽しいことが一杯できるから、大好き、・・・って感じ? で、懐かれているような気がしないでもない。
まあ、楽しいことを与えていれば、大暴れせず、大人しくしていてくれる、一番物騒なタイプだということが判明。
うん、まあ、いいんだけどさ、デモンだし。一人くらい、大きなマイナス方向にイケイケでも。

そんな中、何と、あの管理人さんが行方不明、とな。
宿に帰ってきたら、みんな大騒ぎしていて、何でも妖精の里に行ったっきり戻ってこないらしい。
家賃を請求されず、不覚にも喜んでしまった、木暮くんご一行。
反省して、管理人さんを探しに行くことになり、うーん、もうしばらく不在でも全然いいんだけどな。残念です。

妖精の里は、以前近くまで行ったのだけど、鍵がかかっていて入れなかったため、まだ未知の領域。
初めて訪れてみたら(森の先なので、行き方は簡単に分かる)、妖精に、この里に入れない種族がいるからチェックさせろといわれ、木暮くん以外はアウト。
木暮くんだけ、一人でオッケーといわれたのだけど、時間がなくなってしまったため、いったんお断り。会社でね~、いいところで、昼休みが終わってしまった。

うーん、一人か。大丈夫か、奴で。
でも、それ以外入れないのだから仕方がないのだけど、木暮くん、中途半端なので、かえって心配。意外と何にでも対処できるマルチな人かもしれないけど、とりあえずは、あんまり使えないもんなあ、普段。あるのは人望だけ。(←立派なもんじゃない)

ということで、これから行ってこようと思っているのだけど、管理人さんを見つけても、放置してきそうな自分が怖い。・・・何しろ、家賃家賃と、もううんざりしているからなあ。
まあ、心を仏にして、行ってきたいと思います。・・・木暮くんが。
お城の中をうろうろ歩いて、何とか6番目のデモン、ユピテルを見つけたのだけど、時計塔まで来いといわれ、逃げられる。

やっと行けるところは全部行って、時計塔に入れるようになったのは良かったのだけど。
何か、鐘5つ鳴り終わる前に見つけ出さないと行けないらしく、早足でうろうろ。
しかも、要所要所に敵が配置されて、遭遇するとメチャメチャ多い数にメマイ。逃げ出しても、そのデモンとの戦闘が回避されるわけでもないため、とりあえず、思いっきり戦うことに。
結構敵も強くなってきているから、全体攻撃でホーリーシールドも割られて、列の最後にいるアマダクンの悲鳴がいつも聞こえることになってしまった。・・・可愛いんだけどね。
アマダクン以外はイケメンの声を充てているため(あくまでも、私の感覚)、綺麗な顔をしたロキが意外と低い声でそのギャップにビックリ。普通はもう少し高めの美青年的な声になるんだろうなあ。

歩いた分だけ地図が作成されるけど、世界樹の迷宮みたいに自分でいろいろ書くことができないため(メモできるみたいなんだけど、よく分からないので放置)、一回ユピテルが待っている階まで上がって、そこから飛び降りて、別の通路に行かないと行けないことは分かったけど、二股になっているそれぞれの先にまた右左と飛び降りれる場所があり、どこで飛び降りるかによって、また最初からスタートになってしまい、3回目で、やっとユピテルとご対面。
だって、メモできないから、どこから飛び降りてNGだったか覚えてないといけなく、続けてがーっと走り回って、やっとって感じだった。

ビックリしたのは・・・弱っ!!
暴走したはずなのに、何か雷属性の真田先輩のようなデモンなのに(女性だけど)、弱っ・・・!

それとも、木暮くん達が時期を外してしまい、強くなりすぎてしまったのか。
確かにマルスといういけいけのお姉さんのデモンが超強力で、チェーンソー振り回して、1300くらいダメージ出るから、そりゃ、死ぬかって感じ?

とりあえず、捕まえて宿に戻り、管理人に家賃を払って(とうとう1200G超えてしまった)、管理人さんからのクエストをこなして、やっとこさっとこユピテルの鍵をもらったのだけど、そのレベルにメマイ。
レベル、4・・・か。
他の方達がレベル15前後になっている中、4ですか?
楽しみにしているアストロも、仲魔にしたら、レベル4からの始まりなのかなあ。気が遠くなりそうだなあ。
次の次のデモンなので、楽しみにしているのだけど。大丈夫か、私。

これからまた探索に行かないといけないのだけど、まあ、常時選抜メンバーとして、頑張ってもらうしかないか。
デモンを使うほどの戦闘じゃないため、探索中はボス戦近いものになる以外、仲魔は待機状態にしているのだけど、退屈するらしく、自分でヒョコヒョコ出てきては戦闘に加わって、鍵に戻ったりしているので、もしかして、飼い殺し状態なのか、時々申し訳なくなってしまう。
数が多いだけで、相手が強いわけじゃないからなあ。

ということで、新メンバーが増えたので、また戦いに行ってきます。
persona3m4.jpg


・・・もしかして、これは、ぼったくり?

今日本屋さんをテケテケ歩いていたら、こんなものが目に入って、ビックリ。

真田先輩と桐条先輩のラバーストラップ。
速攻で買ってしまった。

でも、何かよく見ると、F賞とか書いてあって、もっとよく見ると、HAPPYくじ、とか書いてあって、これってもしかして、くじの余った景品を売っているのですか?
買っちゃったよ、600円出して。高いんだか安いんだか、よく分からない。

裏を見ると、このF賞は全4種だそうで、他に、結城理&伊織順平、岳羽ゆかり&山岸風花、エリザベス&タロットカード、というのがある。
残っていたのが、あとゆかりと風花のバージョンだけで、思わず荒垣さんがいないかと必死に探してしまった。

でも、凄いよな、くじの余りを売ってしまうんだ。それとも、最初から売り物なのか。・・・うーん、くじって書いてあるから、くじなんだよね。
まあ、非売品とか書いてないからいいのだろうけど、うーん。
買っちゃったから、ラッキーといえば、ラッキーなのか?

この間、アトラスのサイトで、このHAPPYくじの第二弾、次回の映画に合わせて発売されるようで、何と、その中に荒垣さんとコロマルのフィギュアが含まれているそうな。
見たときに、ほしかったのだけど、どこで買えるのか分からなかったのであきらめていたのだけど、これなら、あの本屋さんに行けばできるのかな、くじ。
あとは、運だけ。

ということで、あの本屋さんに通ってみようと思いました。
荒垣さんのクリアファイルに狂喜しながらも、ちまちまと続けているデモンゲイズ。
好きなメンバーの名前をつけたキャラなので、愛着もひとしお。・・・でも、アマダクンは微妙に間違えてしまった感がある。

まだまだお城を探索している最中なのだけど。
そんな中、宿屋に入っている美容院(あるのよ~)の美容師さんから頼まれていたエルフが作った防具4点セット、やっとコンプリートしたため、納品。
コンプリートをするまではロキにつけさせていて、結構お役立ちだったことから、あげるのがもったいなくなってしまい、サークルでの防具狙いをエルフェンシリーズに絞っていた私。
おかげさまで二つ三つゲットできて何とか渡せるようになったのはいいのだけど。
同じ防具でも、たとえばエルフェンストール+20みたいにヴァージョンアップしているものもあって、もちろん、そんなものはあげられないから、レベルの低い順に納品。上等な奴は、今、ロキがつけている。

その報酬が、キャラクターのカラーチェンジ。
今いるキャラの色合いを別のバージョンに変えてくれるというもの。
チェンジ色の方が何か味があるように見えて、無料なのをいいことに、全員変更。
特に荒垣さんなんて、銀の甲冑を着ていたのだけど、赤い色合いがたくさん入って、何か格好良くなってしまった。
赤毛だったフィネガンは銀髪っぽくなってしまって、うーん、みんないいなあ。

・・・と、喜んでいたのだけど。

このデモンゲイズって、何故かキャラ変更が可能。
この美容院で外見変更できるのだけど、それって、いいのか? って思ってしまった。
だって、最初のキャラ選択みたいに、メンバーの外見から声から、全部変更できるのよ。
木暮くんと荒垣さんが一緒にお酒を飲んで、酔っ払った荒垣さんが木暮くんの部屋で寝てしまい、仕方なくベッドを半分貸してあげて、翌朝目が覚めたら。

隣で寝ていた荒垣さんが、凄い胸の大きい半裸の美女になっていた、という事実。

こういう女性キャラが、結構多い、このゲーム。・・・選ばなかったけどね。
でも、驚くよね~。
私もびっくりだ。
今まで荒垣さんとして頑張ってきたこのレベルが、別人になっちゃうんだもんね。
これはちょっと悲しいなあと思って、やらないけど。みんな、ころころ変えたりしているのかなあ。愛着が出て、かわいそうな気持ちになるよね~。

ということで、カラーチェンジだけにとどめておいた私です。

また探索に出かけないと行けないのだけど、とうとう家賃が1000G超えてしまい、涙。
戻るたびに、守銭奴の管理人に1000G取られるので、宿に戻るのがイヤになってしまった。ついでにお城に住んでしまおうかと思うくらい。
そこにいる主人のデモンに誘われたら、居候させてもらいそうなくらい、今揺れている木暮くん。
いつの世も、家賃だけはイヤよね~~。
どうしよう。病気が止まらない。

二つ前のブログに載せた、自分で撮った写真。・・・にも関わらず、妙にピントが合っているというか、お上手に取れているため(自画自賛)、携帯の待ち受け画面に設定しても、かなりくっきりはっきりいい感じで写っているため、病気が進んでしまい、とうとうパソコンの背景画像にまで設定してしまいました。
・・・どこまでいっちゃうんだろ、私。
でも、二つ並べて、ただスマホで撮ったとは思えないくらいのクリアな画面と、角度的にも上手く撮れたみたいで、背景画像にしたら、凄い良くって、自分に感動してしまった。
愛だなあ。
ブログのヘッダーに使っている長沢のキャラクターのスペードも、デジカメで命がけで撮った写真なので、スキャナーとか使ったわけではないため、時々それを知った人に驚かれる。
スキャナーとか、そんないいもの、ないのだよ、長沢家は。

そんなこんなで、背景画像にまで使ってしまった、自分の写真。
でも、荒垣さんなら何だかとっても嬉しくて、パソコン開けるのが楽しい。

やばい、病気が止まらない。

あとは、A4サイズのクリアファイルをいつも持って歩けるわけもないため、ついつい、ハガキ大のカードにカラーコピーしてしまったとか、濃さとか位置とか調節して、格好良くハガキを作ってしまったとか、そんなこと口が裂けても言えない。・・・だって、カラーコピーあるのに、使わない手、ないじゃない。長沢、寝てたし。(←いえ、起きてたって、かまわないのだけど)

どん引きした人、ごめんなさい。
久々に、楽しいなあ。特に、荒垣さんは、単独で何か乗っているようなグッズとかもなかったし、こんなに格好良く、おっきく載っているアイテムとかもなかったしで、嬉しくて、理性が全部吹っ飛んでしまった。

明日から、また頑張りま~す。
ちなみに、この写真です。(もう一回載せちゃお。たいしたことないって思っても、心の中にとどめておいてね。別バージョンの写真も撮ってみるかと検討中)


aragaki2.jpg
aragaki3.jpg


せっかくなので、このバージョンも撮ってみた。
カストールが写っているのは二つ折りのパンフレットになっていて、開くと荒垣さんのプロフィールとか、映画の紹介とか、声優さんのコメントがちょこっと入っている。

光ってしまってごめんなさい、な残念な写真だけど、合体するとこんな感じ。
これもこれで、とてもカッコいい、気がする。

余談ですが。
自分で撮った荒垣さんの写真をいじっていたら、壁紙設定を間違えて触ってしまい(せっちゃんだから、押したら自動でゴー。止められなかった)、一つ前のブログに載せた写真がスマホの待ち受けに。
余りにアップで、何だかビミョーだったので、せっちゃんに任せず、自分でやってみたら(←ヤケ。だって、今まで使っていたの、消えちゃったし。凄いいい感じになっていたのに、無念)、ちょっといい感じになったので、今私のスマホの待ち受けが荒垣さんに、突然チェンジ。

ちょっと人に見せられない、痛いスマホになってしまった。
いや、荒垣さんは格好良くってうっとりものなんだけど、アニメ絵を何か待ち受けにするのがちょっと抵抗あるし。人に見せられないし。
しばらく、スマホの待ち受け画面を人前に出さないようにしようと思いました。

・・・でも、荒垣さんが、何か凄い嬉しい。(←もう、重病)
aragaki2.jpg


ペルソナ3 THEMOVIE の前売り券についている、クリアファイルで、荒垣さんバージョン、お友達からもらいました・・・!!!

ありがとう。
凄い、嬉しい。

前売り券を買っても4分の1の確立のため、自分で買うのはあきらめていたのだけど(だって、他メンバー、天田くん、コロマル、アイギスで、どれが当たっても私には大変ビミョー)、もう凄い嬉しくて、写真を撮ってしまいました。
超下手で、ごめんなさい。

夢にまで見た、荒垣さん。
嬉しいなあ。

もちろん、使うなんてとてもできないので、しまってしまいました。
この間買ったクリアファイルと合わせて、しばらく眺めていようと思います。
でも、次の映画で、とうとう荒垣さん、お亡くなりになってしまうのかなあ。今回出てきて仲間になって、終わりかなって思っていたのだけど、彼の声優さんのコメントがちょっと含みがあるみたいで、何か死んでしまいそうな感じ。
映画館で号泣しないといいけど。・・・100%あり得るので、あんまり行きたくないなあ。見たいけど。

そんなこんなで、しばらく会社でも元気に過ごせそうです。

こんなものも食べてしまって、うーん、元気ね、私。左端に写っているものがご愛敬ですわ。


pancake3.jpg
なれてきたせいか、凄く楽しいなあ、デモンゲイズ。・・・しかも、魔界戦記ディスガイア3リターンを触ったあとだと、ノウハウがすでに蓄積されているから、分からないことなんてないし、頑張ってガシガシ行けるしで、心が癒やされる。

そんな中、シャーク教の司祭に頼まれて、死神みたいな魔物を倒して、感謝された木暮くんご一行。
今度は、何と、そのシャーク様が病気になっていて、ここはヒトツ、救世主の上の救世主さんにどうすれば助かるか、聞いてほしいと。
その救世主の上の救世主は、宿の地下にいる、棺桶屋の女の子のようなのだけど、とりあえず聞いてみたら、病気を治す薬の作り方も、材料もあるのだけど、これからゲットしに行くデモンの力が必要だそうで、結局、そのデモンを討伐して、ものにしてから、シャーク様を助けないといけないよう。

でも、そのシャーク教の信者さん達の、~でフカ? っていう言葉遣いにちょっとくらくらしてしまい、何だか結構好きになってしまった。(・・・私、やっぱり、疲れてるんだわ)
とりあえず、その次のデモン、ユピテルを討伐しに、またうろうろとお城を歩かないと行けないのだけど。
今、初めて、二階に上がれて、ちょっと嬉しい。
なかなか進まないのは、もちろん、セーブもできるサークルを見つけてはジェムを置いて、いい武器とかをもらおうとリセットを繰り返しているからなのだけど、ショボい敵が出てきたら、もちろんろくなものが手に入らず、強い敵が出てきたら、誰かが結構討ち死にして(←主に、木暮くん)、武器もまあいいけど、ビミョ~というものばかりなので、なかなか先に進まない。

少し、武器とかから離れて、頑張るか~と歩き出したけど。
今、木暮くんと荒垣さん、レベル21。他三人が、レベル20と成長した。
荒垣さんなんて、体力1044、999MAXの世界で生きてきた身としては、体力が1000超えると何だか超人になった気になるのだけど、実際はまだまだみたい。
何か体力重視にしたせいか、攻撃力が微妙に少なく、うーん、サムライとしてはちょっと危機感。少し、力の方も鍛えていかないといけないかも。
フィネガンも、毎度毎度隠れては敵に見つかって、出たり入ったりしているけど、戦えばかなりの数値が出るようになった。全体攻撃を覚えてくれれば、もっといいのだけど、やっぱアサシンだから、標的は一人なのかなあ。
アマダクンもすっかりいっぱしのヒーラーになってきたみたいで、ホーリーシールドの保ちが結構良くなっている。ロキが張ったものだと、全体攻撃をされて三人目くらいで割られてしまうけど、アマダクンのは五人目のアマダクンまでちゃんと防御。すご~く使える。
そして、ロキは、どちらかというと攻撃魔法が得意のため、SPを使わないウィザーボルトが結構な数値を出してきている。もちろん、きちんとした攻撃魔法も種類が増えて、しかも一列全体攻撃までできるようになってきたので、ボス戦では、全て攻撃魔法で行くし、かなり、いい感じ。

そして。
主人公の木暮くんは、相変わらず。・・・微妙。
まあ、パラメータの割り振りを間違えているので、未だに箸にも棒にもかからない状態。
荒垣さんみたいに、間違えても何かに特化していればまだ良かったのだけど、平均過ぎて使えないような状態。打たれ弱くてすぐに死んでしまうし、いっそのこと、アマダクン達と同じ後列に配置しようかと思ってしまった。
いい魔法が使えるわけでもないし、うーん、困ったね。
でも、きっと優しくて、人望があるんだろうなあ。何となく、みんな、木暮くんのこと好きみたいだし、ちょっと嬉しい。
あと5人くらい人数増やせそうなのだけど、戦闘に参加する人は宿屋に泊まり、それ以外は郊外に家を構えて、という感じで、入れたり出したりするようになるみたい。
他の職業もちょっと使ってみたい気もする。

とりあえず、シャーク様を助けてから考えようかと思います。
少し進んで、じいやから、戦いの基本を聞いて、チュートリアルでお試し。

画面が小さくて、よく分かりません。
まあ、シミュレーションRPGだから、基本コマで移動するようになっているのは分かるのだけど、背面とか触って、何か視点の角度を変えられるみたいなんだけど、よく分からない。
ちっちゃすぎて、よく見えない。・・・目が悪いと辛いゲームだ。

しかも、誰がどこに移動したのか、自分でやっておきながら、よく分からず。
移動して、攻撃を選ぶと、攻撃できる相手を表示してくれるのは嬉しいのだけど、それは全部味方です、とか出たりして、誰の隣に行って良いやらうろうろ。
間違えてターン終了とか押しちゃうと、一気にエネミーターンになるため、袋だたきに遭ってしまうという恐ろしさ。
気をつけないと。
少し、お金があるみたいなので、アイテムやら剣やら買えるみたいなんだけど、誰に何をつければいいのかまだよく分からず、放置。
とりあえず、みんなで拳で語って、いったん戦闘は終了したけど。

ちっちゃくて・・・疲れた。
VITAの画面で見てもちっちゃいので、目が凄い疲れる。
誰か、虫眼鏡プリーズという感じだった。
面白そうなんだけど、できるのか、私。

隣接すると一緒に攻撃できるみたいなので、なるべくキャラ同士をくっつけないといけないみたいで、コマちっちゃすぎ~。

あとで、余力があったら、もう一度戦闘にでも行ってみようと思います。
デモンゲイズになれてしまった今、結構大変かも、魔界戦記ディスガイア3リターン。
見ないふりにならないと、いいなあ・・・。
4月1日からの増税に踊らされている、私。
つい、ゲームが値崩れしていると、やってみたいと思ったものは買ってしまう、心の弱さがピーク。

そんな中、見つけてしまった、魔界戦記ディスガイア3 Return。

学園ものと書いてあった、その一言で、ゲット。・・・どれだけ好きなんだ、学園もの。
まあ、やり込み度1000時間とか書いてあったので、できるかどうかは分からないのだけど。シミュレーションRPGだし。

まだちょっと開けて、覗いてみたくらいなんだけど。
主人公は、マオという名の悪魔くん。
お父さんが魔立邪悪学園の理事長をしていて、その一人息子、傍には常にじいやがいる、まるで南条くんのような感じ?
んで、そのじいやに勇者が活躍するマンガやらゲームやら、アニメやらを見させられ、勇者が魔王を倒す、そのストーリーに感動して、今日から自分も勇者になると。
勇者は、魔王を倒しに行くのが黄金律のため、自分も父親を倒しに行くぞと。

おい。
それでいいのか。仮にも、時期魔王だぞ、貴様。

と、最初から、脱力。
明るい学園もの(←悪魔で?)を期待していた身としては、ひっくり返りそうになった。
しかも、そのじいやが凄いこいつを焚きつけているし、何か魔王に恨みでもあるのかと思ったよ。

そして、勇者には愛と勇気が必要。・・・何だ、それは? ということになり、そこでまた、あのじいが、悪魔くんのため、活きのいい勇者を見つけておいた、早速捕まえて解剖して、研究しようということになり、レッツゴー。

はい~~~~?
と思っていたら、どうやら学校に行かないぼっちゃまを学校に行かせるための作戦だったらしい。
見事、成功。勇者を探しに、学校に行くぼっちゃま。
ちゃっかり、お供のものまでもらって、勇者探しにゴー。・・・上手くじいにのせられているぼっちゃまに、お供がいきなり5人もついて、私がビックリ。何をしていいか分からなくて、うろうろ。
とりあえず、学校に行けばいいと思うのだけど。
奥が深いぜ、魔界戦記ディスガイア3 Return。

学校に行くことになったぼっちゃまだけど、すぐに場面が学校になったようで、いろいろな魔界人達が一杯。
プリニーというペンギンみたいなモンスターが可愛くいるのだけど、話しかけて、びっくり。
いきなり、レベル100ですか・・・!? しかも、HP2620/SP664って、もうエンディング・・・???

5人の仲間と少し話すためだろうけど、レベルが違いすぎ。
次にいた仲魔が、魔界セクシー凶師 魔チコ先生。レベル500、HP28856/SP5301。
何かだんだん感覚が分からなくなってきた。

少し先の教室の前に、クラスメイトっぽい子がいたのだけど、レベル1。
何か、妙に和んだ。
やっぱ、RPG始めたばかりは、レベルは1からよね~。
そして、周りがレベル1ばかりになった頃、何となく事情が飲み込めてきた。

要は、魔界だから、巨悪学園みたいなのが大変な優等生らしい。
しかも、このぼっちゃま、学校の一室を自宅にして、住んでいたらしい。
今まで、手を洗って一回もハンカチで拭いたことのない、という話が、伝説になるくらいのグッジョブらしくて、巨悪を考えると、すんなりと頭に入るところが凄いわ~。
んで、またじいやがけしかけるのだけど、勇者は理事長室にいる。→我が家か、勇者は人ん家にずかずか勝手に上がり込んで、好き勝手三昧、勇者には愛と正義とやらがあるから、何をしても許される。

う~ん、真理だね。返す言葉もないくらい、RPGでは基本だ。

そんなこんなで、ちょこっと暇を見つけては触ってみたいと思います。
persona3m3.jpg



ついでに、こんなものまで買ってしまった、私。
先日買った、荒垣さんもいるクリアファイル、P3版とP4版と、タルタロス劇場版。・・・のタルタロス劇場版のイラストと一緒なんだけど、クリアファイルの方は全キャラがこのポーズ。
・・・もちろん、荒垣さんもしていた。
ラバーストラップは、P3とP4の主人公だけみたいなんだけど(というか、それしか残っていなかった)、荒垣さんがいたら、買っちゃうなあ、こんなポーズしていても。

よくよく見て分かったのだけど、オロバスのあのポーズらしい。・・・なんで、オロバスなのか、まあ、あんな変なポーズ、みんなでやったら面白いけど。

そして、本題。

ペルソナQの3DSLL同梱版、予約してまいりました。
お友達に、こういう限定版は、ほしいんだったら買えるときに予約とかしておかないと、あとでほしくなったときに手に入れるのに、凄い苦労するということを教えてもらい、ダッシュで吉祥寺に。
とりあえず、ヨドバシで聞いてみたら、丁度その前日から予約が始まって、もう結構な数埋まっているそうで、本当、ギリギリでした。
優柔不断とはほど遠い性格をしているようで、決断は一瞬。

すっごい、嬉しい。
ニンテンドー3DSLLが二台になってしまうけど、コレクションにする気もないので、使うわ、ペルソナQバージョン。・・・というより、これがあれば、他はいらないくらい、嬉しい。

まあ、ペルソナ3関係も、ここら辺がピークな気がするし。
映画に、スピンオフみたいなゲームが出るし、だいぶ前のゲームなのに、改めていろんなバージョンが作られて、幸せだわ。
このゲームが発売されて、映画が完結したら、もうないだろうなあ、って。

と、いうわけで。
今日一日、大変機嫌がよろしかった私です。
ちなみに、長沢にも、いいました。オッケーでした。
まあ、私がどんなにアトラスが好きか、荒垣さんが好きか、フィネガンが好きか、ロキが好きか、を知っているからだと思うのだけど。
あきれられなくて、よかった。

そして、今、このラバーストラップをどこにつけようか、悩んでいます。
巨悪学園 うどん/長沢克泰
NEMESIS 2014年 春号 NO.16(講談社シリウスKCDX 2014年4月4日 発売予定)


巨悪学園2巻 うどん/長沢克泰 (講談社 2013年9月9日 発売中)



ご心配おかけしましたが、無事原稿上がりました~。(・・・と思う)

あのあと、私は用事があってすぐに出かけてしまい、今帰ってきたところでございます。
長沢は寝ているので、まあ、大丈夫だったみたいで、よかったよかった。

応援してくださっている皆様、ありがとうございます。

渾身の原稿は、4月4日発売です。
どうぞ、よろしくね。
kyoaku77.jpg



巨悪学園 うどん/長沢克泰
NEMESIS 2014年 春号 NO.16(講談社シリウスKCDX 2014年4月4日 発売予定)


巨悪学園2巻 うどん/長沢克泰 (講談社 2013年9月9日 発売中)



本日のお昼が本当にデッドらしい、長沢の締め切り。

夕べからほぼ徹夜で描いているのだけど、何か机の上からぼとぼととペンやら何やら落っことしていて、拾う余裕すらないようなので、代わりに拾ってあげたら。

「ページの断ち位置、間違えた・・・」とぼそっと言われた。

最後に何とか仕上げていた某奇数ページを、偶数ページの断ち位置で描いてしまったいたことを、ちょっと前に気がついた、らしい。

うわお。

まだ他にもやらなければならないことが山積みらしいのだけど、必死に修正。吹き出しとかも入れてしまって、ほぼ完成に近い状態になっているため、今必死で直していると。
結構そういうことは多いのだけど、こんな状況で見つかるのは、やっぱりまれ。
お昼に渡さないといけないのに。

とりあえず、「ファイト・・・!」と励まして、離脱。
邪魔しちゃ悪いし、まあ、何とかすると思うのだけどね、プロだから。

こんな苦労満載の、巨悪学園。
発売は、4月4日。

みなさん、よろしくね。今回も驚愕なお話でございます。
現在膝の上で、オカメが寝ていて、動けない私です。
まあ、床の上をうろうろ歩いて変なものを噛んだり、寝ている長沢の枕元でじーっと長沢を見つめていたりするよりはいいけど(←日常の恐怖)。

現在お城探索。
今度はシャーク教という宗教集団まで出てきて、どうもそのお城で何かをやっているらしく、歩くついでにデモン退治まで依頼されて、何か、救世主にされている木暮くん達。
まあ、ついでだから、いいけどさ。目的一緒みたいだし。

いろいろな種類のジェムをサークルに設置して、倒した魔物さんからそのアイテムをランダムにもらうのだけど、神器という他の職業の技を使えるアイテムをもらうこともできて、ついこの間、ヒーラーのアマダクンが使っているホーリーシールドの神器をもらい、ロキにセット。
これでアマダクンが回復に努めている間、代わりにロキがシールドを張ってくれるので、大助かり。レベルとパラメーターの上がり具合によって威力が違うみたいなんだけど、それでもあるのとないのとでは大違い。少し、戦闘が楽になった。
こういう魔法系の神器が来てくれると楽なんだけどなあ。ランダムだから、パーティにいない職業の技とか来たり、何かいらないよ的な初期の技をもらったりと、結構切ないところもある。パラディンが持っている食いしばりの神器ももらったけど、体力と素早さが高くないときちんと発動しないみたいだし、サムライの荒垣さんが今体力を上げまくってサムライの道から踏み外してきているのに、素早さはないから、微妙に作動しないし。
木暮くんは全パラメーターが微妙なため、何をつけても作動はするのだけど、効力が少なくて、本当育て間違えて器用貧乏の見本のような奴になってしまった。
魔法は使えるけど、威力なし、剣も使えるけど、いうほど力なし。アイテム係としても素早さが足りないし、うーん、困ったもんだ。

そんなこんなで、楽しく探索しています。
まだまだお城の序盤のところをうろうろしていて、なかなか奥に進めない。

オカメが起きたので、お城探索に行ってきたいと思います。
先日から荒垣さん、荒垣さんと騒いでいた、ペルソナQ。
予約もして、一安心というところだったのだけど、アトラスのサイトで以前から話題に上っていたペルソナQの3DSLL同梱版、その画像がアップされ。

やばい。
凄いほしい・・・!!!

でも、今こんな時期に、3DSLLを買う余裕なんて、お財布にもマインドにもない状況なのに、凄い、ほしいよ~~~。

ブルーで統一、メンバー全員出ていたし、あの荒垣さんもほんのちびっちゃくいたし、でも、あの人が今まで何かのポスター等に出ていたことがあっただろうか。・・・CDのジャケットとかにはいたけど、今回の映画だって、メインは何か主人公以外だと桐条先輩と真田先輩ぽかったし、いてくれたのに感激。

ほしいなあ、ほしいなあ。
でも、買えないだろうなあ・・・。さすがに、3DSLL二台目はヤバイでしょう。

ということで、今葛藤しています。
しかも、予約しちゃったし、ゲームだけ。早々に。

何か、一つくらい、気に入った3DSLLがあってもいいと思うのだけど、一年出るのが遅いよ、ペルソナQ同梱版。

しばらく、悩もうかと思います。(いや、だって、見ちゃったんだもん、ほしいんだもん。)
宝箱が置いてある場所を思い出して、デモンの鍵を5本使って、指輪をゲット。
喜んで武器屋さんのところに持っていったところ、話が急展開。

デモンは11体いるようなのだけど、そのうちの5体をゲット。
残りのデモンを探しに行かないといけないのだけど、どうやら、結界を張られた城の中にいるよう。
もちろん、今稼働しているお城ではなく、200年前に滅んでしまった、いわゆる廃墟になっているらしい。
グリモダールという名のお城らしいのだけど、200年前に城の地下にミスリルという魔力の銀の鉱山が見つかり、その財産で国を経営すれば良かったのに、何をトチ狂ったのか当時の王様がそのミスリルで時計塔を建てて、そのまま国は滅んでしまったらしい。
魔術に傾倒していたらしく、今木暮くん達が使っているいろんな場所に行けるゲートもその王様が作らせたらしいのだけど、なまじいろんな人が入ってこれるようになってしまったため、宝が心配になって、今度はお城全体を結界で覆ってしまう。
でも、10年くらい前に城の中で何かがあって、そこからデモンやザコ敵が現れるようになったらしい。それまでは結界は冬眠していたらしいのだけど、誰かが侵入して、何かをやったことで、結界が復活、デモンが現れて、今に至ると。
多分、その何かをやった人が、木暮くんを作った人だと思うのだけど、とりあえず、デモンを捕まえにその城に入らないといけなくなってしまった。

んで、その結界を通るためのアイテムが、木暮くんがゲットしてきた指輪。
まあ、武器屋さんと管理人さんに頼まれて、指輪を持って、結界に侵入することになり、勇んでゴーした木暮くんご一行様なのだけど。

アスタロトという名前の、デモンが、待ち構えていた。
ラスボスは、どうやらソルという名前の天使が悪魔に墜ちたような方みたいなのだけど、その眷属らしい。
ソルゲイズという技を持っているらしく、中身は木暮くんがデモンを使役するデモンゲイズと同じ意味で、今回使役されるのが、どうやら木暮くんらしい。
つまり、その技を浴びると、木暮くんがデモンと化して、暴走する、らしい。
まあ、防ぐには、その予兆が出たときに、デモンを戦闘に参加させておくと無効化してくれるらしいのだけど。

大変だった~。
デモンを出しておくのは全然オッケー、だけど、何か、アスタロトさん、回復がハンパない量で、何ターンかに一回500くらい回復するので、うちが攻撃しても全然減らない計算になる。
しかも、アマダクンのホーリーシールドを簡単に割ってくれて、さらに追撃もあるため、一番ひ弱なアマダクンが、死ぬ死ぬ。
死んだたびに、やり直していたのだけど、埒があかなくなり、蘇生させる復活の羽根を全部使って、何とか生存させていたような状況に、メマイ。
ロキが補助魔法で、食いしばりをみんなにつけているんだけど、役に立っているのかどうか、分からないし。死なない確率を増やす感じかな。
荒垣さんも頑張って、切りまくってはいるが、なかなかいい武器を持たせてあげられないため、微妙にダメージの数値が伸びず、もちろん、木暮くんは中途半端なので、最後にはアイテム回復係になってしまい、妙なところで役に立っていた。
そんな中、結構フィネガンが活躍。隠れていても引っ張り出されてしまうこともあったけど、結構な数値が出るし、体力も木暮くん並みにはあるため、いよいよ出番が来たよう。
ぼろぼろになりながら、僅差で勝ったようなんだけど、余りに被害が大きいため、リベンジ。

そうしたら、今度は何とか誰も死なずに、勝利。
最初の戦いと何が違っていたのか分からないのだけど、とりあえず、気持ちよく勝てたので、一回宿に戻ることに。
やっぱ、ぼろぼろだし~、一回セーブしてから探索だと思って戻ったら、早速家賃の徴収が。レベルアップしているため690Gも取られて、何か、今回だけは解せない。
せっかくお城にゴーした記念に今回はサービスするわ、とかないのかなあ。
まあ、いいけどさ、少し貯金も増えてきたから、家賃も心配しなくてよさげになってきたし。

でもなあ、最近、RPGで凄く苦労するようになってきた気がするのは何故?
メガテンⅣも大変だったし、メタルマックス4に至ってはすっごくリベンジマッチを繰り返したような気がするし、今回のデモンゲイズも何だか大変だったし、RPGって、こんなだっけ? って、記憶が凄い曖昧になってしまって、恐ろしいわ~、年は取りたくないわ。

いよいよ、お城探索してきます。
昨日、占いをして、明日(今日ね)ミスするから、気をつけろ、といわれ、気をつけようと決心していたはずなのに、朝一番に仕事でミスをしてしまった、私。

へこむわ。一日テンション下がってしまって、大変だったわ。

そんな中、お昼休みに、ボス戦。
もちろん、相手は、先日から追っかけ回していたデモン。人魚のネプトゥヌス。(←名前が覚えられなくて、いつも攻略本のお世話)

わりかし、苦労なく、勝利。
大変だったのは、そこまで行くのに、10個近いサークルを制覇して、出てくる敵と戦うのだけど、やっぱり5匹×3列がきつかった。
敵も強くなってきているし、下手すれば100くらいダメージを食らって、それが続けざまに三匹じゃ、いくら木暮くんでも体力が持たない。
と思って、ちょろちょろみんなのスキルを見ていたら、食いしばり、のようなスキルを発見。
神器という装備すれば誰でもその技が使えるアイテムがあるのだけど、それをロキにつけて、木暮くんが死なないよう真っ先にかけさせる。
アマダクンはホーリーシールドというバリアを毎回毎回貼らないといけないため、なかなか忙しくて、回復にまで手が回らない状況。
素早さ一番のフィネガンにアイテムを使わせて回復をやらせると、隠れていたところから飛び出してきて、他のメンバーにいろんなものを食べさせて、自分は隠れられなくなってしまうため、微妙に配分が難しい。
一番暇そうなのが木暮くんなので(育て方を間違えて、箸にも棒にもかからなくなってしまったし)、彼にいろんなフォローをしてもらおうと思っているのだけど、魔法を使うにはMPが少なく、武器で戦うには微妙に力が足りないという、泣けてくるタイプだ。まあ、デモンさえ召喚してしまえば、あとは何してもいい方なので、ある意味オールマイティ。・・・といえるかも、しれない。

ネプトゥヌスに勝利したので、これでデモンが5体。そして、彼らデモンは木暮くんが持っている鍵の中に一体ずつ収まっているため、現在鍵が5本集まったことになる。
武器屋のお兄さんから、王の指輪という何か凄くいいアイテムをゲットするよう頼まれていて、この間探索していたらあるモンスターが張っていた罠にはまってしまって戦って勝利、宝箱をもらったのだけど、その他から箱の中に頼まれていた指輪が入っていて、それを開けるにはデモンの鍵が5本必要なので、今回やっとそれがそろったことになる。
それはいいのだけど。
宝箱を置きっぱにしていた場所を忘れてしまい、これから5本目の鍵をもらって、探しに行かないと。
世界樹の迷宮みたいに地図にいろいろと書けるわけじゃないから、ちょっと大変。どこに何があったかなんて、ほとんど覚えていないし、困ったわ。

そんなこんなで、楽しくやっています。・・・今度は、サモンナイト5ができるのか、心配だったりします。
ゲーム二つは無理でしょ、とかいってたのに、先日吉祥寺に行って、クリアファイルを買ったら、何故かその反対の手に、PSPのゲーム、サモンナイト5が・・・!!

誘惑と金額に負けてしまいました。

RPGはしたいけど、ダンジョンRPGで、キャラメイキングを自分でするのに、ちょっと食傷してしまった私は、この間うにうに考えていたときに、何故かRPG以外のゲームをすればいいんだということに勘違いして、チョロ見。
サモンナイト5がシミュレーションだということを知って、以前から気になっていたこともあって、しかもVITAでするより、PSPのUMDでプレイする方がビックリするほど金額が安かったので、もうPSPでいいやとゲット。。
でもでも、後々見たら、シミュレーションRPGということを知って、まあ、いっかと。
だって、アクションダメだし(←ゴッドイーター2断念)、パズルダメだし、アドベンチャーには疲れたしで、他にやるゲームがこれ以外思いつかなかったというのが正直な話。

さっそく開けてみたけど、まだ戦闘すらできていなく、序盤も序盤。

サモンナイト5は、男女好きな方を主人公に選べる。名前が自由につけられて、恋愛エンディングがあるなら女の子にしようと思っていたのだけど(男の子を選んで、女の子と恋愛することほど、私にとって不毛なものはない)、名前は変えられず、説明書チョロ見したところ、余り発展する感じもなかったので、フォルスという名前の男の子を主役に。

いがみ合っていた4つの国が反省して仲良くなり、主人公のいるリィンバウムという国が繋いで4つの種族と主人公達人間が共存していこうとしている世界で、主人公達人間の一部が召喚能力を持っていて、盟約を交わしたパートナーと一緒に冒険をする話、らしい。
主人公は子供の頃、森に入り込んだ友達を探して、異界の穴に落ちてしまい、そこでパートナーと出会い、盟約を交わして、後にサマナーになるのだけど、その穴は、その友達がやってはいけないことをやって開けてしまった穴のようで、その穴から出てきた敵に襲われ助かった主人公が気がついたときには友達は引っ越ししていて(3日しか経っていないのに)、うーん、何か隠蔽されたくさい。後々その友達、出てきそうな気がするし。
パートナーは4つの種族から選べて、今回は鬼の男の子みたいなのにしました。
名前も固定で、カゲロウ。
その子と会って、盟友になったことで、主人公は召喚師の道に進むことになったのだけど。

現在は20歳くらいになっていて、そのカゲロウも成長していて、弟ということになっているみたい。
現在は召喚師達の総本山「異世界調停機構」につとめていて、朝呼び出された任務が、警察騎士団本部に所属するエリートのお姉さん、イェンファのお手伝い。でも、内容は知らされず、というところで、ストップ。
まだ戦闘のせの時すらないところで、時間切れ。

ちょっと触った感じ、面白そうだった。続きをやりたいが、デモンゲイズが待っているので、まあ、ちょこちょことやっていこうかと。
話を途中で忘れてしまいそうで、怖いわ。
しかも、今日昼休みにデモンゲイズ開けたら、楽しかったし~。
ゲーム二つは、やばいか。

でも、6月になったら、ペルソナQが来るため、それまで何とかエンディングを迎えたいなあ。
うん、絶対、全部捨てて、ペルソナQにいってしまうと思うし。
あと、三ヶ月ですね。
persona3m2.jpg



今日、久々に吉祥寺まで行ってみたら、こんなモノに出会ってしまった。(何となく、小さく載せてみました、写真も上手く撮れなかったし、光ってしまってごめんなさい。こんな感じのモノだと思ってもらえれば)

即買い。
だって、荒垣さんがいるし。

何かというと、P3クリアファイル、三枚セット、です。
他に、P4とタルタロス劇場(確か)のクリアファイルセットもあったけど、やっぱり好きなのは3なので、これだけ買ってまいりました。
ペルソナ3と4のマンガを描いている方の絵のようだけど、どなたが描いていても嬉しい。荒垣さんだから。

夏に映画も来るし、5月には先般の映画のDVDも発売されるので、それの販促品として作ったのかしら。
出会えて嬉しかったです。
だいたいこういうモノはいつも完売してからあることに気がついて泣くパターンの方が多いので、見つけられたのは嬉しかったなあ。

しばらく眺めてから、使ってみようかと思います。


ところで。
ペルソナ3とか、4とか、デビサバ2とか、最近いろいろと漫画化されているけど、余り自分で出会いがないため、どなたが描いていらっしゃるか分からなくて。
特に、3とかは荒垣さんが亡くなってしまうので、読むのが辛いし、でも、荒垣さんが出るシーンは見たいし(映画でも嬉しかった)と、葛藤しています。

うちにいる、スーパー絵描きさん、描いてくれないかなあ、荒垣さん。・・・なんてこと、大きい声では言えないのですが。某ヒーローも四人ほど描いてくれていたし。

と、思っていたら、ちょっと似たような方がいたのを思い出して、引っ張り出してみました。

これだ・・・!


gen1.jpg



ごめんなさい、ニット帽、だけでした。・・・適当に撮ってしまったので、光っているし、ごめんなさい。
この彼は、蛇ヶ花 元(じゃがはな げん)といって、長沢のオリジナルキャラです。
百万人の殺人形而上学というマンガの主人公で、長沢の他の作品にも結構いろいろと出てくる、オールマイティな方で、興味があったら、単行本、探してみてね。他に、レジョンというマンガにも出ています。

とりあえず、長沢には、ナイショね。
今デモンゲイズというゲームをちまちま進めているのだけど、だいたい今頃になるとちょっと疲れてきて、他のゲームをしたくなる。
なので、ゲームの浮気目的で、物色。・・・まあ、だいたい二つ同時とか無理なので、物色するだけで、ゲームをするかどうかはまた別の話になるのだけど、気分だけでも味わいたくて。

今PSN(ソニーのゲームやビデオのネット上のストアね)でいろいろ見ていたりするのだけど、セガ祭りなんてのをしていて、増税前のラストチャンス、とか書いてあって、最大80%オフ、らしい。
ちょっと覗いてみたら、シャイニング・アークというゲームが、5600円のところ980円。
発売が去年の二月末で、まだベスト盤にも落ちていない状態で、980円、か。まあ、期間限定だけど、凄いなあ。

やってみたいゲームが、ベヨネッタ、あとは龍が如く1&2HDバージョン。
両方とも、安くはなっているのだけど、P3なので、悩む。
DL版のみで(当然か)、うーん、P3か・・・。
VITAだったら買ってみようかとか思うのだけど、P3だとなあ、ハードを出すのがめんどくさいので、腰が重い。まあ、今年の冬にペルソナ5が出るので、その時は出そうかと思っているのだけど、冬だし、何か延期になるのではないかという気持ちがあるので、本当、心配。

それに、出ているゲーム全部がDL版になっているかというとやはり違うみたいなので、特にVITAのソフトはびっくりするほど数が少ない。
パッケージ版で何かいいのがないかな、と某Gのお店に行ってみたのだけど、中古でも凄い値段が高くて、びっくり。新品買うのと余り変わらない感じがして、それなら新品買うよ、って気持ちになる値段のゲームとか、ペルソナ4Gなんて、別の店で売っていた新品の方が安かった。
どこで何を買っていいかが分からなくなってくる。

うーん、せっかくVITAを買ったので、VITAのゲームをしたいのだけど、何か、微妙にないなあ。
ニンテンドー3DSだと結構気になるゲームもあるのだけど、DQM2とか(ブロ友さんのやり込みを見ていると、やってみたーい気になる、凄い気になる)、カセキホリダー ムゲンギアとか、絶対向いてないと思うけど、どうぶつの森とか、最近でた牧場物語とか、やってみたい。
どうぶつの森とか、牧場物語は、旦那とか、友達とかに向いてないから絶対に無理じゃない? みたいな太鼓判を押され、実際そうだろうなあと思うのだけど(同じ系列のゲームで、ダビスタとか)、できないと思うとあこがれるのよ。

そんなこんなでお友達のブログを読ませてもらっては、羨ましいため息をついています。
こそっと、何か触ってみようかな、挫折上等、という感じで。4月から、増税だしね。

戦うなら、今月中だ・・・・・!!!(←中途半端で、ごめんなさい)
四人目のデモン、ヘルメスをやっと仲魔にしました。
初の男性デモンでございます。・・・余り、シュミじゃないのだけど。

木暮くんパーティも結構強くなっているみたいで、苦戦することはなくなったけど、相手の人数が多かったりすると時間がかかるわ~。
メタルマックス4の時は、相手が一人でも、信じられないようなHPを持っていたため、どっちがいいのかは、ずっと謎。
他の悪魔より、サークル数が多かったので、歩き回るのが大変だった(ジェムが置けるセーブポイントで、全部制圧するとデモンのサークルが現れる仕組み)。
それをやっと全部落として、ヘルメスと戦闘。
イヤだイヤだいいながら、戦っていたけど、まあ、負けたらいさぎのいいこと、木暮くんが土に還るまでずっとそばで見守ってくれるといい、ちょっとどきどきしてしまった。
でもなあ、何か管理人さんに言われたのだけど、木暮くんは、不死身らしい。死なないそうな。デモンゲイザーだから。不死身はいいけど・・・仲間がきっと引退していったら、一人寂しいんだろうなあ、ヘルメスとかしか側にいなさそうだし。

そして、このヘルメスですが、出てくる台詞がビミョ~。
「僕の舞台が始まる」だったかな? っぽいことをいって、参上するので、これは何かどこかで見たことのあるようなぞわぞわ感だと思ったら、やっと思い出した。
セブンスドラゴン2020-Ⅱの、「起源に還ってやり直せ!」とか、「奇跡は安く買えないか」に通じる世界だわ。
何かミョ~に懐かしくなってしまって、ちょっとお気に入りになってしまいそうな自分がイヤ。
早く話を進めて、アストロに会おうと思いました。

でも、実践では、このヘルメス、大変お役立ち。強烈な魔法の全体攻撃を持っていて、追加で毒もつけてくれたりして、凄い活躍。
一番最初のコメットちゃんは、主に探索の時のアイテムゲットとか、隠された扉を見つけるとかそういうタイプで、三番目のクロノスは、溶岩の川とか、トゲトゲした地面とかそういう恐ろしい床を歩くときに無効化してくれるので、それぞれにお役立ちがある。
でも、戦闘に参加しているときはこちらから命令は出せず、放置で好きなことを好きなだけしてもらうしかないので、勝手にガンガン戦ってくれるタイプは非常に助かる。
しばらく連れてあることにしました。

これから、5番目のデモンのネプトゥスという人魚のデモンを探しに、湖の中に行ってきます。湖に沈んだ都市のダンジョンなんだけど、だんだん敵の数が増えていく。今だと、5匹かける3列っぽくなってきているし、結構ピンチ。身体がデカイ敵だと、二体くらいで収まっているけど、前後に合わせて10匹くらいいるしね~。
しかも、フィネガンが隠れるのに失敗して、よく1ターン無駄にしてくれる。
結構面白いパーティになってきたと思います。
ヒーラーという、癒やし系の魔法使いのアマダクン。

みなさんが負傷するまでヒマなので、いつもガードばかりしていたのだけど、素晴らしい技を持っていること発見。

ホーリーシールド。
敵の攻撃から仲間を守る障壁を作ってくれる、魔法。
まあ、耐久力は微妙なんだけど、最初の一撃くらいは防いでくれる。もう少しレベルが上がれば強度も増すらしいのだけど、今は結構二撃目で割られちゃって、壊れてしまう感じ。
でも、ヒマだから、毎回毎回かけていれば、オッケー。
しかも、MPを使わない、特殊技のため、ガンガン使っていいことをつい先ほど発見した。

今まで、知らなくて、ごめん。

この技のおかげで、多少使えなくても問題なし。おつりが来るくらいでした。

みんなそれぞれ成長していく中、微妙なのが、主人公の木暮くん、かな~、やっぱり。
何かがつっとしたのをつけてあげたいけど、微妙に箸にも棒にもかからないというか、何というか。
荒垣さんなら、横一列全て切りつける技(最近二列になった)とか、ロキなら、3人一度に攻撃できるようになった魔法とか、フィネガンなら隠れて切りつけるスニークアタックとか(隠れることもできるようになったし)、それぞれ特徴が出てきたのに、木暮くんだけが、微妙。・・・まあ、個性がないのも個性という世の中だからいいけど、何かあるといいなあ。

でも、家賃、滞納しないから、いいか。現在440G、毎日支払いしている。
もう部屋を借りる必要もないし、武具、防具は、アイテムはダンジョンで拾ってくるので、お店で買ったことないしで、結構節約生活になっている。

会社の人間関係に疲れ切っている私にも、アマダクンみたいな、ヒーラーがほしい。
と思って、長沢のところに行ってみたら、何か凄い、気持ち悪い絵を描いていた。(←ごめん、でも、本当に何か凄いインパクトが・・・。今いえないのが残念です。)
あとでこっそり、写真撮ってこよう。後日、お載せしますわ。

そして、これからまたダンジョン探索に行ってきます。なかなか暴走ヘルメスと会うことができなくて、しかも、近道になるような転送装置もないため、お目にかかる頃には、うちのパーティがぼろぼろ。戦えるのかしら。
みんな、ちょっと強くなってきているので、余り心配していないけど、もう少し、ガツッとした武器がほしい。
くじ運悪くて~、ジェムセットして、呼び出した悪魔からの戦利品があんまり使えなかったりして、売りまくっている毎日。
今はそうやって、戦えってことなのかなあ。
隠れるが失敗ばかりだったので、弓を使っていた我らがアサシンのフィネガンですが、無事アサシンに復帰。
気がついたら、ちゃんと隠れていた。・・・良かった。

戦闘が始まると、自分の気分で隠れたり、隠れなかったりするみたいで、その違いがよく分からない。ランダムでもなさそうで。
とりあえず、隠れていれば、スニークアタックを使い、隠れていなければ、特殊技能のコマンドを開けると、隠れる、というコマンドが使えるようになっていること発見。
でも、自発的に隠れているならともかく、隠れるコマンドを使うと、うん、当然失敗ばかり。1ターン損してしまうため、隠れていないときはそのまま弓を使って、攻撃してもらうことにした。

木暮くんと荒垣さんがレベル12、アマダクンとロキがレベル9くらい、その中でフィネガンはレベル7なのだけど、結構攻撃力がアップしていて、かなり使える人になってきた。
木暮くんと荒垣さんが70~80くらいのダメージを出す中(荒垣さんは全体攻撃のため、威力が減ってしまう)、110くらい出すときとかあって、凄い重宝。さすが、隠れて忍び寄って、アサシンの武器(まあ、今はブーメランしかないのだけど後列だし)で攻撃すると、敵も驚いてダメージ増大するみたい。

でも、どこに隠れているんだか、凄い不思議。
今はまだレベルも体力も少ないので(それでも、魔法使いのアマダクンやロキよりは体力あり)、とても前列に配置できず、活躍が半減しているみたいだけど、そんな隠れるところがあるのだろうか。
前列に配置したら、どこに隠れるのか聞いてみたい気持ちで一杯。

だんだん使える人になってきて、よかったね。

ロキも、レベルが上がって、全体攻撃の対象人数が増えてきたし、アマダクンも回復のバリエーションが増えてきているし、主人公の木暮くんがちょっぴり中途半端に育ってきているのが不憫。
うーん、何ができるというより、どういうタイプにするか決められなくて、珍しくまんべんなくパラメーターを割り振っていたら、何だか普通の人になってきた。
デモン使役できるから、いいのかなあ、多少、凡人でも。

今、四体目のデモン、ヘルメスを捕まえに向かっている。
微妙に私のタイプから外れるみたいなので、ちょっとがっかり。早くアストロに会いたい。
でも、デモンのみなさんは普段は服を着ているのに、暴走すると半裸になってしまうため、目の保養になりますなあ。
宿のみなさんのセクシーショットより、こっちの方が嬉しいので、ずっと暴走状態でいてほしいのだけど、がんばれるかなあ。敵味方、見境なく攻撃するしね。
とりあえず、木暮くんの体力と物理攻撃などに強くなる身体を作っていこうと思いました。
また地道に、ダンジョン探索。
宿屋のみなさんが冷たくなってしまい、木暮くんが結構落ち込んでいる中、パーティのみんなは離れるわけでもなく、一緒にいてくれる。
仲間って、有り難い。(←でも、密かに、木暮くんのことが大好きなのか、もしくは悪いことをしすぎて、ここを追い出されたらいくところがないかの、どちらかだと思っている)

そんな中、ルーキーのフィネガンが挙動不審、な感じ?

何だろう、戦闘が始まると、戦闘画面の彼の顔が写っているところだけ何か暗がりになっている。
毒を与えられ、状態異常を起こしているかと心配したが、実際起こしていたのは荒垣さんで、途中まで気がつかなかった。
顔写真を覆っている枠のところが紫色になっていると毒状態らしく、当然体力が削られていく。
でも、気絶したりしているわけでもないし、変だなあ、と思っていたら。

隠れていた、らしい。

アサシンだから、隠れて、いろいろと攻撃をするらしく、少しレベルアップして、MPを消費しない特殊技能にスニークアタックというのが追加され、それかと思っていたのだけど。
・・・あれ?

隠れるっていうのは別個のモノみたい。
隠れて、始めてそういう特殊技能が生きるそうで・・・ヤバイ。何だかよく分からなかったから、隠れていた奴を無理矢理引っ張り出しちゃった。
うわ~、それで、そのあとの戦闘では、いつも隠れるのに失敗したとか出てたんだ。そりゃそうよね、戦闘始まってから初めて隠れたら、そりゃみんな見てるって。
ごめんね~、何をしているのか分からなかったから、なんだけどさ。

唯一のフィネガンの特技をぶっつぶしてしまった。
またVITAを開けて再開したときに、頑張って隠れてくれないかなあ。どうしましょう。
あとから攻略本を見たけど、どうしたら隠れるコマンドを出せるか載ってなかったので、あれは自発的なアサシンの習性じゃないかと。知らない間に顔写真の周りがくらくなっていたし、奥ゆかしすぎるぞ。・・・というか、せめて一言教えてくれればいいのに。びっくりするじゃん。
何ともいえないのですが、隠れろっていって、隠れられるモノじゃないらしいので、なんて、申し訳ないことをしてしまったのか、本当にごめんです。

まあ、そしたら弓使いにでもするか。残念だけど。
そんなわけで、結構お茶目なパーティができて、楽しい。
また探索に行ってきます。
ドラマがないなんていって、ごめんなさい。

お出かけから帰ってきて、VITAをオン。
宿屋をギュウギュウに締め付けているヒドラと対決。
なかなか木暮くん達も強くなってきたらしく、毒に苦戦したりはするけど、何とか死者を出さずに、ヒドラを倒す。
でも、首が二つあったみたいで、赤いのと青いの、続いて、青いのがやってきて、休む間もなく再戦。
木暮くんや荒垣さんが当然のこととして、ロキが結構育ってきて、魔法が嬉しい。
アマダクンも回復役として活躍できるようになり、よかったよかった。
そして、ルーキーで初陣のフィネガンなんだけど、今のところ大した技もなく、まあ見てればって思っていたけど、大活躍。・・・レベルの割に、いい働きをしていた。
今持っている武器の中では結構いい数値の弓を持たせて、それがそこそこの数値を出して、いい感じ。そのうえ、他の人が困ったらアイテムで回復役も務めて、早さが高いからピンチを切り抜けるのに大変お役立ち。

そんなこんなで討伐をして、クロノスも捕まえたから、木暮くんの借金もチャラになり、その夜はどんちゃん騒ぎのパーティに。
みんな木暮くんに好意的になってくれ、仲間として認めてくれて、凄い楽しかったのだけど。

そこで、状況が一変。

木暮くんがいきなり暴れ出し、デモンになってしまった。
邪眼のお姉さんが命がけで止めてくれたのだけど、気がついた翌朝に、お姉さんはなくなっていることを聞かされ、みんなが一気に敵に。・・・雰囲気がね~。

木暮くんの正体を聞かされる。
黒幕がいるみたいなんだけど、デモンを従わせる瞳を持ったデモンを作ろうとして、素材に人間を使ってみたとのこと。その人間が木暮くん。
そして、デモンになって暴れていたところを命がけで戦って止めてくれたのが、邪眼のお姉さん。その戦いで、お姉さんの邪眼は力をなくしてしまい、引退。
お姉さんと戦ったことで、いったん人間に戻った木暮くんだけど、記憶はないし、中に悪魔はいるしで、今回、そいつが暴れだして、こうなったらしい。
みんなには嫌われてしまったけど、一応管理人さんと武器屋と道具屋などのスタッフは事情を知っているから仲間として入れてくれているけど、うーん、切ないね。
とりあえず、キミの使命はデモンと戦うことだ! といわれ、後戻りができなくなってしまっている木暮くん。幸い、荒垣さん達はずっと木暮くんと一緒にいてくれるみたいで、誰も脱落せず、最後まで一緒に来てくれるみたいなんだけど。
悲しいなあ。

黒幕が木暮くんの様子を見に来て、笑って帰って行ったり、襲ってきたヒドラは、実は、仲間を殺された敵討ちに来たらしいデモンのようで、みんないろいろ大変。
のんきな話でどうしよう、とか思っていたけど、どっこい、大変重い話になってしまい、もうこれは頑張ってエンディングまで行かないといけない気持ちになってしまった。
折を見て、横道にそれながら、頑張ってやっていこうとは思うのだけど。

邪眼のお姉さん、結構気に入っていたのに、本当、残念・・・。
部屋でせっせせっせとレベルあげとお金稼ぎをしていたら、疲れ切った長沢くんが入ってきて、VITA放り投げてしまいそうになるくらい、驚いた私です。

受験勉強中にこっそりゲームをしていた学生か・・・!

いや、でも、頑張って仕事をしているのに、のんきにゲームをしていて申し訳ないなあという気持ちはあるため、微妙に堂々とできない。
気が小さい私。
でも、休みだしね、私は。
疲れ切った長沢くんが30分くらい昼寝しに来たらしいので(というか、夜中からずっと起きているため、ぶっ倒れそうだったらしい)、ホットカーペットを譲ってあげて、枕とかセッティング。
ゲームしてていいよって、いわれたけど、さすがに倒れている人の隣でゲームはできず、自分は長沢の仕事部屋に。
またまたアシスタントさんの近くで、ゲームをしておりました。

三体目のデモン、クロノスをゲット。
せっかくだから、少しレベルを上げてから話を進めようかと、おなじみの場所をうろうろして、みんなで戦う。
そんな苦労の甲斐あって、お金が10000G超え。
5人目を迎えることにしました~。
もう、全員男なんだけどね。
今度は、ネイ族という種族の方で、もちろん、職業をアサシンに。
名前をフィネガンとつけて、ご満悦。・・・まだレベル1なんだけどね。
本当は前列に配置してバリバリやってもらうタイプらしいのだけど、仲間になったばかりのため、とても前列に配置できるような体力ではなく、アマダクンとロキに、守ってもらうようお願い。
でも、別に魔法を使えるタイプではないため、後ろに置くと本当に何もできないから、仕方なしに弓を持たせて、後列から攻撃してもらうことに。
これで、何とか5人そろったのだけど。

ろくに攻略本を読んでいないため、知らなかったのだけど、このゲーム、結構助かることが一杯。
まず、体力が、ダンジョンを歩くたびに増えていってた。気がつくと、みんなMAXになっていることとかあったため、不思議に思っていたのだけど、助かるわ~。
そして、全員がってことはないのだけど、特殊技を持っている人もいて、MP使わずにガンガン攻撃ができるなんて・・・! しかも、全体攻撃。でも、レベルが低いと、敵三体いるところを二体までしか攻撃できないみたいなので、レベルアップを待つっきゃないのだけど、大助かり。
まず、荒垣さんが何人いようと、全員を切ってくれるため、敵が多くなってきたときは本当重宝。
そして、ルーキーのロキが、レベルアップしたときにMPを使わない魔法を覚えて、雷系の全体魔法を炸裂。まあ、まだレベルが低いから、三人いても二人しか攻撃できないけど、それでも、そこそこの数値が出るようになったから、凄い戦力に。
主人公とアマダクンはそういう技がないため、ただ攻撃と回復役に努めて、レベルが低いパーティの割に結構まとまってきているような気がする。

そして、念願の5人目を迎えたので、持っている装備とか、いい奴ガンガン着させて、さあ、お披露目だ! とエントランスに向かったところ、クロノスを渡すのを忘れていたため、管理人さんの部屋に呼ばれて行ってみたら。

いきなり、イベント戦。
ヒドラみたいなデカイモンスターが、その宿屋にぐるぐるに巻き付いて、大変な状況に。
先に他の賞金稼ぎが応戦していたみたいだけど歯が立たず、木暮くんチームに期待が。
でも、勝てるのか? 

レベルアップで疲れてしまったので、少しお休み。
これからちょっと出かけてくるので、帰ってきたら、ヒドラ退治に向かってみます。
kyoaku76.jpg



巨悪学園 うどん/長沢克泰
NEMESIS 2014年 冬号 NO.15(講談社シリウスKCDX 2014年1月10日 発売中)


巨悪学園2巻 うどん/長沢克泰 (講談社 2013年9月9日 発売中)



とうとう三月か・・・。
次回ネメシスも来月発売。この先生の話の後編が載ります。

今、長沢が必死に描いています。

三月か。
私も何かやりたいなあ。・・・と思いながら、いつも日が過ぎてしまうので、ちょこちょこと何かやっていこうと思います。

とりあえず、長沢の今回の原稿が上がったらね。

みなさん、どうぞ、よろしく。

4月4日、発売です。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。